今年の桜島は当たり年。


sakurajima_wind

DSC_6170


盛んに噴煙を上げ
鹿児島市街地その他に
バカスカ
 灰 を降らせている。


例年温かくなると
風向きが東寄りになって
鹿児島市街地に向けて灰が降るのは

織り込み済み

の事態である。

しかし今年はさらに

桜島南岳

が噴火しており
それゆえ

噴火の空振が鹿児島市内でも聞こえる

ようになった。


昨年までは噴火は多かったとはいえ

昭和火口

と呼ばれる桜島東側斜面にある
火口での噴火だったため
鹿児島市街地からは裏側に当たり
よって 空振 も感じることはなかったのである。


しかし南岳の噴火となると
山頂での噴火であり
 空振 は全方位に響き渡るのである。


音までは聞こえないが
窓ガラスやドアなどが

ばふっ!!

と風圧を受けたようにたわみ
 空振 があったことを知るのである。


今年の鹿児島は

明治維新150周年
であり
各種行事も目白押し
さらには
NHK大河ドラマで

西郷どん

も放映中であり

鹿児島フィーバー

であることは想像に難くない。


今年鹿児島に来るならば

灰の洗礼も
桜島の噴火による空振も
タヒぬほど暑い夏も


もれなく堪能できるので
ぜひ鹿児島にお越しいただき
その迫力を体感していただきたい。



あ、桜島の噴火など
日々の生活のホンの一コマであって
地元の民の関心は
噴火があったかどうか
ではなく

桜島上空の風向きがどちらであるか

しかないことを申し添えておく。


いちいち噴火なんか気にしませんがな。
Σ(´∀`;)




そんな大らかな南国気質はさておき。





先日とある
閉鎖的なFacebookコミュニティに
ある投稿がなされた。


BlogPaint


鹿児島中央駅西口から
ちょっと離れた場所に
隠れ家的雰囲気で営業中の

 地肴居酒屋 青山 


DSC_6177




の青山さんが
とある知人からそそのかされ
新たに醤油ラーメンを開発したのだという。




・・・・それ小生じゃん。
(*´・ω・)




ということでイソイソと
確認しにやってまいりました。

地肴居酒屋青山 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




雨降りのため
客足は鈍く
先客ナシに後客一組。


当然のことながら
メニューには記載がないので
山椒風味と胡麻味から

山椒風味をチョイス

してお願いする。


待つ間に付き出し。


DSC_6174


今回はキビナゴと根菜のきんぴら?
的な煮付けであった。


これはこれでオモシロい。



さて待つことしばし。


来ました。


DSC_6175


ズッキーニが目を引く。


ズッキーニというもの
最近はスーパーなどでフツーに見かけるが
以前はかなり特殊な野菜であった。


ではいただきましょう。


スープをひとくち。


DSC_6176


ふっと香る魚介の風味
スープ由来もあるが
表面にパラリと振りかけられた
魚粉の効果も大きかろう。


なんとも柔らかく
ほっこりとする醤油味。


胡麻の風味も強く
さらには山椒も香る仕立て。


青山さんに聴きそびれたが
醤油はどこの醤油であろうか。

さほど甘さは感じず
かといって塩っぱさが尖っているでもない。

「一般的な醤油ラーメンの約半分の塩分の醤油ラーメン」

と言われているように
味付けに醤油を使用しているのではなく
風味に醤油を活用している
と言った感じであろうか。


昨今の新店のラーメンが
味を重ねていく

足し算

とすればこちらは
不要なものを取り除いていく

引き算

の味であろう。


他にない味。



ごちそうさまでした。



特に大盛りにもせず
ごはんや白焼きおにぎり等も足さなかったので

#服が縮む

心配もない。
(↑妄信ww)



シンプルイズベストなラーメン
はコチラでお試しのほど。


なお、当醤油ラーメンについては
ごくごく限られた範囲での公開であり
今後のメニュー化については
月一などでの限定販売など
考慮中であるとのこと。

こっそりと青山さんに

「醤油ラーメンできますか?」

と聞いてみていただきたい。