絶賛梅雨末期の豪雨に見舞われ中
の鹿児島地方であるが、

みなさんクルマのガラスウィンドウ



撥水加工してますか?




ハッキリ言わせてもらえば
撥水加工してないクルマは

自殺行為である。

あるいは他殺加害者かも知れん。



ほんの少しの雨でも
ちょっとでも雨が降ると
がぜんスピードが遅くなるクルマが多い。


まぁ、もともとクルマの運転に不向きな方々が

雨に恐れおののきビビりまくって
スピードを上げられない

という事情を勘案しても
その後ろは大渋滞
という社会的大迷惑を惹起していることを
ご本人は一切気にしていなく

いや、気づいていない。


そういうクルマを追い抜きざまに観察すると
運転席からだけ出して
ハンドルにしがみつくようにして運転している姿を
観察することができるが、

そのようなクルマに限って
フロントガラスが雨でぐしゃぐしゃになって
前が見えていないのである。


PC085807



ワイパーを死にものぐるいで回していても
そのような状況では正しく前を見ることなど
不可能である。



ではどうすればいいかというと、
カー用品店などで手軽に手に入る

撥水加工剤

をガラスに塗り込むのである。


有名どころでいえば

 レインエックスシリーズ 

rainX




 ガラコシリーズ 

glaco


など、現在では多種多様な撥水剤を入手可能である。


新車であれば別であるが
これまで撥水加工を施したことのないクルマの場合は

施行に先立って油膜取りの作業

を行っておいた方が良い。


同じように
油膜取り用のスプレーなどが入手可能である。


さて、撥水加工の方法であるが、
これが

サルでも可能なレベル

の簡単さ。


薬剤をガラスに擦り込み
乾いたところで拭き取る。



いじょ。
(*゚▽゚)ノ


この施工ができないようであれば
運転そのものを諦めて欲しい。


古いクルマならば
初めの一回目は撥水加工が十分ではなく
まだらになってしまうかもしれないが
十分に加工されたフロントガラスは

水滴が水玉になってはじかれ
その水玉が走行風によって後方に飛んでいく

ようになるのである。


未施工のガラスは
雨が流れて視界がグジャグジャに乱れ
マトモに前が見えない

状態であるが、
撥水により水がはじかれると
その水滴さえぬぐえばキレイな視界を
保つことが可能である。

もし未経験であれば
四の五の言わずにさっさと施工して欲しい。


未施工のクルマが前が見えない状態で
ノロノロと車線を遮っている姿を見ると

殺意を感じる次第。
(-""-;)チッ



一度施工しておけば
効果が薄くなった時点で再施工すれば
すぐに元の状態に戻り
効果を長持ちさせることが可能である。

商品によっては
ウォッシャー液に混ぜるタイプ
も併用できるため
効果が薄くなればウォッシャー液を出して
ワイパーをかけるだけで
効果を復活させることができ
非常に便利である。


フロントガラスの撥水加工は
法律で施工を義務づけてもイイと思うほど
効果的であるので

もし未経験ならゼヒお試しいただきたい。


そんな雨の日のノロノロ運転に
イラだつドライバーの意見
はさておき。







限定メニューは気になる
可能な限りフォローしたいとは思うが

次々出てきては回りきれないじゃないか。
(つд`)



月替わり
週替わりならまだしも

日替わりとかフォロー不能である。


ということで日替わりを狙って行くということは
あまりなく

行ってみてソソられた日替わりがあったら頼む

程度の対応しかできない。


ということで今回も

行ってみたらやってた

麺屋きんのむぎのよくばり唐揚げセット。

DSC_2873

DSC_2872

DSC_2863


なんとなくそそられこれをオーダ。

よくばりすぎて自滅するのが予想されたが
かまわずに。
(´-ω-`;)ゞ


ラーメンはとんこつから
ご飯は大中小もしくは五目おにぎりから選べ

今回はとんこつ五目おにぎりで。




レギュラーメニューと較べると
日替わりのオトクさが際立っていたからな。

DSC_2865

DSC_2866


夏メニューの

冷製ねばトロラーメン

も提供されていたが
冷たいものがあまり好きではないためスルー。

DSC_2864


場所がら鹿児島大学の学生が多いが
一般客も多く賑わっている。

カウンターに通されるが端には別の客がいたため
端から2番目に通される。

麺屋きんのむぎ - Spherical Image - RICOH THETA



端の席が空いて小生が中途半端に取り残されると
至って居心地が悪い。

店員さんに申し出て端に席を替わらせてもらう。
入口に待っている客もいたからな。

すると小生のその行動を見ていた学生が
自分の隣の席に置いていた荷物を
そっと手元にどけていた。

そうそう、少しはまわりを気遣った方が良いぞ。

小生が譲ったことで後客がカウンターに着席。

店員さんからは入れ替わり立ち替わり

「ありがとうございました

とお礼を述べられ
小生としては逆にきまりが悪い。

そんな大したことはしていないのであるが。

たしかに、カウンターの真ん中にデンと居座って
配慮に欠ける客というのはいるもので
あまりのことに店員から
席を替わってもらえないかと
声をかけられる場合もあるが
無用のトラブルを避けるため
店員から声をかけるのはよほどの場合であろう。

ほんの少しの
まわりを気にする観察力
状況を把握する洞察力
譲り合いの精神

があれば世の中トラブルは減るものだ。

DSC_2867


漬け物を食しながら待つことしばし。


まずは五目おにぎり
とんこつラーメンが先に運ばれてきた。

DSC_2868


おお、そういえばこの店で
とんこつラーメンをいただくのは初めてだな。

いつもちゃんぽんとか油そば
あんかけ焼そばばかりであったような。


アイアイラーメングループの当店であるが
新栄本店、東開町店では
とんこつは白濁させない清湯スープであるが
ここではガッツリ白濁させ
表面には背脂とガーリックチップが浮かんでいる。

スープを一口。

ガーリックチップの助けもあり
かなりガツンとくる口当たり。

風味も強い。


ほーほー、ウマいではないか。

他店の清湯とんこつもうまいが
こちらのガッツリとんこつもなかなか。

DSC_2869


麺は細めのストレート。

全体に博多っぽい味わいに仕立てられているが
やはりどこかアイアイ風アレンジが施されている。


遅れて唐揚げ登場。

DSC_2870


うっ・・・・

やはりかなりのボリュームだったか・・・・


この唐揚げとごはんだけで定食が成立するであろうが
そこにフツーサイズのラーメン

明らかに食い過ぎである。

昼からは睡魔との戦いは不可避であろう。
(つд`)


唐揚げは熱々にしてホクホク
そして一つ一つも大きく
十分な食べ応え。

しかし、ラーメンを先に済ませてしまわなければ
麺が伸びてしまう。
(麺優先思考)

ということで先にラーメンを平らげることに。

DSC_2871


そして唐揚げもしっかりといただき

ごちそうさまでした。



いやー、これは若人向きのメニューです。
Σ(´ι _`;)


次回から「よくばりメニュー」は自粛させていただきます。