この梅雨時期に
昨年も誌したと思うが

フロントガラスに撥水処理せずに
走っているのは自殺行為


であろう。


詳細は昨年の下記の記事をご参照いただきたい。


日替わりよくばり唐揚げセット 麺屋きんのむぎ(2016/06/30)



書きたいことはほとんど書いてある。



ほんの少しの雨でも
フロントガラスに水滴が付くと

基地外のようにワイパーをかけて
ウマシカのように窓を拭って
しかも走り出すと前が見えず
オドオドと低速走行
後ろのクルマからドヤされる

という愚か者が多数見受けられる。

撥水処理をしたフロントガラスと
してないフロントガラスは
視界のクリアさがあまりにも違い
ハッキリ言って撥水加工してないクルマなど
絶対に雨中で運転したくない。


しかも、昨今鹿児島では
桜島の活動が活発で
降灰に見舞われることも多いが
撥水加工したフロントガラスは

降灰の付着も少なく
走り出せばさらっと吹き飛び


なんの問題もない。

もっとも、二度三度と
降灰の洗礼を受けていては
撥水加工の効果も落ちるので
時々加工し直しや
撥水剤塗り足しなど
適宜メンテナンス

は必要である。


とにかく
撥水加工してない場合は
とっとと加工したまえ。


 ヒトを轢く前に!!!! 



そんな昨年のマクラを引用した
お手軽マクラネタはさておき。




昨年、一昨年は
小生の会社からはビミョーに遠い距離ながら
足繁く通っていたのに
最近はすっかりご無沙汰であった。


麺屋剛


DSC_6325




中州本通りと城西通りの
交差点近く。

太陽ヘルスセンター1階。


駐車場は店の前に5台分、
さらには隣接のコイン駐車場でも
補助してもらえる。


さて、店内へ。


麺屋剛 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



12時10分頃と
まだ少々早めの時間だったゆえ
この時点では先客は1名。

しかし、その後ドヤドヤと入店
店内は賑わっていた。


さて。


DSC_6320


昨年、一昨年と結構な回数通ったのは

限定麺



チャレンジメニュー
(主に野菜マシ)

が次々に企画されていたため
ついついそれに乗せられてのこと。

『限定』という言葉にヨワいww



よって小生の中では

限定麺やチャレンジメニューのお店

という
間違った認識
が擦り込まれてしまっていた。


その後、野菜マシに関しては
鹿児島でも珍しくなくなり
限定麺にしても最近は
あまり積極的に提供されなくなったので
ついついウォッチング頻度
落ちてしまっていたのだ。

いかんいかん。


限定やイベントに頼らなくても
フツーにウマい店なので
フツーのメニューも。


ということでメニュー拝見。


よしよし。


今回は

 濃厚味噌豚骨 



もやしキャベツ盛り中盛り

でお願いしようぞ。


もうムリをしての
もやしキャベツ大盛りとか

特盛りとか


もうそんなの卒業した。
 (* ̄ー ̄)



・・・・昼から眠くなるしww


「ニンニクと背脂は入れますか?」

と聞かれた。


そうであった。

もやしキャベツ盛りをオプションで付けると
ニンニクと背脂も増しになる
のであった。

まぁ、昼から客先の予定もないので

「あ、お願いしますΣ(´∀`;)」

社内でメーワクなヤツ


待つことしばし。


来ました!


DSC_6322


中盛りで十分じゃないのwwww


ではではいただきます。


スープをひとくち。


DSC_6323



甘い。


背脂野菜由来の甘さであろうか
とにかくスープが甘く感じる。

なんともまろやかなスープ。


甘めの味噌の味は
押しは強くなく
あくまでスープのベースを支える役割。

飲み口もあっさり。

『濃厚』と謳うものの
ごくごく控えめである。


スープの表層が冷めて感じるのは
たくさん乗せたもやしキャベツのせいか。


ドンブリは最後の底まで熱く
スープもアツアツだったので
野菜により冷えてしまうのであろう。


上に乗ったニンニクと背脂
早々にスープの中に落とし込み
混ぜておくのが吉。


麺は中太のストレート
パッツリとキレもよく
かつスープの持ち上げもよいという
絶妙の茹であがり。


中盛りなのに
食べても食べても減らない
もやしキャベツww



ワシワシと咀嚼し
ようやく制覇!
(=゚ω゚)ノ



DSC_6324


ごちそうさまでした。


満足満足。
満腹満腹。



さすがの実力店。


お試しあれ。