麺喰道 (およそ鹿児島の麺日記~ほぼラーメン)

2004年4月、広域指定ヌードルアナリスト団にしてレッツブロガーな習狂呆人「麺喰道」創設。初代宗主に任命(自分で)。 会員数約一名を誇り、全国規模の布教活動のため当blogを開設。 麺喰の道を究めんと、らーめんうどんそばぱすたそーめんきしめんやきそばちゃんぽんに春雨と、あらゆる「麺状」の食を追求。(ついでに言うなら餃子も焼売も『麺』と認定) オススメ、リンク、コメントにトラバ歓迎。 ある日突然、アナタの店にこっそり現れ、「麺」を食して勝手な記事を書いているかも・・・

2009年04月

当駄blogを全体的に見渡せる【HISTORY VIEW】はこちら!(*゚▽゚)ノ↓
http://blog.livedoor.com/10th/history/menkuidou
麺喰道麺喰地図帳はコチラ!↓
https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zFePYk4Yvae4.kjNb5Ka2A9ic

Facebookの公式?ページ https://www.facebook.com/menkuidou/

千号記念記事【麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/51533018.html
千五百号記念記事【その後の麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/52417446.html

※※ 旧ブログからの移行記事が多数あるため、レイアウト崩れやリンク切れ写真喪失についてはご容赦ください ※※

真空!辛麺「真空」 in 町田(2009/04/29)


久々の更新。
(最近では珍しくないけど・・・・orz)

さて、本日のマクラのお題は。


またまたB-Promotionからの依頼が。
(そうそう、B-Promotionの
レビュアーメンバーランクが
ゴールド
になったと通知が来ていたな。)



住宅展示場へ逝ってこい。
(ホントは自分でエントリーしてるんですよ)


Σ(´ι _`;)


仰せのままに。


え?っと、場所は。





・・・・一番近場でも
東京都町田市
ではないですか。

ということで遠征して参りました。

178db6d3.jpg


サンフジ企画の総合住宅展示場

町田森野住宅公園



町田森野住宅公園

うららかな春の一日。

散歩にもドライブにもツーリングにも
絶好の日和である。

展示場到着は12時過ぎ。
ちょうどお昼時ということで、
お客さんも少なめ。

ゆっくり展示場を見るには逆によいかもしれない。

しかし今回、小生はあえて
モデルハウスへは踏み込まず。

なにせ単身赴任のオトーサン、
住宅を建てることには無縁
であるからな。


しかも、2年半ほど前に
この住宅展示場にもある某住宅メーカー
家を建ててしまっているしな。
(もちろん鹿児島で、ですが・・・・)

展示場内はこんなカンジ。


さぁみなさん、首を右に傾けて!


729e742e.jpg



いやぁ、久々に使いました、
SO905iCSのパノラマ撮影機能。


20e5ea64.jpg



住宅展示場としては一般的な広さなのであろうか、
鹿児島で家を建てる際にアチコチと
足繁く通った展示場と
さほど変わらない大きさ。


しかし、建てられているモデルハウスは
鹿児島よりも控えめなサイズが多いように思う。
当然、地価が違うので
非現実的な大きさのモデルハウスを建てても
ピンと来ないであろうから。


鹿児島のモデルハウスは、

お屋敷

といった風情の
とんでもない大空間
を擁した作りになっていたりして
拙宅のようなウサギ小屋をたてる際には
間取りなどはあまり参考にならなかったものであった。

本日はこの展示場でも
「ゴールデンウィークフェア」
が開催されている期間ではあったのだが、
重点は5月2日(土)からの
大型連休
に置かれているようで、
イベントもその期間に
重点配分されているようである。

もちろん本日も、
アドベンチャークイズラリー
などが開催されていて、
豪華粗品
(「粗品」を「豪華」というのかギモン)
のプレゼントがあったり、
住まいのアンケートに答えると
カラフルドロップ折り傘
がもらえたりと、
十分に出かける価値はあろうというもの。

「ご来場プレゼント&メルマガ会員募集キャンペーン!」
なども開催されており、
1)ご来場プレゼント:DULTON(ダルトン)カップ&ソーサー
2)SONYデジタルフォトフレームまたは
Panasonicイオンスチーマー ナノケア

を5名様にプレゼント

な特典もあるらしい。


こういう展示場の場合、
お客さんに来てもらってナンボ
であるため、
常時このような企画を開催しているのである。


小生が家を建てる際にも
最初に住宅メーカーと接点を持ったのが
こういう住宅展示場であった。

すでに家を建てた先駆者として
センパイ風をビュービュー
吹かさせていただくと、
やはりこういう住宅展示場は
キッチリと片っ端から攻めておくべきである。
もちろん住宅を建てるつもりなら当然であるが、
家のリフォームやイメチェンを考えている場合でも、
重要なヒントが得られたり
新たなインスピレーションを喚起されたりと
非常に有効である。


もちろん住宅を建てるのであれば、
いろんなメーカーを比較して
それぞれのメリットデメリットをじっくりと
検討する判断材料になる。

拙宅をたてる際にメーカーを選んだ決め手は、
住宅の機能性に納得したからであったが、
営業の対応やメーカーの雰囲気、
そして提案力なども比較検討した。
見て回ったモデルハウスのメーカーの中から
いくつかめぼしいメーカーを決め、
実際に商談をしたわけであるが、
まずはどこのメーカーも
土地を測量させてください
というところから入る。
実際の土地がわからなければ図面も引けないので
当然である。


そしてその後、各メーカーが図面を引き、
こちらに対して提案してくるのである。

同じ土地に家を建てるのに、
こうもみんな違うか、と思うほど
全く別々の案が出てくる。

しかし、これが重要。
最終的に選択したメーカーと一緒に
具体的に設計していく際に、
そこまでに得たイメージやアイディアなどを
盛り込むことができるからである。

え?パクリじゃないかって?

インスパイアと呼んでほしいな。
(フィーチャリングでもいいけど)

住宅メーカーにとってはいい迷惑



そして、じっくりと設計には時間をかけ、
十分に営業さんや設計士さんとともに
吟味し、納得するまで議論しなければならない。
立体的なイメージをつかみたくなったら
何度でも住宅展示場に足を運び
実地で確認すべきである。
カタログではわからないナニカが
そこにはあるからだ。

そんなわけで、拙宅は築すでに2年半ほどたつのであるが、
未だに営業さんが
「外観だけでもいいので
商談中のお客さんに
見てもらいに行っていいですか?」

と訪ねてくるぐらい
双方にとって満足のいく家なのである。
(小さいけど・・・・)


でもせっかくの家にも
築後の期間の半分も住んでいないがな。


Σ(´ι _`;)





そんな単身赴任のオトーサンのひがみはさておき。

(社内の都市伝説
「家を建てると東京に飛ばされる」
は厳然たる事実であった・・・・orz)


キャンペーンバナー

ご来場プレゼント&メルマガ会員募集キャンペーン!



続きを読む

ギンザ!で大勝軒(2009/04/20)


東京タワーの消灯時間をご存じか?

東京タワーは、特に理由がなければ
毎日午前0時に消灯されるのだそうだ。

この消灯の瞬間
コイビトと一緒に見ると

シアワセ

になれるという都市伝説
まことしやかに語られているそうである。
残業続きでいつの間にか消えてるライトなんか
ちっとも興味のない単身赴任のオトーサンには
カンケーない話だが。

では、
東京タワーの点灯時間はご存じであろうか?


実は、決まっていないらしい。

というより、毎日の日没時間を基準に、
その日の天候などを加味して決めている
とのことである。
(ほとんど日没時刻みたいだけど)


ナゼこのような話題を振ったかというと、
現在勤務している客先のビルから、
遠く西側に東京タワーが望め、
夕刻宵闇が濃くなると
いつのまにかタワーに灯がともっていて
いつ点灯されるのか調べてみたからである。
(調べたのはずいぶんと前のお話・・・・)

しかし、実際に点灯時間
じっと待ちわびて目をこらしてみていても、
遠くから見ている分には
いつ実際に点灯されたのか
さっぱりわからない。


サーチライトのように
『パカッ!』
と照らされればよいのだが、
ナトリウムランプゆえ
じわぁ??????ん
と明るくなるため
いつ点灯されたのかよくわからないのである。

・・・・どうりでいつのまにか点いているわけだ。




そんなどーでもいー窓際族の観察はさておき。



続きを読む

伊太利!イタリアンバール「スパッカアルバータエビス」 (2009/04/12)


穴があったらそこに
指を突っ込みたくなる衝動


のことを心理学用語で

アフォーダンス

という。
(それだけじゃないけどね)


そんなアフォーダンスの発現のお話。

拙宅の長男氏がまだ幼少だった
2?3年ほど昔のこと。
(今でも十分に幼少だ)

鹿児島にある最大某百貨店
(○形△)
のとある売り場。

何にでも興味津々
好奇心旺盛な長男氏、
上下分割式商品陳列ラック
上部を外したそのジョイント部分のパイプ
指を突っ込んで抜けなくなりましたとさ。
阿保(アフォー)。

店員さんが駆けつけ、
そのうちにだんだんと騒ぎが大きくなり、
ついには売り場を巡回していた社長まで駆けつけ、
救急隊を呼ぼうとまでハナシが大きくなったという。

小生はそのとき、次男氏とクルマの中で
帰りを待っていたと思うのだが、
いつまでたっても帰ってこないなぁと
ヤキモキしていたように記憶している。

一緒だったヨメ氏によると、
あまりに大騒ぎになったため
なんとか指を引っ張っていたらそのうちに
ぽろりと指が、
・・・・いやいや、
スッポンと指が抜けたのだという。

ヨメ氏、恥ずかしさのあまり
お礼もそこそこに
逃げるように帰ってきたという。

それ以来、山■屋の陳列ラックのパイプの穴には、
透明なガムテープが貼られ、
穴がふさがれているという。
(ホントの話)


つまり、かくもアフォーダンスな衝動は抑えがたい
ということである。


そんなコドモのいたずらの言い訳はさておき。
(ご迷惑をおかけしました・・・・m(_ _)m)



続きを読む

行列!麺屋吉左右(2009/04/11)


最近見分けがつかないもの。





倖田來未















綾戸智恵





どっちも大阪のオバチャンやんか!!



え?

みんなも似てると思ってたって?
(ネットでは同一人物だともっぱらのウワサらしい・・・・)



こりゃ、失礼いたしました。



そんな空振りのマクラネタはさておき。

(久しぶりに考えたのになぁ。)

続きを読む

品達。初代けいすけ黒味噌らーめん(2009/04/04)


先日、
CASIO EXILIM EX-Z400
1ヶ月間試用モニターの記事を書いてから、
「ダイナミックフォト」
のキーワード検索で
当blogへ漂着される方
チラホラと見受けられるようになった。

しかし、よくよく観察してみると
そのキーワードはナゼか

『ダイナミックフォト CM 胸』

といった、
ちょっとオモムキの変わったものである。

確かにこのキーワードでググってみると、
当blogにも行き当たるのであるが、
どうやら漂着者の方々の捜し物
もっと別のところにあるらしい。

イロイロと探ってわかったのが、
最近集中的に流れる
CASIO EXILIMのダイナミックフォトのCM
であるが、
初期バージョンでは現在のモノと異なり、

巨乳のオネーサマの胸の谷間が拝める

らしい。


現在放映中のバージョンは
コチラ
の公式サイトであるが、
こちらは修正後のモノ。


みなさん、血眼になって探しておられるようだが、
さすがは世界のYouTube

コチラをご覧あれ。



・・・・ご堪能いただけましたでしょうか?

この程度のムネの谷間
イマドキの放送界では
ゴールデンタイムにでもゴロゴロ転がっていようが、
いったん世に出したモノを引っ込め、
修正してそしらぬ顔を決め込んでいるため
かえって目を引いてしまったのではあるまいか。

いずれにせよ、
こーゆー楽しい動画が作れます、
ということを
皆様にお伝えしたい次第。



そんな今さらながらの関連記事はさておき。



続きを読む

豊洲!de Ramen(2009/04/01)


ワタクシゴト
ではございますが、

このたび鹿児島を引き払い

東京に永住することにいたしました。











そんな縁起でもない
エイプリルフールネタはさておき。

(んなわきゃぁない、・・・・と思いたい・・・・orz)

続きを読む

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • しじみ庵特製!塩しじみラーメン!(2018/07/17)
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ねこだにゃん

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ