麺喰道 (およそ鹿児島の麺日記~ほぼラーメン)

2004年4月、広域指定ヌードルアナリスト団にしてレッツブロガーな習狂呆人「麺喰道」創設。初代宗主に任命(自分で)。 会員数約一名を誇り、全国規模の布教活動のため当blogを開設。 麺喰の道を究めんと、らーめんうどんそばぱすたそーめんきしめんやきそばちゃんぽんに春雨と、あらゆる「麺状」の食を追求。(ついでに言うなら餃子も焼売も『麺』と認定) オススメ、リンク、コメントにトラバ歓迎。 ある日突然、アナタの店にこっそり現れ、「麺」を食して勝手な記事を書いているかも・・・

2008年05月

当駄blogを全体的に見渡せる【HISTORY VIEW】はこちら!(*゚▽゚)ノ↓
http://blog.livedoor.com/10th/history/menkuidou
麺喰道麺喰地図帳はコチラ!↓
https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zFePYk4Yvae4.kjNb5Ka2A9ic

Facebookの公式?ページ https://www.facebook.com/menkuidou/

千号記念記事【麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/51533018.html
千五百号記念記事【その後の麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/52417446.html

※※ 旧ブログからの移行記事が多数あるため、レイアウト崩れやリンク切れ写真喪失についてはご容赦ください ※※

サヨナラは別れの言葉じゃなくて(2008/05/31)


しばらく更新が途絶えておりました。

『麺食』していないわけではなく、
アチコチと顔を出しておりました。




さて、私事で恐縮ですが、
(このblogに『ワタクシゴト』以外が書かれていたのか?)











このたび転勤することになりました。





「それ、去年も東京に行ってたじゃん。」


ハイ。おっしゃる通りでございます。

しかし、昨年の東京行きは

『長期出張』。


しかし、今回の場合は
勤務地が変わる


『転勤』

でございます。




単身赴任。

東京へ。



一応最短では1年とのことですが、
最長は何年か決まっておりません。

弊社のこれまでの例でいうと、
「3ヶ月といわれて1年」
とか、
「1年といわれて5年」
とかはザラなので

ナンとコメントしてよいかわかりませんが、

そんなところとなっております。


本来であれば6月2日から、という流れでしたが、
小生の属する業界の常、

「お客様都合」

により、決定が伸びており、
これまでご報告することができずにおりましたが、

とりあえずどっちに転んでも東京に来いや、

というアリガタイお達し(T_T)により、
少なくとも6月第2週から東京へ参る所存にございます。


ということで、
せっかく1000号まで刻んだこの

麺喰道 「およそ麺日記」

ではございますが、














落ち着いたら再開したい所存にございます。

それでは、
これまで鹿児島でお世話になった方々
今後とも見捨てずお付き合いくださいませ。

(と言いつつ、
月に一回は鹿児島に帰ってくる気満々(^_^;ゞ)



意外!こんなつながり(2008/05/24)


すいませんねぇ、


書く気がおきなくて。






身辺整理がついたら
落ち着いて報告しますわ。


そんな意味深な発言はさておき。



続きを読む

北極!冷やしラーメンinらーめんたんぽぽ(2008/05/21)


クリスピークリームドーナツ
(Krispy Kreme Doughnuts)

をご存じか?

2006年12月に
新宿に出店し、
一時期は2時間?1時間待ちをしなければ
入手困難であると
大々的に全国放送でも取り上げられていたので
記憶に残っている方も多いのではあるまいか。

元来まったく甘党ではない小生
記憶に残っているのであるから
その宣伝効果は大きかったのであろう。

先週東京に出張した際に、
ぶらりと立ち寄った
有楽町イトシア
なる商業施設の地下で
たまたま発見した人の列。



それがその、
クリスピークリームドーナツ
の2号店なのであった。

自宅へのお土産をナニにするかと
アタマを悩ませていたところであったので、
これ幸いと列に並び、
買ってきましたよ。



平日午後ということもあり、
列とはいっても常時20名ほどが並んでは
店内に引き入れられるといった程度。
見ていると、10分ほども待っていない様子。

列の最後尾に並ぶと、
ほどなく店の近くに移動させられ、
そこで並び客一人一人に配られましたよ、
揚げたてのクリスピードーナツが。



しっかりとコーティングされた
糖衣がてらてらと光っており、
ほおばると非常に密度の低いドーナツ部分が
クシャリと崩れ、
糖衣がぽろぽろと崩壊する。

できたてということもあり、
まずまずのお味であった。

待っていると、
その列の中からでも、
事前に詰め合わされたアソートという
セットを購入するのであれば
最優先で購入できるという。

特にナニを買うというアテもなかった小生、
これ幸いとアソートをゲットいたしました。

12個入り1800円也。

高いといえば高いが、
話題性に投資したといってよい。

これを鹿児島までぶら下げ、
やっと帰って参りましたよ!

ドーナツが12個、3×4個平面に並べられ
そのまま箱詰めされているので
かさばることこの上ないが、
他の乗客の迷惑も顧みず、
抱えて帰って参りました。



さて、ヨメに告げると、
「なに、それ?」


・・・・・・・・・知らないの?!

小生でも知っているのに。

どうやら鹿児島で売っていないが故に、
興味を持っていなかったのか、
たまたまアンテナに引っかからなかったのか。

かなりな甘党たる
ヨメ氏にしては珍しいもんだ。

さて、お味の感想は?







「マズい!!!」




エ━━━ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ━━━ッ!!!!




そんなぁ????????・・・・orz



東京では有名なんだよぅ?

みんな並んで買うんだよぅ?

小生も並んだんだよぅ?

苦労してもってきたんだよぅ?



「マズいモノはマズい!」



はぁ、そうですか。

しかし、小生も切れっ端を食べてみると、
確かに先入観なしに食せば

マズいかも。




なにせ、ひたすら甘い。

激烈に甘い。

どーしょーもなく甘い。


さすがは早死にの国
肥満大国米国生まれ。

味覚よりも何よりも
ただただ甘い。

それも、砂糖甘いというよりは
チクロやサッカリンのように
異常に甘い。
歯に染みるぐらい。
(知覚過敏)

そして、使われている色素など、
体のことなどまったく頓着しないほど
鮮烈な原色。

およそニンゲンの食い物には不釣り合いなぐらい。



・・・・並ぶことが当たり前、
並んで買ってナンボ、
並んで買うものが常に正しい
と信じて疑わない
トーキョーの方々
神のご加護があらんことを。


このドーナツ、
ドーナツ好きな拙宅の長男氏、次男氏をもってしても
半分ぐらいしか消費できず、
残りは小生の二日分の朝食になりましたとさ。

もちろんコーヒーで流し込んで。



そんなカワイソウなオトーサンの悲哀はさておき。


P.S.
後にネットで調べると、
ココのドーナツは、
小生が店で並んだ際に食した
オリジナルグレーズド
というベーシックモデルの、
しかも揚げたて

のみ

がウマいという意見が多勢をしめている事実を発見。




・・・・やはりそんなものか・・・・


続きを読む

釜玉!水沢うどん 遊喜庵「釜玉うどん」(2008/05/17)


一週間も記事を開けてしまったな・・・・



旅に出ていました。
(マヂに受け取らないでね)


出張に出ていました。
(1泊二日で東京にね)



この一週間の間にも、
書いておきたい店
書いておかなければならない店
を訪れたのだが、
ココではサマリを。


火曜に東京から帰ってきた際に、
立ち寄った
姶良は軒系ラーメン『一軒目』

こちらは一軒目店主「あにょ。」氏とのお約束により
写真はないのだが、
(店内外、ラーメン等の撮影はご遠慮下さい)
夜は塩ラーメン。

塩だろうが醤油だろうが、
この店のスープでまず最初に感じるのは
塩味ではなく旨味。

ん?、どうすれば天然素材だけで
これほど強烈な魚介風味
醸すことができるのであろうか。
決して押しつけがましくではなく、
さりげなく香るが強いインパクト。

あいかわらず美味


水曜日は久しぶりの訪問、
和田にある『らーめん行進曲○○』



入り口の「○○チャンポン」にも
強烈に惹かれるが、





初志貫徹
豚骨らーめんを。
(前から気になっていた)




ご店主夫妻、
小生のことをその日の朝話題にしていたそうで、
「やっぱり呼んじゃったんですかねぇ?」
とのことであったが、

はい、呼ばれました。
強いオーラで。

(笑)


グッとくる強さはないが、
豚骨のパンチと和ダシのまろやかさの融合
が絶妙。


木曜日。
久しぶりにシゴトで鹿屋市。

向かった先は
黒らーめんをメインにした
らーめん隣隣(りんりん)。





マー油のパンチが効いて・・・・
と見える外観だが、
意外とあっさり。

やや拍子抜け。




モヤシ増しの「黒もやしらーめん」にしたので
ややスープが薄まったか?
と思ったが、ノーマルの
「黒らーめん」を食した同行の「やっさん」氏も
同意見にて、そんなモノらしい。

どうせなら外観通りのパンチがあった方が
ウケはよいかも。
(客を選ぶかもしれないが)


金曜。

隔月開催ですでに22回を数える
GREEの小生主宰の「飲ん方コミュ」オフ会。

今回もGREE上の参加表明者は
5名であったが、
飛び入りその他を含め
総計10数名の参加者で
そりゃぁもう、大賑わいの大盛り上がり。

いつもながら楽しい。

残念なのは飲んだあとには
ナニモノも食することができない
という小生の習性。
せっかく「みそや堂」のラーメン
何でも自由に食せるのに・・・・(T_T)


・・・・という一週間であったのだが。


この先の身の振り方が決まらないので
なんとなく落ち着かない今日この頃。
(詳細はヒミツ)




いや、1000号記事を書き上げ、
(足かけ3日がかり?)

すっかりやり遂げてもうた感

に包まれ、
「このままシレッと雲隠れするか?」
などとも思った一週間。


・・・・宿題がありましたよ。

そんな義務感から再スタートした記事はココから。


続きを読む

千号記念「麺喰道のヒミツ」(2008/05/11)

このたび、実に1000号という節目の記事を迎えることができた。

思えば4年前、2004年の4月に、ポツリポツリと書き始めたのがコトの始まりであった。

今回は、1000号記事を記念して、自らの「麺喰道」を振り返るという意味で、いろいろな背景について綴ってみたいと思う。

これまでにも何度か記事の中で触れたことも多々あろうとは思うのだが、書いた本人が覚えていないので、自らの備忘録としても残しておきたいという気持ちもある。

なお、記載した時期などについてはうろ覚えである記憶を元にしているため、若干の前後や左右、上下があることをご了承願いたい。「今はそう思っている」というスタンスで軽く右から左へ受け流していただきたい。
また、複数日に渡って執筆しているため、内容の重複や表現の不統一、表記のゆらぎ等があることをお許し願いたい。

では、思い出し考え出し、始めてみましょうか。

長文にて失礼・・・・

<※加筆修正:2014/02/23>
 

続きを読む

手打ち!麺処「照和」(2008/05/09)


たばこ購入資格確認カード
(って言うのかは知りませんが)

TASPO

の普及枚数が頭打ちであるという。


何でこんな思いまでして
たばこを吸わにゃならんのだ?

全う至極なギモンを感じる
諸氏も多いことと感じる。

そこで提案。


いっそのこと、たばこにかかっている税金を、



罰金




と変えて、
どうしてもニコチン中毒から抜け出せない
意志薄弱な諸氏
や、
それでも吸いたい確信犯
負担させてみてはどうだろう。


ま、吸ってるヤツは懲罰の対象だな。


そんな非喫煙者のホンネはさておき。

(「たばこを吸う」という行為が『マッタク』理解できませんが)


続きを読む

手打ち!そば処「とき」(2008/05/07)


最近似ていると思ったもの。








嘉門達夫









テリー伊藤。







メガネかけてるだけじゃん!!



そんな不甲斐ないオチはさておき。

(う?む、似ている写真が見つからなかったぞ)


続きを読む

素麺!唐船峡そうめん流し(2008/05/06)


今回のゴウルデンウィィク
いちばんの思ひ出。













救急車に乗ったこと。




や、小生ではなく、
拙宅の次男氏ですが。

小生は付き添い。


昨夜、5月5日のコドモの日の夜
コトは起こった。


風呂に入る前、
ヨメ氏が先に入浴しており、
長男氏(6さい)と次男氏(4さい)と
小生(年齢不詳)

リビングで遊んでおった。

ダイエーで宣伝販売中の
ハイチュー売り場でもらってきた
チャンバラのできそうな
空気入りのスティックを振り回し、
3人で遊んでいたと思いたまえ。
興奮した次男氏がソファーの背にまたがって
スティックを振り回していたが、
長男氏と丁々発止と切り結んでいたところ、
誤ってそこから
約120センチほど下の
フローリングの床

手を突かずに頭から着地した模様。
(小生は後ろを向いており、
現認せず)

普段なら
『びえぇぇぇぇ????ん!!!!!』
大泣きするところ、
見るとトローンとした目をしてぐったりしている。

こりゃいかん!!
と慌てて入浴中のヨメ氏に伝え、
119番に電話。

ピーポーピーポーと来ましたよ、
救急車が。

その間も次男氏、
焦点の定まらない目をしていたが、
救急隊のおじさんが
「名前は言える?」
と問うとか細い声で答えていた。

大事を取って脳外科へ、ということで
救急車で運ばれましたとさ。

だんだんと意識のハッキリしてきた次男氏は、
なんだかキョトンとした顔で周りを見回していたが、
だんだんと眠くなったようで
再度眠ってしまった。

病院について
医師の診察や
レントゲン、CTスキャンなどの結果
現時点では何ともないという
お墨付きはいただいたが、
眠り続ける次男氏。

とりあえず連れて帰ったが
どーなのよ?
という心配をよそに、
帰ってからは1時間ほど寝たおかげで
すっかり元気を取り戻しておったが・・・・

夜中に2、3度起こしてみて、
反応がなければ意識レベルの低下が考えられるので
すぐに連れてくるようにと
事前に説明されていたので、
途中グーグーいびきをかく次男氏を
起こそうとしてボコッと蹴られましたが。

・・・・無事な様子。

翌朝、そう、今朝は元気ぴんぴんでござった。

おそらく落ちて頭を打ったときは
脳震盪を起こして
ぐるぐると目を回しておったのだな。


心配させるよな、マッタク・・・・orz



そんな思い出深いゴウルデンウィィクの物語はさておき。



続きを読む

田舎蕎麦!「そばきいや」(2008/05/03)


5月に入って

更新意欲の減退か、
戦意喪失か、

当blogの更新パッタリ
パタリロ。

更新しないと
みるみるうちに日を追って下がっていく
来訪者数。



・・・・常に誰かに見られている気がする。


いや、なんとなく忙しかったんですが。


ホントーに忙しいときには
かえってblogの更新で
現実逃避をするという
傾向があり、
今回は中途半端であると思われ。



そんなどーでもいマクラネタはさておき。



続きを読む

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • 中国料理珍萬上荒田のチャーハンラーメンセット(2018/09/24)
  • 中国料理珍萬上荒田のチャーハンラーメンセット(2018/09/24)
  • 中国料理珍萬上荒田のチャーハンラーメンセット(2018/09/24)
  • 中国料理珍萬上荒田のチャーハンラーメンセット(2018/09/24)
  • 中国料理珍萬上荒田のチャーハンラーメンセット(2018/09/24)
  • 中国料理珍萬上荒田のチャーハンラーメンセット(2018/09/24)
  • 中国料理珍萬上荒田のチャーハンラーメンセット(2018/09/24)
  • 地鶏炭火焼き一(HAJIME)で地どりそば!(2018/09/23)
  • 地鶏炭火焼き一(HAJIME)で地どりそば!(2018/09/23)
  • 地鶏炭火焼き一(HAJIME)で地どりそば!(2018/09/23)
  • 地鶏炭火焼き一(HAJIME)で地どりそば!(2018/09/23)
  • 地鶏炭火焼き一(HAJIME)で地どりそば!(2018/09/23)
  • 地鶏炭火焼き一(HAJIME)で地どりそば!(2018/09/23)
  • 地鶏炭火焼き一(HAJIME)で地どりそば!(2018/09/23)
  • 地鶏炭火焼き一(HAJIME)で地どりそば!(2018/09/23)
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ねこだにゃん

タグクラウド
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ