麺喰道 (およそ鹿児島の麺日記~ほぼラーメン)

2004年4月、広域指定ヌードルアナリスト団にしてレッツブロガーな習狂呆人「麺喰道」創設。初代宗主に任命(自分で)。 会員数約一名を誇り、全国規模の布教活動のため当blogを開設。 麺喰の道を究めんと、らーめんうどんそばぱすたそーめんきしめんやきそばちゃんぽんに春雨と、あらゆる「麺状」の食を追求。(ついでに言うなら餃子も焼売も『麺』と認定) オススメ、リンク、コメントにトラバ歓迎。 ある日突然、アナタの店にこっそり現れ、「麺」を食して勝手な記事を書いているかも・・・

2014年12月

当駄blogを全体的に見渡せる【HISTORY VIEW】はこちら!(*゚▽゚)ノ↓
http://blog.livedoor.com/10th/history/menkuidou
麺喰道麺喰地図帳はコチラ!↓
https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zFePYk4Yvae4.kjNb5Ka2A9ic

Facebookの公式?ページ https://www.facebook.com/menkuidou/

千号記念記事【麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/51533018.html
千五百号記念記事【その後の麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/52417446.html

※※ 旧ブログからの移行記事が多数あるため、レイアウト崩れやリンク切れ写真喪失についてはご容赦ください ※※

台湾ラーメン!らーめん江楽(2014/12/31)



最近、当blogへのコメントスパムがヒドイ。

(つд`)



いや、回数もなのだが、その内容が。


おそらく同じ業者からだと思われるのだが、
そのタイトルはランダムに選ばれた文字列のようで

"15569時ygs写下し試分配われ時ygs写下し試"

とか

"64983FP=在有線ギナられ勝利FP=在有線ギナ"

とか

"1330審査員ス田中ールオ(への審査員ス田中ール"

とか、まったく文として意味をなさない


しかし、その投稿者名
興味を惹く名前を付けてコメントに注目させ、
コメント本文のリンクを踏ませる
という手口である。

その投稿者名、
当初はマトモ(?)で、

『白いビキニ』

『三角ビキニ』

などと必ずビキニという単語を入れてくるのだが、
最近ではネタが尽きたのか

『パッドブラビキニ』

『プチ胸ちゃんビキニ』

あまつさえには

『背が低い・足が短いビキニ』

という、もはやビキニに関係ないことになってきている。


もちろん、これらコメントは

ソッコーで

削除させていただいておりますので、
みなさんは間違って

『背が低い・足が短いビキニ』

に貼られた罠リンクを踏むという屈辱は
味わわずにすむというもの。



ご安心あれ。

 (* ̄ー ̄)




そんなスパマーを逆手にとったマクラはさておき。

ヽ(・∀・)ノ

ざまぁ!!




続きを読む

Ocean View!石焼きらーめんとんぼ(2014/12/28)



スマートウォッチ生活はじめました。

Σ(´∀`;)







DSC_1995








失礼いたしました、画像間違えました。

これは長男氏(中1)次男氏(小5)より
両親に向けてクリスマスに所望された

DX妖怪ウォッチタイプ零式

でした。



ちなみにサンタさんへは

Nintendo new 3DS(次男氏)
ならびに
new 3DS LL(長男氏)

を所望して無事ゲットした模様。


(ノ∀`)


サンタより丸投げ委託された拙宅では

領収証をサンタに送って
精算したいキモチで一杯です。

(´;ω;`)





・・・・というわけで、こちらでした。


DSC_1996



Sony Mobile Communications

SmartBand Talk SWR30




これまでもスマートウォッチは利用していた。



Sony Ericsson SmartWatch MN2

DSC_2004



ソニーが世に問うた
スマートウォッチ第1号
である。


なんでソニーばっかりかって?

ソニー信者だからです

小生。
(`・ω・´)ゞ

(アップルは敵だ。)


しかしこのMN2
第1号製品だっただけあって、
実験的な荒削りな商品であった。


ディスプレイはタッチパネルになっているのだが、

反応は鈍い

インタフェースがわかりづらい

画像が粗い

電池が持たない


などといった不満の他、

充電コードが独自の規格で
ケーブルを持って歩かないと充電すらできない


充電コードの接点が汚れるのか
なかなか充電できない


充電してても知らぬ間に接点が外れている

ウォッチはクリップ式で
バンドに挟むのだが
そのウラ面で皮膚にあたる面が
プラスチックの平面で
はめているとそこが蒸れてこすれて痒くなる

などなど、不満を述べればキリがない。


そもそもこれが出た頃は、
スマートウォッチが何たるか
という定義もアイマイで、
ナニができるのかを探るための

実験的商品

だった感は否めない。


実際、その後2年半の間に
2世代も代替わりして
現在はいろいろ機能も拡充され
だいぶ実用的なものになっているようだ。


しかし、その間に世間では二極化が進んでいた。

高機能化するスマートウォッチとは別に、

活動量計という機能に絞った

スマートバンド

というものが台頭してきた。


これはおそらく、

進化型万歩計

といったもので、
装着者の活動を
記録してスマホ等に転送、
データはクラウドに保存して

いつどこでどんな活動をしていて

どれだけカロリーを消費したか


を如実に示すものである。


現世代のソニーのスマホXperiaシリーズには、

LifeLog

というアプリがプリインストールされていて、
スマホの振動や加速度計、
GPSやWiFiの記録から

ライフログ

[ライフログとは、
人間の生活を長期間に渡り
デジタルデータとして記録すること、
またその記録自体を指す。]


を自動で記録する。

しかし、
スマホをどれだけ常時持って歩いている
というのだ。

小生は普段、
スマホをベルトのスマホ入れに常備して

お腰に付けたきびだんご

状態で使用してるため、
常人よりはライフログが取れるであろうが、

寝ているときまで付けているわけではない。

そこで、常時身につけていられる
スマートバンド
というものが作られたのだ。

一時期、
JAWBONE

10010004582269462783_1

というものが
流行りモノが好きな
高感度IT人間
の間で流行り、
これを身につけた人を見たことがあるかもしれない。
(カラーは複数あり)


ソニーからも、

Sony Mobile Comunications
SmartBand SWR10

original_SWR10_006


なる商品が発売されていた。



しかし、せっかく腕に付けるのに、
何の表示部もなく

時間すら表示できない

のはナニゴト!?

というわけで購入を見送っていたのであるが、

出ましたよ。


Sony Mobile Communications

SmartBand Talk SWR30


SWR30


ええ、付きました、時計機能が。

(´-ω-`;)ゞ




実際には時計表示機能だけでなく、
いろんな機能が付加されているのであるが、
やはり少なくとも

時計として利用できる

ことの意義は大きい。

この表示部、

曲面型電子ペーパーディスプレイ

であり、表示の書き換え時に一時的に
電力を必要とするが、
表示中は電力を必要とせずに
常時その表示をし続ける
というデバイスである。

電子ペーパーというだけあって、
その濃淡比とクッキリさで

Amazon KindleやSony Reader等の

電子書籍

などに利用されているものである。

ただし、自発光やバックライトを持たないので、
明かりがないと見えない
という欠点はある。
外光を反射して見えるようになるのだ。
(バックライトがあっても透過式ではないので無意味)

そのようなマイナス要素はあるものの、
ただ何の表示部もなく腕に付けるだけ
ではなく、

少なくとも腕時計として使える

ようになったため、今回購入に踏み切ってみた。


サンタさんにお願いするには早すぎ、
自らの誕生日(勤労感謝の日)には遅すぎる

という絶妙なタイミングで。
(なんだそりゃ)


というわけで、ここまで

マクラネタの長大な前フリ

であったわけだが、二週間ほど使用してみた

SmartBand Talk

の使用感やイカに。



まぁ、結論から申しますと、

活動量計 + 時計




以上。



機能として、「Talk」を冠するように、

音声入力と識別を行う
インタラクティブなデバイス


であることは間違いないのだが、

ほとんど使い道がない。
(つд`)



デバイスに「Talk」してみても、
判別して応答があるのは

「今何時?」
「明日の天気は?」
「●●時にアラーム」


などといったいくつかの音声指示と

電話のハンズフリー通話

程度である。


ハンズフリー通話は便利かも、
と思っていたが、イマイチ使い方がわからず
ハンズフリーではなくスマホで通話したいのに

スピーカーの音は本体のハンズフリーモード
(音がでかい)
マイクはこのSWR30のマイク
(口元にデバイスを持っていく)

というチグハグな通話形態になってしまう。

本体で受話操作したなら本体で通話させろ、っつーの。
(`ヘ´) プンプン。


イマイチ使い方がよくわからないところ。

マニュアル等にも細かい記載がないので、
実戦で試すしかない

そんなに電話がかかってこないので
(つд`)


Try and error

の機会があまりないのが残念である。


電池は2~3日ほど持つ。

腕時計としては考えにくいが
活動量計としては
現時点ではまずまずか。

充電は一般的なmicroUSB端子で行え、
充電時間も30分~40分程度であるため、
デスクワークをしながら充電すれば
活動量計としてカウントアップされるべき歩数を
カウントし忘れるということもない。



ということで、とりあえずは

24時間装備中。



そんなお勝手レビューはさておき。





続きを読む

寒さゆえ味噌率高し金斗雲(2014/12/22)



常日頃から
外食する際に

辛いと書いてありながら辛さが足りない

とぼやく小生に、

『マイ七味を持ち歩いたら?』

とのご提案。


そうか、そうなのか、やっぱり?

ということでさっそく入手致しました、


麻辣七味

DSC_1966

S&B菜館シリーズ。

七味といってもそんじょそこらの七味とは違う。


なにせ、そのへんには売ってないからな。



(つд`)


どうやらこの

麻辣七味

今年、2014年の8月頃から店頭展開を始めたようで、
鹿児島で販売している店を
ついに見つけることができなかった。

・・・・けっこういろんな店を回ったのだが。

日本の僻地、鹿児島。
致し方ない。

ということで奥の手、

アマゾンによる購入

を試みたのであるが・・・・

送料無料になるアマゾン取り扱いは
5本パックであるとのこと。

う~む、味もワカランのに5本も買うとな・・・・(;´Д`)

しばし(数日)迷ったが、
5本セットでもたかだか915円
見つかるアテもないまま彷徨うよりはと、
購入に踏み切った次第。

で、使ってみた感想はといいますと。


確かに花椒の風味がして
麻味(シビれ)、辣味(辛さ)はアップするものの、
そんな大した刺激じゃござんせん。

ただし、かける食材や料理によっては、

『おっ!?』

と思うぐらい刺激が増すものもあり、
なかなかに楽しめる。


S&B食品のHPによると、

いつもの料理を手軽に
自分好みの味わい・辛さに調整できる
『中華版七味唐からし』

唐辛子、花椒をベースに
7種類のスパイスを調合した香りが
料理の味を際立たせます。

四川料理で味わう様な
花椒の舌がしびれる辛さを表現すると共に
香り豊かなスパイスをバランス良く調合した
 中華料理に合う七味唐からしです。 

【7種類のスパイス】
赤唐辛子
花椒
ごま
ガーリック
ジンジャー
ちんぴ
ローストオニオン 
 
【麻】・・・花椒の舌が痺れるような辛さ
【辣】・・・唐辛子の舌がヒリヒリするような辛さ 

<使用メニュー>
麻婆豆腐
麻婆春雨
エビチリ
炒飯
唐揚げ
坦々麺などに


であるらしい。


5本もどーすんだよ、
と思っていたら、さっそく友人数名より

『欲しいっす!』

のラブコールをいただいたので、
近日中に2~3本は捌けそうである。
(残りは自家消費するつもり)


ということで、ラーメン屋のみなさん
テーブルの調味料として
置いてみてはイカガっすか?




そんなまたまたお勝手宣伝はさておき。



続きを読む

酸!辣!湯麺 in アイアイラーメン(2014/12/19)



一太郎やめることにしました。

Σ(´∀`;)



一太郎とは、
ジャストシステム社が開発・販売する
日本語ワードプロセッサのことである。

今でこそワープロソフトの標準は

Microsoft Word

になっているが、かつてはこの

一太郎

日本の標準のワープロであった。

小生もまた、

1994年以来の正規ユーザ

であり、20年にわたって
ほぼ毎年のバージョンアップに合わせて
購入し続けてきた。

しかし、ここ10年ほど前から、

一太郎の文書では相手が受け取れない

つまり、一太郎のシェアが減ってきて、
使い道がなくなってきていたのだ。


確かに毎年のバージョンアップにより、
どんどん日本語ワープロとしての機能
拡充しているようであるが、

ハッキリ言って使いこなせていなかった。


というより、

一太郎自体を起動することがほとんどなくなり

最新の一太郎を持っていても

年に1度起動するかどうか
(バージョンアップの確認の時だけ)

という状態が続いていた。


いや、実にもったいない話ではある。


しかし、毎年一太郎をバージョンアップし続けていたのは
別の理由からである。


一太郎には、日本語入力漢字変換ソフト

ATOK

が付属しているのであるが、
このATOKを使い出すと
ハッキリ言って

Windowsのオマケソフトの
日本語IMEなんざぁ
足元にも及ばない賢さ


で、使い心地、漢字変換能力など

雲泥の差

があるからなのだ。


日本語IMEを常用している方々は、
日本語を入力する際に、

「きょう【変換】」「は、【無変換】」「てんき【変換】」「が【無変換】」「わるい【変換】」「ですね。【無変換】」

などと、死ぬホドかったりぃことをしている方圧倒的に多い。

これは、

日本語IMEバカ

なので、単文節ごとに変換してやらなければ

日本語にならない

時期が長かったから、その頃からの習慣で
そうなっている場合が多い。


しかし、ATOK

「きょうは、てんきがわるいですね。【変換】」



「今日は、天気が悪いですね。」

と、一発で変換してくれるのである。

昔から。


最近ではもっと変換アルゴリズムが進化しており、
長い日本語をいっぺんに入力した方が、
前後の文脈から読み取って

同音異義語も正しく変換してくれる

カシコサなのである。


であるため、ATOKユーザは、
長い文章をツラツラと入力して
一括変換することに慣れているため、
たとえば人のパソコンを借りて

アタマの弱い日本語IMEで同じように入力すると・・・・


文節の区切りもヒッチャカメッチャカ
意味不明の漢字とカナの羅列を量産して、

『なんじゃこりゃ~~~~~!!』

ヽ(`Д´)ノ


怒髪天を突く思いを感じるのである。 


同じように、一太郎に取って代わってしまった

Microsoft Word

も、英文ワープロを祖としているため
ウカツに文の途中で【Enter】キーを押してしまおうものなら

あっという間に段落が崩れ
後ろの文章までガッコンガッコンと
取り返しのつかない大惨事


が起きて5分おきに

『なんじゃこりゃ~~~~~!!』

ヽ(`Д´)ノ

となるので、
ハッキリ言って使い物にならない。



アタマが悪いクセに
お節介焼き


という

もっとも腹の立つパターン

である。

よって小生、普段の文書に
Wordを使用することはない。
(断言)


では何を使っているかというと、

Excelである。

簡単な文書であれば、
Excelのシートを開いて
全てのセルを選択した状態で
セルの幅を調節し、
1セルの大きさがほぼ正方形になるようにする
いわゆる

Excel方眼紙

を使用するのだ。

このほうが、印刷レイアウトの変更も
文字の大きさやフォントの変更、
図やグラフなどの配置も自由自在で

Wordの出る幕ではない。


Wordを使うのは、
元ファイルがWordで、
それを編集しなければならないときに

泣く泣く使う(つд`)

ぐらいである。



さてさて、話がだいぶ脱線したが、
(だからどーした)

毎年の一太郎バージョンアップに
付き合っていたのは

一太郎という
日本語ワープロの火を消してはならない

という使命感も確かにあったが、

ATOKさえ最新版が使えればよい

のである。


これまでも、一太郎バージョンアップ版ではなく、
ATOK単体のバージョンアップを考えたこともあったが、
これまた価格設定がビミョーで、

ATOK単体のバージョンアップよりも
一太郎がオマケでついてくる
(本末転倒)
方がちょっと割安感がある

ために一太郎をバージョンアップしてきた。


しかし実際には使わない一太郎


ここ数年来、このATOK

ATOK Passport

なるサービスがあることは知っていた。

ATOKのみを月額500円程度で
合計10台までの

Windows / Mac / Android

端末で使用できるというもの。

非常に魅力的なのであるが、
いかんせん

Androidの通常版のATOKも
別途購入済み
であったため

今さらこのサービスを利用してもなぁ・・・・(;´Д`)

と思っていたのであった。


例年、一太郎の、いや

ATOK

年次バージョンアップは年明け早々であり、
そろそろ次のバージョンアップを
検討しなければならない時期であったが、


いや待てよ。


ATOK Passport

に切り替えれば、ほとんど同じような金額で

常に最新版のATOK
利用できるではないか。



ということでさっそく契約。

とっとと乗り換えたのでした。


特に今のところはこれまでと変わりなく
使えているが、

メリットを実感するのは
もう少し経ってからかなぁ・・・・






そんな長大なマクラネタはさておき。
(長すぎだっちゅうに)

続きを読む

辛麺八倍麺匠樹凛(2014/12/17)



先日ご紹介した

下総醤油

shimousa-syoyu


が切れてしまった。

(つд`)


もう少しもつと思っていたのだが、
意外にかけ醤油の消費が激しかったようだ。

今回は、次善の策として

かき醤油

kakisyoyu

を使用している。


このかき醤油、
広島では一般的な品のようじゃけん、
最近では鹿児島のスーパーでも
醤油売り場にフツーに並んでいることが多い。


原材料は

しょうゆ、砂糖、みりん、食塩、かつおぶし、
かきエキス、植物たん白加水分解物、かつおエキス、
こんぶエキス、こんぶ、乾しいたけ、調味料(アミノ酸等)、
アルコール、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)


となっているように、
各種旨みエキスがブレンドされた

濃厚つゆ

に分類される。


しかし、そのままかけ醤油として使用しても
まったく問題がない。


『ウマい醤油』

として用いているわけだ。



このサイズ(150ml)で
スーパーで300円前後と、
さして高いモノではないので、
甘くない醤油に免疫のある向きは
試してみられたい。



そんな、お勝手CMはさておき。







続きを読む

ご無沙汰!和田屋の純みそラーメン(2014/12/15)



詮索は無用。

情報拡散希望。




ありそうでなかった

【鶴丸リカちゃん】

発売されます。


詳細は以下のページで!!

(*゚▽゚)ノ

鹿児島県立鶴丸高等学校第36期同窓会
2015年同窓会総会企画ページ



licca_left01





そんなニッチな層向けの告知はさておき。

(お見逃しなく!)



続きを読む

『超』勝武士ラーメン in 元祖指宿らーめん二代目(2014/12/10)


最近ポツポツとながら
小生のTwitterアカウント

IT系のアカウントがフォローする事例

が散見される。



確かに小生、
IT業界とか呼ばれる

そのへん

に生息してはいるモノの



ITがらみの話題はつぶやいたことなかったような・・・・
Σ(´ι _`;)





もっぱら、

ラーメンネタ

に絞っておったと思われるのですが。



そんな身に覚えのないフォロワーの方々はさておき。
(おくのかよ)

続きを読む

シビカラたんたん麺in小籠包の長城騎射場店(2014/12/08)



先日のクルマの窓からの一コマ。



DSC_1875


画像が小さくてよくわからない場合は
画像をクリックして拡大!


おわかりだろうか。

石壁の模様と一体化している

ネコ様が

生け垣の向こうのナニかを狙っておられるの図。


加治屋町の西郷生誕の地から
甲突川沿いの堤防に向けて
車道をサッと横切る灰色の影。

そのまま一気に石壁を上ったかと思うと・・・・


ごらんのように途中で微動だにしなくなった。



きっと、小鳥かナニか
いたんでしょうねぇ。

前後にクルマがいないのを見計らって
一枚パシャリと撮影した次第。



なんか後ろ姿がかわいくて。
(*´ェ`*)



そんなねこ好きのオッサンの報告はさておき。

・・・・それ、絶対つかまえられんと思うよ。
(*´・ω・)




続きを読む

カレーなるラーメン in ラーメンしのはら(2014/12/05)



『癒やし』

という言葉が多用される昨今。


実は小生、この

『癒やし』

というコトバを軽々しく用いるのを
是としない。

なぜならば、この

『癒やし』

というコトバは、
もっと深い意味を持つと考えているからだ。


本来は宗教的な奇跡(奇蹟)的治癒を行う
儀式としての側面が強く、
軽々しく用いる言葉ではなかったかと思われる。

それが今では、

YouTubeでネコの画像を見て癒やされた(*´ェ`*)

だの、

おいしいラーメンを食べて癒やされた(*´∀`*)

だの、

あまりに浅薄である。


このよう場合、

ネコの画像でほっこりした

とか

おいしいラーメンを食べて人心地ついた

程度の表現にとどめるべきであると思う。



まぁ、小生が苦々しく思っていることなどお構いなしに
そんじょそこらでいたって軽い

奇跡(奇蹟)的治癒

が日常的に起こっているのが実情ではあるが。
(;´Д`)





そんなこまかいオッサンの嘆きはさておき。
(気になるんですよ・・・・(´-ω-`;)ゞ)



続きを読む

肉感炸裂!薩摩思無邪 de 肉そば(2014/12/03)



相手が間違っているのに
指摘できないもどかしさ。


オトナなんだから気づきそうなものだが、
オトナになるまで気づいていないので
誰かが指摘しなければ
おそらく気づかない、
でも指摘するのも今さら
プライドを傷つけそうで気が引ける。


[例題1]

『~せざるえない』×



『~せざる得ない』


sezaruwoenai
(さんざんCMで言ってるのに・・・・)



[例題2]

『サポートディスク×



『サポートデスク


DJ
(ディスクって円盤・・・・)



[例題3]

内臓ハードディスク』×



内蔵ハードディスク』

naizou1
(部首「にくづき」は体の一部)




[例題4]

『(顧客に対し)■■殿×



『(顧客に対し)■■




・・・・特に最後の例とか、
ビジネスマナー以前に

お客様に失礼に当たると思うのだが・・・・(*´・ω・)




そんなオトナの事情はさておき。
(気づいて~(つд`)!!)



続きを読む

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • 激花椒!中華料理長城騎射場店の担担麺(2018/07/19)
  • しじみ庵特製!塩しじみラーメン!(2018/07/17)
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ねこだにゃん

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ