この夏買ってみて
正解だったもの。


各社共通1000種対応
エアコン用ユニバーサルマルチリモコン
自動検索機能も搭載!!-520012
K-1028E





名前が示すとおり

エアコン用万能多機能リモコン

である。


拙宅の2階には、同じ機種のエアコンが2台
コドモ部屋と寝室に設置してある。

もう10何年前に設置したもので
メーカーは

ナショナル
(松下電器)

つまり、
パナソニックにブランド統合する前
機種である。

当然2台あるので
リモコンも2台あったのだが
片方は粗悪な乾電池の液漏れ
使用不能に。

もう一台も落とした(投げた?)衝撃
壊れ使用不能となってしまった。

エアコンというもの、
リモコンが使えなくなると
テキメン不便な機械に成り下がるもので
電源のON/OFFにも不自由する。

高所に据え付けられた本体の
非常用のマイクロスイッチを押すと
とりあえず電源は入るのであるが
温度や風量の設定変更もできず
ただひたすらに全力で運転する
トンデモ冷風製造器

と成り果ててしまうのだ。

周りの温度などにお構いなしに
フルパワーで冷風を吹き付ける凶器。

さすがにこれでは困るので
メーカー純正のリモコン
を検索してみると

 あれまぁビックリ!! 
 (゜ロ゜屮)屮 


1台7000円ほどもするじゃ
ありませんこと!?

今どきエアコンなど
安売りなら2~3万ほどで買えてしまうのに
リモコンだけで7000円!!

恐るべし純正品!!


ナニか代わりになるものがないかと
いろいろと情報を漁っていると。


ありましたよ!

先ほど書いた
ユニバーサルでマルチなリモコンが!


しかも小生が購入したときの価格は

104円!!!!!


 (╬⊙д⊙)はぁ?!

ひゃくよえん!????



しかもこの製品価格は時価と見えて
現在見てみると

36円

ではないかwwwwww



なんじゃそりゃ、
電化製品の値段か、こりわ?




ところが製品レビューを見てみると
中には使えなかったとか
すぐ壊れたといった

ハズレを引いた敗者

もいるが
概ね大部分の方が

使えた!

という。



(´д`)ホントカヨー


まぁ、モノは試し
ダメ元で注文してみることに。


個数は2個にして
カートにいれレジまで進むと

海外からの配送で送料が980円

と言われる。


送料が9倍以上かよww


しかも

7月15日(土)に注文して
到着は8月14日(月)までにお届け
とか

どんだけアバウトやねん!!

『配送業者:China Post』

さすがは大陸気質!!!!


あまり当てにせず気長に待つことに。


7月20日(木)に
『商品が発送されました』
のメールは来たが
その後しばらく音沙汰なし。

一週間ぐらい経過したか、
忘れた頃にポストに簡易な包装の小包が。

包装の写真は撮り忘れたが
思わず中身はひとつか?
と思ったぐらい小さな包み。


開けてみると
ちゃんと2つ入ってたわw


既存リモコンとの対比。


DSC_3578


写真ではあまり違わないように見えるが
実際には
けっこう細身で厚みは増している。


さて、万能リモコンとはいうが
どのような仕組みで
どのようにして設定するのであろうか。

実はこのリモコンには
ホントに1000種かどうかはわからないが
世界各地で販売されている
いや、過去に販売されていたものも含め
ほぼ大多数のメーカーの
ほとんどの機種のリモコンの
赤外線パルスパターンが
詰め込まれていて

それを番号で指定すると
リモコンが使えるようになるのである。

さすがはパクりの天才、かの国!!

だがそのおかげで
このような恩恵にあずかれるのだ。

あまり悪口を言っている場合ではない。

製品には申し訳程度の
 A5サイズぐらいのペラい説明書 
が付いているが
説明は英語である。

もっとも、大したことが書いてあるわけではない。

もし解読に困ったら

ぐーぐる先生

Google-sense02
(また拾ってきました・・・・)


お伺いを立ててみれば
たちどころに解決することであろう。


簡単に説明すると
以下のようになる。

まずはエアコンの電源を切り
リモコンに電池を入れたら
左下の「Set」ボタンを長押しする。

すると液晶パネル右下の数字が
カウントアップし始めるので
エアコンが

『ピッ!』

といって反応し電源が入るまで
ひたすら待つ。

カウントアップは1秒で一つずつといった
割と緩慢な動きで変わるので

「え~これ999まで待つのかよ~(´д`)」

と鬱になりかけていたその時。

『ピッ!』



(; ̄ェ ̄)え?!

マジか?


まだ036とかなんですけど?

温度上下のボタンで数字は上下できるので
036
に合わせて電源ボタン等を操作すると
なんと操作できるではないか。

この状態で右下の『OK』ボタンを押すと
設定は完了である。


その機種独自のキー
(拙宅のリモコンでいえば『パワフル』等)
の置き換えはないが
基本的な

ON/OFF
風量
風向
冷房/暖房のモード切替
温度調節


は可能である。


いや~、まさか使えるとは思わなかったよ~
Σ(´∀`;)




同じようにリモコンが壊れて難儀している諸氏
騙されたと思って注文してみることをオススメする。


なお、当件に関し
小生は一切責任は持てないので
各自の自己責任にて

オトナな対応をお願いしたい。


そんな投げやりな製品レビューはさておき。




お盆休み

しゅ~りょ~

 (* ̄人 ̄)
ナムナム



なんと今年の夏休みは

12連休!!

・・・・であった。



終わっちゃった
(´;ω;`)



これほど連続で休んだのは
入社以来初めてかもしれない。

まぁ、昨年の夏
夏休みどころか土日含め
ほとんどまともに休みがなかったからな。
(ノ∀`)



そんなわけでお盆明け。

一発目の麺

ガツンとトンコツを注入
しようではないか。

根拠はないけど。


というわけでやって参りました

麺食堂TaRa。

DSC_3586


をを!!

駐車場もいっぱい
店内もいっぱいではないか。


なんとか1台分駐車場が空いていたので
入店。


券売機で食券を購入!

とここで手が滑って

『やさい』のキーを押すところを
『ねぎ』を押してしまう。

注文時に『やさい』に変更してもらったけどね。
Σ(´∀`;)


つい先日、ご店主中馬さん
体調を崩して入院されていたと
Facebookで情報を入手していた。

しかし、この8月14日(月)から
営業を再開されたとのこと。

いやー、体調管理、大事。


さて、5分ほど待った後
カウンターへ。

DSC_3582


例によってダイコンの漬け物をポリポリ。


しばし後、来ました!


DSC_3583


あいかわらず
あふれんばかりの愛情スープ。


ではいただきます。

スープをひとくち。

DSC_3584


こってりとはいいながら
決して油ギトギトなのではなく
表面に浮かんだ油がややオイリーなだけで
スープは至ってスッキリとまろやか。

麺の食感もキュコキュコとよい。


このところ月替わり麺
新メニューにラインナップされた
かま玉まぜSOBA
などばかり食していて
オリジナルラインナップのこってり
久しぶりか。

昔と較べると
ややパンチは少なくなった気がするが
それでも十分にウマい。

するっとさらっと
ごちそうさまでした。


DSC_3585


前回うかがったときに聞いた
新開発中の太麺
それを使ったつけ麺などのメニューも
楽しみである。

 (* ̄ー ̄)


今後も要注目である。