バイオリズム


をご存じであろうか。


biorhythm



バイオリズム(英: biorhythm)とは、
「生命」を意味する bio-(バイオ)

「規則的な運動」を意味する rhythm(リズム)
の合成語で、
生命体の生理状態、感情、知性などは
周期的パターンに沿って変化するという仮説、
およびそれを図示したグラフである。

[Wikipedia 2017/09/07 採取]



各リズムは、誕生日を基準とする
同じ振幅の正弦波
として表され、
身体リズムは23日
感情リズムは28日
知性リズムは33日

の周期をもつ。

つまり、誕生日をゼロスタートして
それぞれの周期をグラフに表したもの
が上図である。


グラフの上半分に波があるときは高調期
下半分にあれば低調期
そしてゼロの時が不安定期となる。

つまり、ゼロの部分が要注意日で、
上は小生のバイオリズムであるが


9月17日(日)ごろから9月20日(水)まで

10月2日(月)ごろから10月3日(火)まで
要注意日なのである。

:(;゙゚'ω゚'): 


すいません、休ませていただきます・・・・



かつてはこのバイオリズムが
占いとして大流行
ネコも杓子も
イヌも柄杓も

これを信じたものであるが
その後占いの種類も多様化したため
すっかり姿を見なくなったな。

高校時代の文化祭などで
黎明期のパソコン
(PC-8001とか)
でバイオリズムを計算し
連帳用紙に
ドットマトリクスプリンタで印字し

配布してあげる
というのが人気のコンテンツであったなぁ。


そんなイニシエの
パソコンオタクな
おっさんの回顧録
はさておき。



本日は朝から
晴天なのに突然
一天にわかにかき曇り
雷鳴轟き土砂降りになったりと

病んだり腫れたり

いや

止んだり晴れたり

慌ただしい天気の一日。


そんな日の昼食は
駐車場にクルマを止めても
あまり歩きたくない。
(-""-;)




ということでこちらへオジャマしました。


憩酒家たっちゃん


DSC_3778

DSC_3779




鹿児島市電の
高見馬場電停と加治屋町電停の中間
あたりに位置する。

地理的には天文館にもほど近く
周りにはホテルや学校などもあり
賑やかな場所かと思いきや
意外と閑静な住宅街だったりする。

夜の居酒屋では
散々お世話になっているのであるが
ランチタイムの訪問はお初
でござる。
(´-ω-`;)ゞ


毎日のランチのメニューを
欠かさずFacebookに上げており
それを見るのも楽しみであった。

BlogPaint


だいたい毎回、
魚メニューや肉メニューを中心に
ガッツリ系の献立が並ぶのであるが
時々

麺メニュー

がラインナップされるのである。


これは行かねば!

と常日頃から思いつつ
今日になってしまいますた・・・・Σ(´∀`;)

いつも夜伺うので
クルマのことを気にしたことはなかったが
はて、近くに駐車場はあるのかしらんと
たっちゃんママにメールして聞いてみると
店の横のコイン駐車場
に停めると
駐車券をサービスしてくれる
というではないか!


イソイソと向かいましたがな。

幸いにして駐車場に空きがあり
ほとんど濡れることなく店内へ。


カウンターへ。

憩酒家たっちゃん #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



本日のメニューは
店外にも掲示してあったが


DSC_3777



A サクッとふわっとアジフライ
B 選べる焼き魚
い 銀 鮭
ろ サ バ
は 秋刀魚

C (デパートにも負けない)
黒豚とんこつスープの
五目あんかけ皿うどん

というラインナップ。


実は今期はまだサンマを食していないので
ハゲしくサンマに後ろ髪を引かれながらも
皿うどんをオーダ。


この雪辱はいずれ果たさねばなるまい。
(。-`ω-)!


じゃぁサンマ頼めよww




ここでいう
(デパートにも負けない)
とは、鹿児島唯一にして不動の地位を誇る

ふるさとのデパート
山●屋


BlogPaint


のことかもしれないが
コワいのであえてスルーで。
:(;゙゚'ω゚'): 



周りの方々も
意外と多くの方が皿うどんを注文している。


ん?

待てよ?



皿うどんはてっきり単品かと思っていたが
周りの方々の食卓を見ると
ごはんやみそ汁が・・・・


定食なのか?



とか思っているうちに
さっそく運ばれてきたのは

小鉢にみそ汁にお漬物としてキムチ。

Σ(´∀`;)

あーこりゃ、完全に定食ですね~


そしてキタ、どん!!

DSC_3773


五目あんかけ皿うどん~(*゚▽゚)ノ


うをー!

なんか具が豪華!!


プリップリとした大ぶりのエビが
3匹!!


うずらのたまご入り!!

野菜は
オクラ
ニンジン
キクラゲ
モヤシ
シメジ

などなど。

そしてご店主が

「ごはんも付きますけど
普通についでよろしかったでしょうか?」



あ、んじゃよろしくお願いします。


どん!!

DSC_3774


いや、ホントフツー盛りだし!


実はこの店、
鹿児島ユナイテッドFC
をはじめとした
鹿児島のアスリートたちのために

日夜サポーターとして
栄養面から精神面まで
面倒を見ているお店なのである。

よって、メニューもボリュームも
ガチ大盛り
なのである。


では、ありがたくいただきます。


DSC_3775


たっぷりととろみ餡のかかった
五目の具を絡めつつ
パリパリの麺を。


ンマイ。

しゃっきり野菜に
程よい塩加減の餡。

麺は細い揚げ麺のため
すぐにしんなりとなるが
それがまたよく餡と絡んで
どんどん食が進む。


小鉢はつみれの煮物。

これもウマし。


ワシワシといただきました。


五目のうずらのたまごは最後まで残しておく派。

最後に残った餡とともに
キッチリと完食。


ごちそうさまでした。


カウンターなので
時々手の空いたときに
たっちゃんママと会話ができた。

時々麺メニューが出現するのは
実は

 黒豚カレー 

のスープを作らんがためなのだという。

たっぷりと寸胴でとんこつを仕込むため
カレーに必要な量以上できてしまうので
その分を麺メニューに回しているのだと。


なるほどー!
( ・∇・)



逆転の発想であるな。


よって、カレーを仕込むタイミング
麺メニューが出現する
というわけか。


勉強になりましたー。



食後はセルフながら
ドリンクバーがある。


DSC_3776


コーヒーまでしっかりと
いただいてまいりました。
(●´_ _)ペコ



いやー、これで
ごはんもみそ汁もお替わりできる
というのだから
人気があるのも肯ける。

充実しすぎww


本日は天気が悪かったため
客足は少なめだったらしいが
普段であればもっと混雑していたことであろう。


次はサンマだな!
( ・`ー・´) + キリッ



それネタにならんしww