麺喰道 (およそ鹿児島の麺日記~ほぼラーメン)

2004年4月、広域指定ヌードルアナリスト団にしてレッツブロガーな習狂呆人「麺喰道」創設。 初代宗主に任命(自分で)。 会員数約一名を誇り、全国規模の布教活動のため当blogを開設。 麺喰の道を究めんと、 らーめんうどんそばぱすたそーめんきしめんやきそばちゃんぽんに春雨と、 あらゆる「麺状」の食を追求。(ついでに言うなら餃子も焼売も『麺』と認定) オススメ、リンク、コメントにトラバ歓迎。 ある日突然、アナタの店にこっそり現れ、「麺」を食して勝手な記事を書いているかも・・・

当駄blogを全体的に見渡せる【HISTORY VIEW】はこちら!(*゚▽゚)ノ↓
http://blog.livedoor.com/10th/history/menkuidou
麺喰道麺喰地図帳はコチラ!↓
https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zFePYk4Yvae4.kjNb5Ka2A9ic

今年(も)標語:「押せば鳴る、押さねば鳴らぬ、ナニゴトも?」

千号記念記事、【麺喰道のヒミツ】はこちらへ・・・・
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/51533018.html
※※ 旧ブログからの移行記事が多数あるため、レイアウト崩れやリンク切れ写真喪失についてはご容赦ください ※※

西蒲田!旨辛タンメン荒木屋(2016/12/05)



特にマクラネタもないのだが
せっかく食した麺なので
記録として貼っておこう。


将来的に

「あーあのとき食べたなぁ」

と振り返れるように。
(これまでに記事にせず捨てた写真多数ww)




そんなおざなりな書き出しはさておき。


続きを読む

乃の一!京成立石でパクチーラーメン!(2016/12/04)



もうかれこれ20数年使ってます

音波式電動歯ブラシ。
(´-ω-`;)ゞ



その中でも現在は充電式

オムロン HT-B472

ht-b472




というモデルを使用している。

現在は新モデルに置き換わっているようだが、
以前使用していた電池式のものも入れると
相当な期間使用しているはずである。

電動歯ブラシというものも
各社からさまざまな方式のものが発売されているが
一番初めにこのシリーズと決めたのは

替えの歯ブラシが入手しやすく安いこと。

このシリーズは、電動歯ブラシといっても

単に中の振動子がバイブレーションし
本体とともに毛先がブルブル微振動する


だけという単純なモノである。

そのため、替えの歯ブラシも

毛先が柔らかいかフツーか

ぐらいしか選択肢がなくかつ
構造も簡単なため安い。

他社の高級モデルでは
毛先がぐるんぐるん回って磨いたり
勝手に前後左右に磨き回ったり

複雑なギミックを持つものもあるが
そのようなものは替えのブラシの構造も複雑なため
当然高価である。


毛先が広がったからといって
オイソレとは交換できないではないか。
(つд`)



オムロンのこの方式の電動歯ブラシは
はじめは電池式の安価なモデルを使用していたのだが、
電池を次々消耗して入れ替える
というのも
いくら100円ショップで買った電池とはいえ
精神衛生上よろしくないという
ことと
つい電池がもったいないので
最後まで使い切ろうとした結果
電池寿命の後半は

振動してるんだかしてないんだか

といった震え具合となって
役に立たないことが多かったために
充電式モデルの導入に踏み切った。

このモデルの場合、だいたい
一回の充電で2週間ほど持つ
ようである。

充電池の寿命
充放電の回数というよりも
満充電にした回数に影響される
と心得ているため、
毎日充電することは避けている。

2週間経って電池がややへたってきた頃でも
まだ十分に振動は元気で
フル充電時に較べても
7~8割程度は震えていると思うので
カラータイマーの赤ランプが点滅してから
充電するようにしている。

これで磨いていると
振動が30秒に一回一瞬だけ止まるので
時間の経過がわかりやすい。

そして、3分経つと自動的に電源が切れるのである。


朝、寝ぼけマナコで歯を磨いていると
いったい自分が何分磨いているのか
そもそも歯のどこを磨いたのか磨いていないのか

判然としなくなってくる場合があるが
(おじいちゃん、もう30分ぐらい磨いてますよ)
この機能のおかげで

最初の30秒は左奥の下の歯の内側
次の30秒は右奥の下の歯の内側
次の30秒は左奥の上の歯の内側
次の30秒は右奥の上の歯の内側
次の30秒は左の歯の外側
最後の30秒は右の歯の外側


といった具合に順序よく磨くことができる。

現在2年ほど使用しているが
充電を頻繁に行わない使い方のため
まだまだ十分に持ちそうである。


そのうちルンバみたいに
勝手に歯を磨いてくれるロボットが出たりしてww



そんなまたまた一銭にもならない商品レビューはさておき。
(アフィリエイトとかに縁のないヤツw)


続きを読む

初襲!?復活の『のぼる屋』(2016/12/01)



鹿児島のラーメンを語るに当たっては

やはりこの店は避けて通ることはできまい。
(。-`ω-)



 ラーメン専門店 のぼる屋 

DSC_0381


『鹿児島ラーメンの祖』

と言われていた店である。

だが、皆さんご存じのように
現在の店は
その源流とはまったくといっていいほど関係がない
のである。


もともと『のぼる屋』は堀江町にあった。

当時の拙blogの記事が残っている。

聖域。のぼる屋(2007/09/22)


もう10年近く前の記事ではないか。(;´Д`)

その間blogの引っ越し等もあったため
多くの記事で画像が失われたり
各種リンクが切れてしまっていたりしているのであるが
この記事では奇跡的に写真が数枚残っている。

当時の解像度の低いガラケーの撮影ゆえ
画像も小さいのであるが
雰囲気は十分に察していただけるのではないかと思う。

まさか『のぼる屋』
後継者が途絶えて閉店してしまうなどとは
ゆめゆめ思っていなかったため
大した回数行かないまま
店は廃業してしまった。

聞くところによると、後継者として
3代目に就任した男性が体調を崩し
回復せぬまま他界してしまい
さらなる後継者がいなかったために
閉店を余儀なくされたものだという。

当時の店員はほとんど高齢のご婦人方であったため
それもやむなしといったところであった。

それがなぜ再興したのかというと
詳しくは以下の
西日本新聞
の記事に詳しい。


[西日本新聞 2016年10月18日 17時37分 ]

のぼる屋復活 常連結集 鹿児島の老舗ラーメン店 「記憶の味」再現、共同経営

鹿児島市のラーメンファンに惜しまれつつ、
2年前に60年を超える歴史に幕を下ろした
同市のラーメン店「のぼる屋」ののれんが復活した。
鹿児島ラーメンの代表格とされる味を
常連客たちが再現。
亡くなった店主の遺族の了承を得て共同経営を始めた。
「帰ってきた老舗の味を県内外に広めたい」と意気込んでいる。

のぼる屋は終戦間もない1947年、
鹿児島市の繁華街・天文館近くに開店。
豚骨や魚介類を煮込んだスープと自家製の中太麺が特徴で、
あっさり味と食べ応えが人気を呼んでいた。
最盛期には昼食時に列ができ、
1日200人以上の客であふれていたという。

その後も市民に親しまれ、
鹿児島の名所の一つになっていたが、
店主が亡くなり、
後継者もいなかったために閉店した。

そんな中で「のぼるラーメン」を愛してやまない
ファン有志が再開を模索。
市内在住の牧野ゆかりさんが昨年9月、
店主の親族を訪ねて直談判したところ
「あんたがやらんね」
と勧められ、自分たちの手で復活させることにした。

ただ、レシピは店主しか知らず、
メモも残されていなかった。
牧野さんらは店の関係者が記憶する
食材の仕入れ先から材料を特定、
試行錯誤を繰り返しながらの試食会は35回を数え、
招いた常連客延べ500人の「舌」を頼りにした。

今年6月にようやく完成。
中心になって再現に取り組んだ
中華料理店シェフの石津誠さん(34)が
新生「のぼる屋」の料理長に移籍し、
かつての店に近い、
鹿児島市金生町での9月4日のオープンにこぎ着けた。

共同経営者の一人で、
幼いころからのファンという
鹿児島県指宿市の下竹原啓高さん(63)は
「皆が味を記憶しているうちじゃないと再現できなかった」
と笑顔を見せた。
代表を務める牧野さんは
「これからも多くの人に愛されるラーメン作りに努めたい。ぜひ食べにきて」
と呼び掛ける。

メニューはラーメン(800円)のみで
大盛り(千円)も。
営業は午前11時~午後8時。
不定休。
のぼる屋=099(226)0141。

この記事は2016年09月06日付で、内容は当時のものです。


オリジナル記事へのリンクはこちら


つまりは、

『のぼる屋』

という店舗名称を使用することを許可されただけ
オリジナルの『のぼる屋』とは
いったん隔絶された
まったくのオリジナルラーメン
なのである。

このようなバックボーンのストーリーは素晴らしいが、
さて実際にこれを商売として見たときには
どうであろうか。

かつての『のぼる屋』
観光ガイドブックにも必ず掲載されているほど

鹿児島の観光名所

であったわけだ。


それを
オリジナルのレシピに忠実に
というわけでもなく
同じ場所
でもなく
ましてや店主の遺族から了承を得ているとはいえ
まったくの赤の他人が

同じ名前で別のラーメンを出している

ということである。


このようなフクザツな事情の場合は、
どのような形をとったにせよ
必ず外野はいろいろと批判的なことを言うものである。
( ・`ー・´)

オマエモ外野ナー


やれ味が違うの
昔の方が良かったの
ナニ勝手に他人のフンドシで相撲取ってんの


だの
言うだけならば誰でもできる。


だがしかし、今回は一大プロジェクトとして
実際に『のぼる屋』再構築
運営に乗せたのである。

これはまずは称賛されて然るべきであろう。

大資本(指宿白水館)の後ろ盾があったとは言え
ナミナミならぬ苦労があったと思われる。


しかし。

このような

プロジェクト

としての店の復興に当たっては
大事なことはそのベースとなる

コンセプト

なのではないかと思っている。


ただのそんじょそこらのラーメン屋の再興とは
ちょっとワケが違うのである。

すでに

鹿児島の観光地

と化していた店の再興なのだ。
単に

昔の味をそれっぽく再現しました
おいしくできました


ではいけないのではないかと思うのである。

名店の名前を継ぐのであれば

歴史の継承・伝承

がなければならないのではないか。






・・・・などと、食す前から
アタマの中では

肯定すべきか否定すべきか
持ち上げるべきか落とすべきか
称賛すべきか黙否すべきか

などなど
さまざまな考えがアタマの中を駆け巡り
収拾がつかない状態。


所詮血塗られた道か。

やはり実食してみるしかあるまい。
(またか)


それでは実食とまいりましょう。


続きを読む

カジュアル!中華停 亀のラーメンランチ(2016/11/30)



実は少々前から始めてました

ダイソン生活
Σ(´∀`;)


※註:例によって家電ネタのため長大なマクラとなっております


小生にとって
ダイソンといえば

コードレスクリーナ
(ハンディタイプの掃除機)

と思っているのだが、
苦節ン年
そのコードレスクリーナをようやく導入した。
(ノ∀`)
ナガカッタナー


ご存じのように
(知らんがな)
拙宅ではヨメ氏もほぼフルタイムで働いていて
しかも不定休で土日はメッタに家にいない
という状況のため
フツーに土日休みの善良なるサラリーマン
たる小生が
その休みの間に家事を分担している。

そんな大層なことをするわけではないが、
家の掃除機掛けも重要なミッションの一環である。
(。-`ω-)


小生、掃除機をかけることはまったくやぶさかではないのであるが
キャニスタータイプの掃除機

とことんキライ

なのであった。


コードの長さの制約で
行きたいところにも行けない

ホースにぶら下がってくる本体はクソ重い
引っぱっても融通は利かない
曲がり角では引っかかってついてこない
ちょっと強く引っぱるとごろんと横になったり
言うことを聞かない

高い場所の掃除をしようとすると
アホみたいに重い本体も持ち上げなければならない

キチガイじみた騒音を発して
電話がかかってきても玄関のチャイムが鳴っても聞こえない

ほんのちょこっと使うためにも
重大な決意をしなければ持ち出す気になれない

階段掃除に至ってはどんだけ苦労させるんだ!!
( `Д´)フォオオオオオオオオオ!


などなど
苦言を呈すればキリがない。


要するにキライなのである。


そのため、簡単に気軽に使える
ハンディタイプの掃除機
として、単身赴任時代には
マキタのハンディクリーナ
などを導入し、そのまま現在でも使用中である。

さつまブラック in 鹿児島豚骨らーめん はま田(2016/05/15)

彷徨!新宿とか大井町とか蒲田とかのラーメン(2009/06/13)

いやー、過去記事も検索窓で
『マキタ』
って入れれば日記の記事が探せて便利だな
Σ(´∀`;)



だがしかし、このハンディクリーナは

吸引力が弱く
決定的に稼働時間が短い


というデメリットがあるため
家の中を掃除して回るには役不足なのであった。


これまでにも何年も前から
ダイソンのコードレスクリーナ
を買いたいと思っていたのであるが
ヘタをすると10万近い出費になるため

たかが掃除機ごときに

と思い直し導入を躊躇していた。

さらに、前モデルまでのダイソンコードレスクリーナは
バッテリーの持ちが15分から20分ぐらいと
家を一回り掃除するには役不足であり
今ひとつ食指が動かないでいた。


しかし。

今年の新モデル

Dyson V8

は、ようやくバッテリーに
リチウムイオンバッテリー
を採用し、稼働時間が約2倍に伸びていたのだ。
(旧タイプはニッケルマンガンコバルトバッテリー)

ようやく小生のメガネにかなうモデルの登場である。
 (* ̄ー ̄)


エラそうw



だがやはり新型は値崩れせず、
安売りされるのは旧式ばかりでためらっていたのだが
部屋にたまるゴミやホコリを前に

一大決心。


購入いたしました!!

DSC_0215

Dyson V8 Absolute


10万は下らないのでは?とドキドキであったが
ナゼかこの時は
EDIONのセール期間中だったようで
7万3000円ほどでゲットだぜ!
(それでも多大な出費・・・・(ノ∀`))


ようやく念願のコードレスクリーナが我が家に。



では、使用感について。


まず今回、いわゆる

『全部のせ』
(ラーメンかw)

状態のAbsoluteモデルを購入したのであるが
それは、ヘッド部分が2種類あり
そのどちらを選択すべきか判断つかなかったため
双方とも試してみたいと考えてのこと。

DSC_0339


上の写真で
パイプのついている

ソフトローラークリーナーヘッド

とその横の

ダイレクトドライブクリーナーヘッド

の二つ。


ソフトローラークリーナーヘッド
2015年モデルから
採用されているようであるが
ダイレクトドライブクリーナーヘッド
構造上大きなゴミを吸い取りにくい
という欠点を解消するために開発されたようだ。

そのかわり、カーペットなどでは
ダイレクトドライブクリーナーヘッドのほうが
効率的に掃除できるようである。


実際使ってみての感想は、
拙宅ではカーペットがあまりないため
(ほとんどフローリング)
ソフトローラークリーナーヘッドのほうに軍配が上がる。

カーペットの多い家庭では
逆の選択肢になるのではないかと思われるが
拙宅ではほとんど
ソフトローラークリーナーヘッドで事足りる。


Absoluteには上の写真のように
多くの付け替えヘッドが付属しているが
実際掃除で多用するのは
ソフトローラークリーナーヘッド

DSC_0334


と狭い場所などで使用する
コンビネーションノズル

DSC_0335


ぐらいか。

あとは「あれば便利」な位置づけである。


DSC_0332


掃除をするときにはコンビネーションノズル
尻ポケットに入れ
ソフトローラークリーナーヘッドを装着した状態で
戦いに臨む。

細かい場所や高いところなど
ちょっとしたゴミを吸うときに
さっとノズルを取り替えて使うスタイルである。


実際の掃除機掛けの際には
右手で本体ハンドルを持ちトリガーを引いてスイッチオン
左手は延長パイプ上部を握って
本体を支えるというスタイルになる。

身長178cmの小生が使っても
特に腰をかがめるというわけでもなく
逆に背の低い方が使っても
さして違和感ないであろう絶妙な長さ。

バッテリーもモーターも内蔵式なため
本体はやや重めなのは仕方ないが
両手でハンドリングするため
それほど重いとは感じない。

このあたりは腕力に劣る女性の意見は
また変わってくるかもしれないが
それほどの重さではないと思う。

逆に小生が少々不便に感じているのは
ハンドルグリップ部分の細さ。
手の小さい女性の方に合わせて
やや細めに仕上げられているので
手のデカい小生にはハンドルグリップが握りづらく
かつそのまま
トリガーを引き続けると指先に負担がかかってしまう
こと。
拳銃ぐらいにもっとハンドルグリップ部分の前後方向が長ければ
小生の手のひらにもしっくるくると思うのだが
今のままでは少々握りづらい。

このあたりは、ハンドルにかぶせて使う
拡張グリップ
などがあればよいのではないかと思う。

ないけど。
(*´・ω・)


今のモデルのキャッチコピーでは姿を消したようだが、
以前のモデルまでは

「最後まで吸引力の落ちない掃除機」

というイミのことが書かれていた。

コレについては確かに間違いない。

電池が弱くなると、突然

ウンともスンともピーともニャーともガーとも

動かなくなるからである。

普通のコードレスクリーナであれば
徐々にモーターの回転が弱まり
最後の最後まで力を振り絞って息絶える
のがフツーであるが
ダイソンは思い切りがよい。

電池が弱くなるとピタッと止まるのである。


考えてみれば、吸引力がほとんどなくなってからも
モーターが回るのは無意味であるから
このような潔い制御方法になっているのであろう。


ゴミ捨てに関しては
紙パック式に馴染んだ日本人には
少々違和感があるが

慣れてしまえばどうということはない。

DSC_0336

一回の掃除でオドロクほどゴミはたまる。

これを毎回捨てる方式だが、逆に紙パック方式では
ずっとこれらのゴミをため込んでいるわけで
考えようによっては実に不衛生。
紙パックも目詰まりしようというもの。

この目詰まりを前提に
無用な吸引力を生み出させるために
キャニスタータイプはクソデカいモーターを
装備しているのであろうな。
(;¬_¬)


ダイソンではゴミ捨ては慣れればカンタン。

用意するのはコンビニやパン屋などで入れてくれる
小さめの取っ手付きビニール。

これを取っ手の片方を延長パイプを外した本体に引っ掛け
反対側を手元にして取っ手を指で押さえ
集塵ビンの底を袋に入れ
上部の赤いハンドルをグッと上に引っぱると
ガシャコンとサイクロン集塵部本体が上に持ち上がり
集塵ビンの底が抜けてゴミが落ちるという寸法。

DSC_0337

DSC_0338


あとはガシャコンと本体を押し込んで戻し
底のフタを閉めれば完了である。



さて、全体的な使用感であるが、
まず買ってみてよかったかと聞かれると

小生的には大正解。

掃除機掛けがまったく苦にならなくなった。


だがヨメ氏はまだまだ懐疑的で
いまだにキャニスタータイプを愛用しており
ほとんど小生しか使っていない。

毎回ゴミ捨てをしなければならない
というのが
その敬遠する意識の根底にはあるようだ。

少量のゴミであれば
毎回捨てなくてもいいのにな。
(*´・ω・)

(捨てるに越したことはないがw)


拙宅では格納場所は
階段下の物入れの中の壁に
収納用ブラケット
を設置しており
そこで充電も可能である。

DSC_0340


ただこの収納用ブラケットには
二つのツールしかセットできず
かつその間隔が狭いため
コンビネーションノズルと隙間ノズルをセットした延長ホース
ぐらいしかセットできないため
その他の付属品の置き場に困るところである。


ということで価値観は人それぞれであるが
小生的にはオススメしたい一品。




そんな一銭にもならない長大な商品レビューはさておき。
(ほら、やっぱり長かったww)


続きを読む

まぜ雲!ヌードルラボラトリー金斗雲~RISING~(2016/11/29)



以前、

SmartWatch 3 生活始めてました

とマクラで誌したが、
実はその後間もなく

SmartBand 2 (SWR12)生活も始めてみました

Σ(´∀`;)

DSC_0364


「どれよ?( ゜Д゜)」

と思われるかもしれないが、
時間を表示している
SmartWatch3の内側にはめている
白いリングである。

この白いリングは、実はシリコン製のリストバンドで、
本体はこの中に埋め込まれている
小さなモジュールである。

DSC_0365


なんでSmartWatch3があるのに
さらにSmartBand2をつけはじめたのかというと

SmartWatch3はライフログを取得するには
少々センサー類が心許なく
時計+Android Ware
に専念させた方が良いと考えたからである。

では、SmartBand2でナニができるのかというと

心拍数の計測ができそれを元に
ストレスチェックが可能

睡眠に関するログを取得可能で
睡眠の質や量を計測することができる

などである。


元々心拍センサーはSmartWatch3には
実装されていなかったので問題ではないが
睡眠時間が計測できないというのは致命的
であった。

ただでさえ平日は
慢性的に睡眠不足
を感じているので
どれだけちゃんと眠れているのか
を確認するのは
意味深いことである。

以前使用していた
SmartBand Talk
は睡眠の計測が可能だったので
当然SmartWatch3でもできると思いきや
諸事情により実装が見送られたようなのだ。

メールの着信やその内容の簡単なチェック、
「おっけぃ、ぐーぐる!」
と話しかけてのAndroid Wareとしての使用など
なかなか利便性の高いSmartWatch3であったが
コレはとんだ見込み違い。

解決策をイロイロと考えているうちに

「ひょっとしてSmartBand2と併用すれば解決するのでは?」

と思い至った次第。

調べてみると、ネット上には同じことを考えた先達が
いろいろと情報を載せているではないか。

ということで、脊髄反射的に

Amazon Primeでぽちっとな!

をしてしまっていた。


装着方法は、
上の写真のように左腕にまとめて付けるのもよいが、
これだとアラームのバイブレーションが片手に集中して

どっちのデバイスが振動しているのかわからない

という欠点もあり、
さらには
SmartBand2に一つだけあるボタンが
何かの拍子にSmartWatch3と干渉して押されてしまい
意図せず電源が切れたり
勝手にモードが切り替わっていたりする

ことがあるため

SmartWatch3は左手に
SmartBand2は右手に

装着することが多い。

心配していた電池の持ちであるが、
心拍数の計測を1時間に数回にする
スタミナモードを使用して
ギリギリ二日程度持つ。

これはSmartWatch3の充電サイクルとほぼ同じなので
同時に充電している。

充電時間は1時間もあれば十分であろう。


Lifelogのアプリから参照してみると
土曜日のお昼寝の時間もキッチリ計測されているww

Screenshot_20161128-155457


まぁ、コレを見たからといって
運動するわけでもないし
生活習慣を変えるわけでもないのだがな。

(*´・ω・)




そんな身もフタもない購入動機はさておき。
(なんとなく欲しかったんだよぅ)


続きを読む

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • 西蒲田!旨辛タンメン荒木屋(2016/12/05)
  • 西蒲田!旨辛タンメン荒木屋(2016/12/05)
  • 西蒲田!旨辛タンメン荒木屋(2016/12/05)
  • 西蒲田!旨辛タンメン荒木屋(2016/12/05)
  • 西蒲田!旨辛タンメン荒木屋(2016/12/05)
  • 西蒲田!旨辛タンメン荒木屋(2016/12/05)
  • 西蒲田!旨辛タンメン荒木屋(2016/12/05)
  • 乃の一!京成立石でパクチーラーメン!(2016/12/04)
  • 乃の一!京成立石でパクチーラーメン!(2016/12/04)
  • 乃の一!京成立石でパクチーラーメン!(2016/12/04)
  • 乃の一!京成立石でパクチーラーメン!(2016/12/04)
  • 乃の一!京成立石でパクチーラーメン!(2016/12/04)
  • 乃の一!京成立石でパクチーラーメン!(2016/12/04)
  • 乃の一!京成立石でパクチーラーメン!(2016/12/04)
  • 乃の一!京成立石でパクチーラーメン!(2016/12/04)
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ