蕁麻疹体質

しゅ~りょ~~~~
(* ̄∇ ̄)ノ♪



前回の日記で

サケの飲めないカラダになってしまった・・・・


と誌した。



だがしかし、実は
ちゃんとサケは飲んでいた
のである。


晩酌としての焼酎のお湯割り
さすがに発疹が出て痒いので
遠慮していた次第であるが
代わりに飲んでいたのは緑茶


これをがぶがぶ飲んでいたモノだから
寝ようと思っても

カテキン効果か
(違げーよ、カフェインだよww)

目が冴えて寝られない。


こんな時は

ナイトキャップ

ですよ!
(=゚ω゚)ノ



night-cap




Σ(゜∀゜;ノ)ノ

そっちではなくて・・・・



寝酒(ねざけ、英: Nightcap)は、
就寝前に酒を飲む行為。

または、そのときに飲む酒自体を指す。

[Wikipedia 2019/01/10 採取]



そう、眠れないときは

ウイスキーをラッパ飲みで
口いっぱいに頬張って
しばし味を堪能したのちに

グビッ!!!!

と飲み干し
脳髄がシビれたところで
すかさず寝るというワザである。


通常のスピードでアルコールを摂取していては
肝臓のアルコール分解TCAサイクル
によってソッコー分解されてしまうので
急速にかつ適量に
アルコールを注入する必要があるのだ。


これで、バタンキューなわけである。


いやぁ、よく寝たなぁ。


ちなみに朝まで爆睡するので
その間に蕁麻疹が出たかどうかは定かではないが
痒くてかきむしった跡もないので

大丈夫なんじゃね?
(*´・ω・)




そんなわけで発症4日目にして
焼酎のお湯割り
にも手を出してみたが


無事でした~
ε-(´・`)





そんな禁酒にもなってない
日常の一コマはさておき。
(お騒がせ致しましたww)





自宅のご近所シリーズ第二弾。


ラーメン酒場 奏や


DSC_0266




以前は天文館から移転してきた

とん八

という店であったが、オーナーが変わって

ラーメン酒場 奏や

としてオープンした店。


ナガハマらーめん!とん八(2011/08/10)


とん八時代に訪れたのは
もう8年も前なのか・・・・(´д`)


実はこの奏やになってから
夜の宴席に一度訪れたことがある。

この店のオーナーの女性も同席する
とある会合の一次会であった。


ランチタイムに訪れるのは
この店になってから初めてのこと。


ちなみにとん八時代と同様
駐車場は店のはす向かいに二台分。


DSC_0265


以前の記事にも書いたが
小生の実家
はこの至近であった。


よってこのあたりの昔の姿を憶えているが
この店はかつて

ちんけおばさんげー
(小さなおばさんの家)

と呼ばれる野菜その他を売る店であった。


小学生頃であったか
当時の小生から見ても小さなおばあさんが
営む店がココであり

「ちんけおばさんげーで
豆腐となすびを買ってきて」

などとお使いを頼まれたものであった。


まぁ、半世紀ほど前のハナシですわww


この店の骨格は当時のそのまま
外装を小綺麗にはしているモノの

全く建物としての外観は当時のまま。


さて、入店。


入口には3席ほどのカウンターがあるが
そこは先客によって埋まっていたため
致し方なく一人で奥の座敷へ。


DSC_0258

ラーメン酒場奏や #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



メニューを。


DSC_0256


以前からこの店の前を通りながら
気になっていた

牛すじラーメン

をオーダ。



ちなみにこちらはウラ面の夜のメニュー。


DSC_0257



昼のメニューをよくよく見てみると

ビューティーフォー

とか

ガテン豚骨ラーメン

とか
ちょっとソソるメニューが。


ちなみに女性オーナーの店らしく


DSC_0262


美容系ドリンク

のメニューもある。


さてさてそんなうちにラーメン来ましたよ。


DSC_0259


ばばーん。


ふんわり薫る甘辛い醤油の風味。


では、いただきましょう。


スープをひとくち。


DSC_0261



ほうほう。


こういう仕立てか。


牛すじを煮込んだ甘めの味付けのトッピング
対照的にあっさりさっぱりとした醤油のスープ


ベースは牛骨スープなのであろうか、
スープ自体に甘みを感じる。


全体的に
甘くないわけではないが
甘さ控えめの醤油ラーメン
といったところ。


麺は博多ラーメン由来の細麺


スープの持ち上げもよく
かつ芯を残した固めの茹であがりにて
このスープとの相性もよし。


半茹でキャベツのザクザク感、
シャクシャクのモヤシもよろしい。


牛すじはとことんまで煮込まれ
クチビルでかみ切れるほどの柔らかさ。


一緒に運ばれてきた柚子胡椒
スープに溶き入れてみると
この味変もまた楽しい。


DSC_0260


いやぁ、するっと完食してしまったぞ。


ありゃ?
食後の写真がないなww

撮り忘れた模様。



辞する際に先客が帰ったあとのカウンターと
調理場の一部。


DSC_0263



おっ!?


新作ラーメン
が出るのか?


DSC_0264


 トマトチーズラーメン 


これがラインナップされる日も近かろう。


次回は

ビューティーフォー

beauty-paire
(それはビューティーペアww)


にも興味があるが

ガテン豚骨ラーメン

にも惹かれるところ。


もちろん

 トマトチーズラーメン 

にも!



再訪せねばなるまい。
(・`ω´・。)