麺喰道 (およそ鹿児島の麺日記~ほぼラーメン)

2004年4月、広域指定ヌードルアナリスト団にしてレッツブロガーな習狂呆人「麺喰道」創設。 初代宗主に任命(自分で)。 会員数約一名を誇り、全国規模の布教活動のため当blogを開設。 麺喰の道を究めんと、 らーめんうどんそばぱすたそーめんきしめんやきそばちゃんぽんに春雨と、 あらゆる「麺状」の食を追求。(ついでに言うなら餃子も焼売も『麺』と認定) オススメ、リンク、コメントにトラバ歓迎。 ある日突然、アナタの店にこっそり現れ、「麺」を食して勝手な記事を書いているかも・・・

当駄blogを全体的に見渡せる【HISTORY VIEW】はこちら!(*゚▽゚)ノ↓
http://blog.livedoor.com/10th/history/menkuidou
麺喰道麺喰地図帳はコチラ!↓
https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zFePYk4Yvae4.kjNb5Ka2A9ic

今年(も)標語:「押せば鳴る、押さねば鳴らぬ、ナニゴトも?」

千号記念記事、【麺喰道のヒミツ】はこちらへ・・・・
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/51533018.html
※※ 旧ブログからの移行記事が多数あるため、レイアウト崩れやリンク切れ写真喪失についてはご容赦ください ※※

定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)



世間は

 ポケモンGOフィーバー 


pokemongo01


に沸いており、

一過性の流行りモノ好きな日本人が
スマホを片手にアチコチを徘徊する


姿が多数見られる昨今。


これが、二ヶ月後にもこの熱が続いていれば
ホンモノであろうが

たぶんみんな飽きちゃうと思うよ。
(*´・ω・)


せっかくの『モンスター探し』に精を出す
諸氏にはちょっと興ざめであるが、
このようなサイトもあるので

自己責任にて

ご覧いただきたい。


WS000079

ポケビジョン
WS000080


見ての通り、指定された地点の近くに
現在出没中のポケモンが
リアルタイムに表示される

サイト。

モンスターの下には時間が表示されていて
その地点での出現残時間を表している。


ただし、レアポケモンや伝説のポケモンなどは
表示されにくいようなので
やはり足で稼ぐしかないのかと・・・・



そんな知識ばかりでサワリだけやって
すでに飽きたオッサンのつぶやきはさておき。
(INGRESSもすぐ飽きちゃったんだよなぁ)


続きを読む

㌧㌧豚吉ラーメン 鹿児島市立病院前(2016/07/24)



数ヶ月前にクルマを替えた小生。


それまで20数年

MT車
(まにゅあるとらんすみっしょん)

を乗り継いできたが今回ついに

AT車
(おーとまちっくとらんすみっしょん)


・・・・ウソをつきました、
ハイブリッドカーでモーター駆動主体ゆえに

トランスミッションなしのクルマ

BlogPaint


になって

非MT車軍団

の軍門に下ったわけですが。
(ノ∀`)



よく言われるのが

ペダル構成が変わって
アクセルとブレーキを踏み間違える


とか

クラッチがなくなって左足が寂しい

とか
環境の違いに起因する戸惑いの弁。


だがしかし、小生、そのようなことは

全く感じたことがない。( ・∇・)


自転車と原チャリ

原チャリとMT自動二輪

AT車とMT車

フロアシフトとコラムシフト

右ハンドル車と左ハンドル車


操作体系は似たもの同士であるが
小生の中では

全く別の乗り物

として認識されているためである。


え?(; ̄ェ ̄)

みなさんそうじゃないんですか?



そんな器用貧乏自慢はさておき。
(器用すぎて何も大成しないという・・・・)


続きを読む

59!(GOKUH)奇跡の60秒パスタ(2016/07/20)



【急告!】


4K/8Kテレビ購入を検討中の皆さん

メーカーや販売店の甘言に惑わされて
今テレビを購入してはなりません。

納得ずくなら問題ありませんが
安いからといって
現在販売中のテレビを購入すると
かえって高く付くことが考えられます。

WS000078


現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビ※1を利用して、
衛星基幹放送による超高精細度テレビジョン放送を
視聴するためには、

平成30年の実用放送開始にあわせて
発売予定
の機器が別途必要


になります。

註)※1 水平3,840画素以上かつ垂直2,160画素以上を
有する表示デバイスを搭載し、
4K映像信号を表示できるものを「4K対応テレビ」と呼び、
この表示機能に加え、
何らかの4K放送をテレビ本体で受信可能な機能を有するものを
「4Kテレビ」と呼んでいます。

[上記総務省リンクを抜粋]



つまり、

2018年からはじまる新方式のBSの4K放送は
現在発売中のテレビで視聴することはできず
今後発売される

外付けチューナー

などを購入しなければ視聴できない

と言っているのである。



( ゜Д゜)はあ?!



もっとも、その新しい方式のBS放送を見る気がないならば
今の4Kテレビでも問題はないようであるが

まだ試験放送が始まってもいない新しい放送を
見ることもなしに諦められるだろうか
いや諦められない

(反語)


そもそも4Kテレビを購入しようというのは

より精細な画像の放送を見たい

という欲求の発露であるため
それが見れないとわかっていながら購入するのは
愚の骨頂
ではなかろうかと思うのは
ヨケーなお世話か。


拙宅ではほとんどテレビを見ないので

うっかり4Kテレビを買ってしまう

愚を犯すことはないであろうがな。




でもさぁ、どんどん高精細になって
画像がシャープに見えるようになっても

女優の肌の化粧のアラや肌荒れが目立ったり
鼻毛がハミ出ているのが見えたり

するぐらいがオチだと思うのだが、
そんなに高精細って必要かのぅ。

(*´・ω・)



そんな老眼のオッサンの電気屋を敵に回す発言はさておき。
(ホントテレビ付けないなぁ・・・・)

続きを読む

久しぶりに!みそや堂別庵(2016/07/19)



このたび

クラウドファンディング

なるものに手を染めてみました。



クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、
不特定多数の人が通常インターネット経由で
他の人々や組織に
財源の提供や協力などを行うことを指す、

群衆(crowd)と資金調達(funding)

を組み合わせた造語である。

ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

[Wikipedia 2016/07/18 採取]



要は、新しいサービスや製品を提供するに当たって、
画期的なアイディアや手法を思いついていながらも
それを具現化するための資金に乏しい、
または支援を必要とする個人やグループ
[実行者]
そのサービスや製品についてインターネットで
支援者を募集する。

その支援者は対象となるサービスや製品を
世に出るよりも早く安く入手することができる
そのために初期資金提供として
入札のようにリクエストをかけるのである

そして、その資金提供者の申し出が
予定金額をオーバーすれば

ファンディング成立

というわけで、晴れてその

製品やサービスの制作に入れる

というわけである。


小生が今回参加したのは

サイバーエージェントグループの運営する

Makuake

というサービスで募集されていた


 SITPACK 

WS000062


という

軽量小型の折りたたみ式椅子

である。


椅子とはいっても、
T字型の伸縮式ポリカーボネイト製のスティック
これに体重の一部を預けることで
楽にすることができるというモノ。

よくある

ラーメン屋の行列

などで長時間立つことを余儀なくされる場合などに
使用するとよいのである。

小生は並ばんけど。
(*´・ω・)




では、なぜこれに惹かれたかというと

マシン室にラックマウントされたサーバを
セッティングするときなどに
長時間ラックの前に椅子もなく立って
作業を強いられることが多く
腰が痛くなることが間々あったため


なのだ。


かなりニッチなニーズではあると思うが、
持ってて損はないのではないか
定価6800円のところ
5000円で入手できるのであれば
少しはオトクなのではないか?

WS000063

と思った次第。


使用イメージ映像はこちら。





これ以前にもクラウドファンディングの話題は
所々で耳にしており、
興味を持っていて一度参加してみたいとも思っていた。


ここで勘違いしてもらって困るのは
この出資するという行為は

あくまで

[実行者]

の製品やサービスに共感し、
世にないものを作り出そうとする意志に賛同して

投資している

ということ。

つまり、ことと次第によっては
[実行者]の奮闘努力むなしく

そのサービスや製品が日の目を見ない可能性もある

ということである。

また、サービスや製品の提供スケジュール
あくまで予定であって

保証されたものではない

のである。


実際、今回のこの『SITPACK』プロジェクトにおいても
当初の予定では5月中に発送となっていたが、
実際にモノが届けられたのは7月半ば。

途中、[実行者]たち
(デンマークのコペンハーゲンにあるデザイン事務所)
から仕様変更や改良に伴う
日程変更などのレポートが送られてきて、

「あーそーかそーか、いい製品になるよう頑張りたまえ」

とあたかも

足長おじさん

のようなキモチで長い目で見守っていた。


しかし、世にはこの

クラウドファンディング

がなんたるかを心得ないまま参加した御仁もいるようで、

「5月中に送られてこなかった。裏切られた!」

とか、

「こんなことなら注文しませんでした!金返せ!」

などといった短気で拙速な

気短オジサン

たちもいるようで、そのような感想を寄せて
自らの無知蒙昧
をさらけ出している。


世にない製品やサービスを提供するために
その資金提供を行い
その見返りに
世にないサービスや製品の
ファーストユーザになるという恩恵を受ける


そんなキモチで

投資

しなければこの仕組みは成り立たないのである。



ということで、7月に入って
コペンハーゲンから製品の第一陣が届き
順次発送準備に入っているという連絡が来ていた。

気長な小生はすっかり忘れていたが、
この連休中にようやくブツが届いた。


DSC_3041

DSC_3042

DSC_3043

DSC_3047


350mlのビール缶と並べて見てもわかるように、
サイズ的には500mlのビール缶ほどではないかと思われる。

重さは、500mlビール缶ほどではないが
プラスチックと思って持ってみると
意外なほどずっしりと重い。

まぁ、考えてみればこの筒の中に
バームクーヘンのように同心円状に
みっしりと
ポリカーボネイトのチューブが収まっているのだ。


展開の第一歩はこのように。

DSC_3044


あとは下部のゴム足部分を引っぱり
各段を伸張させて右にひねって固定

それだけである。

DSC_3045


色をグレーにしたのは失敗だったかも。
なんか、
水道菅を寄せ集めて作った
手作りの作品

のように見え
今ひとつありがたみに欠ける。
(;´Д`)


真ん中のチューブ部分はまぁ、
多段式の伸張式チューブということで
なんとなく力学的にも大丈夫そうに見えるのだが、
果たして実際オシリを乗せて体重をかける
T字のウデ部分は荷重に耐えられるのであろうか。

そう思ってその部分の断面を。

DSC_3046


ああ、なるほど。

単なる円柱の半断面では
グニャグニャに曲がってしまって使い物にならないのであろうが、
半断面の末端が閉構造
になっていて
半円柱全体で加重を拡散させるようになっている。

それゆえ、末端に行くにしたがってテーパー状に薄くなっており
根元部分には十分な厚みを持たせてある。

おそらく、綿密な物理シミュレーションを繰り返し
この形状を決定したのであろう。

ヒンジ部分などに細かいリブが入っていたりと、
耐荷重に対する入念な対策
が見て取れる。

これを、
ポリカーボネイトのみで
(一部金具は使っているであろうが)
実現したあたり、
タダモノではない。


実際に腰をかけてみても、
変なたわみや変形はなく、
至ってフツーに加重を受け流している様子。

これをハシゴ代わりに使ったりとか
想定外の使用をしない限り
おそらくそうそう簡単には壊れないのではないかと思う。

心配なのは、ジョイントの摺動部分で、
ここが砂などが噛んだときに摩滅する、
長期使用により摩耗する
ことであろうが、
こればかりはロングラン使用を試してみなければわかるまい。


ヨメ氏には

「ソレなに?( ゜Д゜)
また変なもん買って!!」


と例によって呆れられたが、
きっとネズミーランドの行列などで
威力を発揮するに違いない。


次いつ家族でネズミーランドに行くか
全く予定はないがな。
(。-`ω-)




そんなムダ金遣いのオッサンの言い訳はさておき。
(大事にハコに入れてしまってありますww)



続きを読む

tentoya 三代目カレーちゃあめん(2016/07/16)



よいこのなぜなぜ質問コーナー!


どうしておさかなは
銀色に光るの?
(*´・ω・)・・・・





ぐーぐる先生に聞いてみよう!


pants
(画像は「グーグル先生」でヒットした拾いモノ)



サンマやイワシといった魚類の体色が銀色なのは、
体表にある虹色色素胞中で
グアニンの板状結晶(反射小板)と
細胞質の積層構造による
干渉の効果

である。

可視光線がほぼ完全に反射されることで、
体色が銀色に見える。

ルリスズメダイやネオンテトラでは、
反射小板と細胞質の膜厚比が大きく異なるため、
特定の波長領域の光のみが反射され、鮮やかな色彩がみられる。



このような積層構造などの
干渉効果による発色は

構造色

と呼ばれるらしい。



・・・・(*´・ω・)知らんけど。


構造色
(こうぞうしょく、英語: structural color)は、
光の波長あるいはそれ以下の
微細構造による発色現象を指す。

身近な構造色には
コンパクトディスクやシャボン玉
などが挙げられる。

コンパクトディスクやシャボンには、
それ自身には色がついていないが、
その微細な構造によって光が干渉するため、
色づいて見える。

構造色の特徴として、
見る角度に応じて、
様々な色彩が見られることが挙げられる。
色素や顔料による発色と異なり、
紫外線などにより脱色することがなく、
繊維や自動車の塗装など工業的応用研究が進んでいる。

[Wikipedia 2016/07/15 採取]


(・∀・)

へー。




以上。



そんなオチもなんもないマクラはさておき。
(家電ネタとのこの温度差・・・・)


続きを読む

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • 定点観測!麺匠樹凛の辛つけ麺(2016/07/25)
  • ㌧㌧豚吉ラーメン 鹿児島市立病院前(2016/07/24)
  • ㌧㌧豚吉ラーメン 鹿児島市立病院前(2016/07/24)
  • ㌧㌧豚吉ラーメン 鹿児島市立病院前(2016/07/24)
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ