麺喰道 (およそ鹿児島の麺日記~ほぼラーメン)

2004年4月、広域指定ヌードルアナリスト団にしてレッツブロガーな習狂呆人「麺喰道」創設。初代宗主に任命(自分で)。 会員数約一名を誇り、全国規模の布教活動のため当blogを開設。 麺喰の道を究めんと、らーめんうどんそばぱすたそーめんきしめんやきそばちゃんぽんに春雨と、あらゆる「麺状」の食を追求。(ついでに言うなら餃子も焼売も『麺』と認定) オススメ、リンク、コメントにトラバ歓迎。 ある日突然、アナタの店にこっそり現れ、「麺」を食して勝手な記事を書いているかも・・・

2004年10月

当駄blogを全体的に見渡せる【HISTORY VIEW】はこちら!(*゚▽゚)ノ↓
http://blog.livedoor.com/10th/history/menkuidou
麺喰道麺喰地図帳はコチラ!↓
https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zFePYk4Yvae4.kjNb5Ka2A9ic

Facebookの公式?ページ https://www.facebook.com/menkuidou/

千号記念記事【麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/51533018.html
千五百号記念記事【その後の麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/52417446.html

※※ 旧ブログからの移行記事が多数あるため、レイアウト崩れやリンク切れ写真喪失についてはご容赦ください ※※

再開?垂水フェリーのうどん(2004/10/29)


以前垂水フェリー船内のうどん屋
親会社の策謀により従業員もろとも抹殺された
記事を書いたが、
最近復活したようである。
本日、垂水フェリーに乗る機会があり、
かつ昼食をそこで摂らなければならない
(早い話が他で喰う時間がない悲しい
状況になったため、
早速試してみた。

おぉ、以前と変わらず営業しているではないか!
おや、何か違うぞ。
メニューがビミョーに異なる。
これまでなかったメニューが増えている。
しかも、従業員のオバチャンたちの
どのオバチャンも見たことのない人で、
しかも「研修中」の札を付けたオバチャンもいる。
>(以前フェリーターミナル内の店に通っていたため
オバチャンたちの顔は織り込み済みである)

どうやら葬られた元の会社から
営業主体が変更になっているようである。

この店の特徴として、
下品なほどキツく効いたカツオダシの風味
強烈なインパクトを放っていたが、
今回は新メニュー
「カレーうどん」
にチャレンジしてしまったため、
純粋なダシの味がわからなかった。
ただ、普通のうどんを食した同僚の話によると、
やはり味が変わっているようだとのこと。
店内に飾られているべき営業許可証も
見あたらなかったため詳細は不明であるが、
一緒に食したおにぎりのパックには
「白露酒造食品部」
の名が冠されていた。
うどん自体は冷凍麺であるため以前と同じく
コシの強いものであったが、
多少食感が変わっているかも知れない。

何はともあれ鹿屋へ急ぐ道すがら
途中で食堂などに立ち寄るヒマのない時
大変助かる。
(もっと早く会社を出ようよ…困った

さて、鹿屋での打ち合わせも終わり、
帰りは桜島フェリー経由で帰ってきた。
その船内にも、やはり立ち食いうどん屋がある。
こちらは「やぶ金」が営業する店である。
麺喰道宗主たるもの、
麺を食する機会を逃してはならない。
すかさず「かけうどん」をオーダ。
こちらは冷凍麺ではなく、
ゆで麺を湯通しするスタイルのため、
どうしても麺が柔らかめである。
ツユはカツオダシはきいているものの、
全体に薄めで上品である。
同じような背景ながら、経営主体が違うと
こうも違ってくるものなのかと
感じさせられる違いであった。

垂水フェリー内のうどん屋については、
今後鹿屋訪問頻度が高くなるため
いずれ再レポートすることになろう。
乞うご期待。

ラーメン

発展途上?「麺や涼」(2004/10/28)


昨日に引き続き、同僚と昼食に出る。

「どこ行く?」
「ネタが尽きましたねぇ。」

冒険心がむくむくと頭をもたげてくる。
こんな時に取り出すのは
「鹿児島ラーメン図鑑(仮称:正式名称は忘却)

「開いたページの店に行ってみるべ。」

…鹿児島駅周辺。
…天文館周辺。

簡単に行けないではないか!
昼休み中に帰ってこれない。

再度挑戦。
しかし、開いたページに関係なく
最近改装していたラーメン屋があったのを思い出す。

「そう言えば、最近できた店があったな。」
と言いつつページをみると、改装前のその店が
開かれていた。なんたる奇遇。

走るこれは行かねば。走る

下荒田の徳州会病院斜め前
「麺や涼」

中はわからないが、外見は以前の店とは全く雰囲気が異なる。

店の裏に数台ながら駐車場があるのは
ポイント高し。

店にはいると、フツーのラーメン屋を
妙に箱だけデカくしたような、
間延びした空間

カウンターと座敷席との間が妙に開いていたり、
厨房が妙に広かったり、違和感を感じる作り。

メニュー。
「ラーメン」
「チャーシューメン」
基本的に二つしかない。
あとは餃子やメシ、おにぎりなど。
チャーシューの炊き込みご飯もあるようだ。
ラーメン(\600)とおにぎり(\50)をオーダ。

鹿児島のラーメン屋の例に漏れず、
漬け物食し放題である。
ここの漬け物はダイコン薄切り塩もみ風であった。
漬け物としては塩加減がビミョー
醤油をかけるべきかかけざるべきか悩むところである。
結局半分そのまま、後半は醤油をかけた。
悩むほどのことか?
野菜価格高騰の折、ここぞとばかりに
野菜摂取である。

しばし後、ラーメン登場。
見た目はごくごく普通のとんこつラーメンである。

スープを一口。
残念ながらとんこつを煮立たせてしまったようで、
臭みが出てしまっている。
見た目はかなりクリーミーなスープであるが、
すすってみると妙にアッサリしている。
ん?、ハズしたか?

と思っていると、卓上に
おろしニンニクや胡椒と共に
「ゴマ」と書かれた容器が。
開けてみるとかなり細かく挽いたすり胡麻であった。
早速3サジほどスープに投入。
胡椒も少々。

すると、先ほどのスープにくらべて
格段にスープのうま味が増す。
煮立たせてしまったのは残念だが、
素性はいいようである。
今後の研究に期待したい。

拍手

コンスタントにウマい「みそや堂」(2004/10/27)


久々同僚と昼食に出る。

久々に「極み辛みそらーめん」を食したくなる。

いつもの店いつもの雰囲気いつもの味

常に高レベルを保っているこの店は貴重である。

ウマし。
満足。

ウインク

雨でも並んででも食す『永楽』のもやしめん(2004/10/26)


blog更新意欲削がれることおびただしい。

なにやら当blogのホスティングサーバが
ハード障害を起こしたらしく、
昨日は更新をすることができなかった。

せっかく久々にネタができたのに。(T_T)

ということで、遅まきながら昨日の麺

昨日は日帰りで東京出張
多少無理してでも上京の際には
一度は食したい
大井町「永楽」のもやしめん
今回も蒲田への出張だったにもかかわらず、
大井町経由である。
しかもそのために朝2便で間に合う出張を
朝一便に振り替えてまで
さらに今回は同行者もいたりする。
(うちの部チョー笑顔

「部長、今日の昼食、どっか予定ありますか?」
「ん?別に。」
いいミセ知ってますよ

夜の接待も真っ青な口説き文句である。
11時に大井町着。
小雨の降る中、店を確認するが、
やはり開店は11時半のよう。
準備中である。
しばし近くの電気屋で時間をつぶし、
11時25分頃戻ってみると
なんと、すでに7?8名の客
そぼ降る雨の中、列をなしている。

困った

先を越された。
さっそく最後尾に並ぶ。
11時半を若干過ぎた頃、開店である。
2人客なので最奥の2人掛けテーブルに
陣取り、さっそく「もやしめん」をオーダ。
第一陣として店に入った中で、「もやしめん」客は
しめて5人。
段取りなどもあろうが、どうやら「もやしめん」はこの店で最優先らしく、
最初に作り始める。
後からの入店にもかかわらず、
運ばれてきたのは最初になった。

ウマし。
詳細レポートは過去logをご参照頂きたい。

味が濃いので、中だるみしたところで
をかけて食するとまた違った趣を楽しむことができ、
飽きない。

満足な昼食であった。

(おかげで満腹になり、昼からの研修会では
一時意識不明に陥ったことはヒミツである)


ウインク

今日の麺(2004/10/22)


本日の麺。
久々のレギュラー更新である。
(長かった…(T_T))

さて、先日よりトラブっていた
システムであるが、今週一杯は
立ち会って様子を見ることになっているため、
基本的に
一日中顧客先にカンヅメである。

最近はここの社内食堂
食することも覚え、
本日初めてオズオスと
麺メニューを注文してみる。

「とんこつラーメンセット」
ああ、なんてスバラシイ響き。
ラーメンなんて久しぶりである。
ここしばらくここの社食にご厄介になっていたが、
ランチメニュー以外
気が引けて注文できずにいたのである。
今日は時間がずれたため
厨房も落ち着いていたため
思い切ってオーダした次第である。

おばちゃんが麺を湯通ししている。

何、湯通し?
茹でているのではないのか?

30秒ほどで鍋から麺が取り出される。
スープは湯煎にかけられている
温め機から注がれる。
え、直火じゃないの?
しかも底に残っていたスープを
さらえて入れている。

もやし、キクラゲ、ネギ、ナルト。

え、ナルト?

>>「すいません、チャーシューが切れていたので
ナルトを乗せておきました」


(T_T)

これにご飯と小鉢が付いて400円
まぁ、値段はマズマズか。
ここの決済は「Edy」のみである。
潔い。

さて、お味は。


…すいません、醤油取ってもらえますか?
高齢の社員も多いため、健康に配慮した結果か、
限りなく薄味ヌル目のスープである。
麺も言わずもがな。
チャーシューないし。怒り

すいません、次回から
日替わりに戻させて頂きます。
m(_ _)m

あぁ、口直し
「みそや堂」の味噌ラーメン
「満正苑」のスーラータンメン
食したい気分である。

と、レポートしてはみたが、
この社食、
厳重なセキュリティの帳の向こう側にあるため、
まず一般の方々の試せるところではないことを
お断りしておく。

ウインク

今週の麺(2004/10/20)


トラブっているわけではありません!!
(まずは前置き笑顔
当blogを更新する時間ヒマ気力
ないためです。
また、ほとんど麺を喰っていない
という事実もあります。
(今週食したのは月曜のリンガーハットちゃんぽんのみ)

まじめな更新は、
今しばらくお待ち下さい。
m(_ _)m

落ち込み

繁忙の日々(2004/10/17)

トラブっておりました。
盛大にトラブっておりました、この一週間

お久しゅうございます。
10月9日(土)に起こったトラブルから始まり、
とりあえず15日に収束するまでの間、
完徹一回、
その他は毎日深夜(2時?3時)帰宅翌朝7時前後出勤
という
超過密スケジュール。
売れっ子芸能人もビックリである。
土曜にトラブったあとは
48時間絶食ラリー
とでも言うべき状況もあり、
「ほら、ゲッソリやせたでしょ?」

…すいません、ウソつきました。
寝なくても食事しなくても、体重は変わったフシはありません
こんな時は丈夫な自分の体呪ってみたくなります。
血反吐でも吐いて倒れれば戦線離脱が図れたモノの、
勤務中は至って元気、
トラブル対応に奔走して眠気もさほどではないという
超人的精神力です。

ナニをどうトラブったかは
守秘義務により
明らかにすることはできませんが、
肉体的にも精神的にも
ツラい一週間でした。

さて、この土日とりあえず仕事から解放され、
明日からまた戦場へ戻るわけですが、
また更新が止まったら
「ははぁん、またトラブったな?」
と思って、温かい目で見守ってください。
困った

今日の麺(2004/10/07)

読者諸氏の中に、
明日はテストなので一夜漬けに励もうと
机に座ったとたんプラモデルが作りたくなったりだとか、
締め切り間際の原稿を書かなければならない時に限って
温泉に行きたくなったりだとかといった
経験をお持ちの方はいらっしゃらないだろうか?

これを、IT専門用語

現実逃避

というが、今の私がそれである。
現在のシステムの本稼働を来週の火曜に控え
あれもやっておかなきゃ、
これも確認しておかなきゃ、
と気があせればあせるほど
ねっとさーひん
をしたくなったり、
こうしてblogの更新をしてみたり
すっかり浮世離れしている。

あぁ、本稼働の日、台風来ないかなぁ?

などと不謹慎なことを言っていると、
ホントに台風が来て、しかもその暴風雨の中
客先に出勤しなければならなくなったり
するので、要注意である。
(案外シャレになってなかったりする困った
今のところ台風22号はもっと早く日本を縦断する
スケジュールのようである。頼むぞ。
(どっちに?)

さて、ひとしきり現実から遠ざかったところで今日の麺。
(まだ遠ざかってんじゃん)

客先から歩いて40歩ほどのところにある
例によってフラカッソである。

ここのデイリーパスタもいい加減飽きた気もするが、
なにせ夜中までこの一食で持たせなければならない
過酷な環境なため、
量で勝負のランチセットが必須である。
(おかげで昼下がりは睡眠不足も祟って猛烈に眠い落ち込み

本日のパスタは
チョリソと木の子のトマトソース

マコーミックペッパーソースが辛くない
毒づきながら瓶半分ほどかけて食す。
いつもの平凡な昼食風景である。
(そうか?)

前半に力を入れすぎて、
後半脱力したblogになってしまった…

猫

今日の麺(2004/10/06)

久しぶりに天文館で昼食。
単独行動ではないので
好きな店に入るわけにはいかないが、
選ばれた店は
北前そば 高田屋

昼食時は近所のサラリーマンでにぎわっている。
細かくブースに仕切られた
今時の居酒屋風の作りである。
(当然夜は居酒屋営業になる)

選んだメニューは週替わりランチ
十勝豚丼とおそば

何故「十勝」「豚丼」なのかは不明であるが、
このセットで800円とは場所は場所として、
いかがなものであろうか?

豚丼ははっきり言って
ほか弁の「しょうが焼き弁当」
390円

そばも特筆すべきところなど何もない
フツーのミニ蕎麦
(推定価格350円)

これに一品、
店員に言われなければ絶対に
洋なしプリン
とは見破れない
見た目ほとんど「ざる豆腐」
様のものが付く。
(推定価格60円)

合価800円也

あ、元取ってんじゃん。
すいません

ちなみに、一緒に食事に行った営業さんが
前に別の方といった際、
知らずに洋なしプリン醤油をかけ、
顔色一つ変えずに完食されたそうである。
このような悲劇を二度と起こさないためにも、
店員の方々はくれぐれも
「こちらデザートの洋なしプリンとなっております」
と念押しするよう教育されているようである。

悲しい

blog不調の原因


以前より、
当blog不調のため更新ができないという
ハナシを書いていたが、
どうも不調はウチの社内ネットワーク経由での更新や、
(シゴトしろよ)
細い回線(PHSによるモバイル更新)
の時であることが判明してきた。
これは
「proxyサーバのキャッシュ」
もしくは
「回線の遅さに起因するもの」であると結論づけた小生は、
会社の端末のブラウザ(Internet Exproler)
おもむろに「Ctrl」キー+「F5」キーを押下した。

…解消しました。
お騒がせいたしました。すいません

これは、proxyサーバ経由の場合に、
キャッシュを使用せずに直接サーバへ問い合わせに行くという
オマジナイ
である。

ちなみに
「proxyサーバって何?」
とか、
「キャッシュって、現金?」
などという質問には答えられないので、
あらかじめご了承願いたい。
そのような質問は、
「Google検索!」
を行ったあとに発せられたい。

走る

今日の麺(2004/10/04)

久々に同僚と昼食に出る。
「土曜日から体調が思わしくないので蕎麦にしましょう」
というリクエストに応え、そば処吹上庵へ。
しかし、毎度のことながらここは混んでおり、
駐車場も車道にまでクルマが並んでいる。
早々に退散し、徳記へ。
しかし、こちらはのれんが降りており、
られた。
体調でも悪いのか、大将?

ということで選択肢は狭まり、
東池袋大勝軒
すでに風前の灯火であるので
このままフェードアウトを見届けることにし、
満正苑へ。
二日続けての登場である。

さすがに二日続けて
酸辣湯麺
というのも芸がないので
担々麺を食す。
しかし、転んでもタダでは起きないのが
麺喰道の掟である。
オーダを取りに来た女の子に
「一番辛いの」
と言うと、
「え、ホントに一番辛いのなんですか?」
とびっくりした顔にて聞き返される。
「一番辛いのは何ての?」
と聞くと、
「超スーパーです」
とのこと。
これまで周りの客の中に
「スーパー」をオーダする御仁は数多いたが、
「超スーパー」
というのがあるとは知らなんだ。
聞けば、本日二杯目とのこと、
普段早々出る品ではないらしい。
同僚は「フツー」をオーダ。
こら、体調悪かったんじゃないんかい?

運ばれてきたモノは、
確かに一瞥して違いがわかる。
赤い
表面をラー油の透き通った赤い膜
たっぷりと覆っている。
「フツー」はラー油がスープと混ざり合い、
茶色っぽく混濁しているが、
「超スーパー」は混ざり合ってもすぐに
多量のラー油が分離して浮かんでくる
ようである。

一口スープをすする。
以前別の店で食した
桜島大噴火ラーメン
では辛いばかりでスープの味は感心しなかったが、
ここ満正苑は
「たんたん麺の満正苑」
を標榜しているとおり、確かに辛くてもウマい
辛みも嫌みのあるほどの辛さではなく、普段より少々多め
といった趣である。
お試しあれ、と言いたいところではあるが、
一般の諸氏におかれては「スーパー」程度に
留めおかれるのがかと思われる。

当方の薦めによりカラダを壊した
などとクレームを付けられても
当方の関知するところではないことを
付記させて頂く。

笑顔

今日の麺(2004/10/04)

久しぶりのレギュラー更新
しかしこのblogサービス、回線によっては
様々なエラーが発生
(画像表示されず、スクリプトエラー、画面レイアウト破壊etc)
して、未だ安定していない。
まぁ、タダだし、我慢せねばなるまい。

今現在(18:00)、昨夜起きてからすでに
20時間以上が経過しているため、
意識がモーローとしている。
このあと2時間の座学を受けようというのだから、
これは
「寝てください」すいません
と言わんばかりのサービスである。

昨夜は午前2時半起床。
某地銀にて回線系のテストを4時から行うというので、
それの立ち会いであった。
終了は6時で、シラジラと夜が明ける中、
一時帰宅。30分ほど仮眠をとって
朝から通常通り勤務である。
労働基準局が聞いたらすっ飛んできそうな
環境であるが、システム稼働の
本番前とは、大体こんなものである。
寝れるだけ御の字という状況も
多々ある。

閑話休題。
ここでグチってみても始まらない。
ここは「麺喰道」であった。

ということで、本日の麺
疲れた体にカツを入れるには、
あれしかあるまい。

酸辣湯麺
(スーラータンメン/サンラータンメン)

これまでもさんざん書いてきたように、
満正苑謹製である。

最近味が変わってきており、
一縷の不安もあるのだが、
他にこれを食せる場所を知らないのでしょうがない。
スッパくてカラい刺激により
一時的に復活。

あと数時間頑張るか・・・・・

困った

祝!Blog復帰。


長らくお待たせいたしました。
(誰か待っていたのだろうか?)

麺喰道
復活である。

なんか、執筆スペースの機能などが
大幅に変わっていてとまどうばかりであるが、
なに、使ってるうちに慣れるであろう。
(楽観的観測)

さて、復帰後最初に俎上に上る栄光の麺

日清 MUGうどん どん兵衛

困った
(アイコンも変わっているではないか!)

昔一時期はやったMUGカップヌードルの亜流である。
他にもMUGチキンラーメンなどの姉妹品もある。

150ccのお湯にて制作いたすため、
スープの代わりに最適である。

というより、
スープの代わり以外にはなり得ない。

これで腹を満たそうとするならば、
4袋入っているパッケージ全てをいっぺんに食しても
足りるものではない。

そんなこと忠告されなくてもわかってるって?

失礼いたしました…すいません

<追伸>
この一週間、会社からは当blogの更新ができない状況が
続いておりましたが(おそらくProxyの関係)、それよりも何よりも
月火は鹿屋出張、その後は某地銀で缶詰状態にて
帰宅は毎日午前様、という個人的理由が大きく、
更新できませんでした。
これからもしばらく更新できない日が続いても
見捨てないでネドキドキ小キラキラ笑顔


記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 慈眼寺名店「えびすラーメン」(2018/09/25)
  • 中国料理珍萬上荒田のチャーハンラーメンセット(2018/09/24)
  • 中国料理珍萬上荒田のチャーハンラーメンセット(2018/09/24)
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ねこだにゃん

タグクラウド
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ