以前、

日本酒の3リットル入りのモノを購入した

と誌した。


柑橘の恵みのカボスラーメン!海の恵みの潮ラーメン青山(2018/11/27)


こちら、いたって軽めの飲み口
するっとさらっと空けちゃった
のであるが、この後任として

少し奮発して

同じ菊水3リットルパックの
【大吟醸】


をオーダーしてみた。






こちらもツルリと行けちゃう
キケンなサケであったが、
どうにも大吟醸というヤツ

ケレン味の強い吟醸香が鼻につき

価格が純米酒に較べて倍近くするというのに
今ひとつピンとこなかったため
現在は再び純米酒に戻った。


純米酒は確かに大吟醸に較べれば
ごくごくフツーのサケであるが
家で一人で飲むサケなど
こんなモノで十分であろう。






そんな再び酒が飲めるようになった
酒の消費が早いヨッパライのつぶやきはさておき。



nekozake
ぐで~~~~~~






正月ビンタ

にと思って髪を切ったのが12月初頭であったため
1月中旬にしてすでに

やんかぶってきた

ため髪を切りに与次郎ヶ浜へ。


小生のザンギリアタマの散髪など
1080円のスピードカットにて
十分である。


さて、ビンタを
摘ん散らかして
時すでにお昼時を過ぎておる。


どこかこのへんでお昼を、と考えていると。


やぁ、ここにしましょう。


DSC_0281


 中華飯店 隆華園 


サンロイヤルホテル側にかけられた
与次郎ヶ浜名店街
のカンバンには
すでに撤退してしまった某店の名も。


DSC_0282


某店は
鳴り物入りで与次郎ヶ浜に進出
その後だんだんと客足が落ちたところに
火事騒ぎを起こしてここから撤退
その後鹿児島市役所斜め前に移転したが
そちらも先日店を閉めて
鹿屋市に引っ込むご様子。


某バカ騒ぎに踊らされて
人気のほどを見誤り
経営判断をミスった結果か。


他の店がこの二の舞にならぬこと
祈念する次第である。



さて、そんなことは関係ない。


昔からキチンと誠実に経営を続けているお店。

DSC_0280

DSC_0279


さて、入店。


13時頃になっていたため
客はまばら。

テーブル席へ通される。


隆華園 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



この店は初襲ではないが
前回訪問したのはいったい何年前であろうか。

日記に残していないので定かではないが
10年は下らないのではなかろうか。


さて、店外のメニューやショーケースで
オーダーは決めてきた。


チャンポン(黒豚とチンゲン菜の)。


DSC_0273

DSC_0274


野菜は全般的に好きであるが
このチンゲン菜というヤツ
シャクシャクとした歯ごたえと
ほどよい苦みにて
好みの野菜である。


まず運ばれてくるのは
緑茶冷水
タクアンおしぼり


この、緑茶と冷水どちらも運ばれてくるのは
なかなかにうれしい。


以前は、この斜め前にある

ざぼんラーメン

でも冬場はそうであったように思うが
現在は冷水のみの提供。

もちろん、所望すればお茶も出してくれるようではある。


さて、じっくりと煮込まれたのか
少々時間長めの待ち時間ののち
チャンポン来ました。


DSC_0276


おお~アツアツで湯気がww


ではでは、さっそく。


スープをひとくち。


DSC_0277


まったりポッタリとした見た目から
味噌味ベースなのかと思いきや
いたってあっさりとした醤油の味付け。
優し目の調理である。


スープが豚骨の白湯
これがかなりラード分を含んでいると見える。

相当な乳化度合である。


野菜はしっかりクタクタに煮込まれており
残念ながら小生の求める
チンゲン菜のシャクシャク具合
には遠かったが
全体的には渾然一体となったスープで
これはこれでウマい。


麺は、一般的なチャンポン玉ともちょっと異なり
密度感はあるがスベスベ
かなり柔らかに煮込まれている。

しかし、これ以上は時間が経っても
柔らかくはならないようだ。


『体にやさしいかごしまメニュー』
登録5号店ともあるように
鹿児島市の健康づくり推進課
の監修を受けたバランスメニューであるようだ。


あっさりとした味わいの中にも
コクのある味付けにてごちそうさまでした。


DSC_0278


満足満足。


ちなみに駐車場は隣にあるが
なぜかいつも満車で
表に路駐する方も多いが
まわりにはたくさんの駐車場があるので
さして困らないであろう。


古くからの中華飯店。


お試しあれ。