もう一年近く前になるだろうか。

とある席で
人前で話す機会があった。


タイトルは。

麺喰道プレゼン-01

宗主、14年間かくしてネット社会で生き残りけり


当blogをはじめて14年
(今年はすでに15年超ww)

いかにして続けたこられたのか
について
1時間半ぐらい(?)
喋り倒してきたのであった。


以下、その時の資料を
テキトーに貼っておく。


麺喰道プレゼン-02

まずは自己紹介
(実はここでもうちょっとネタを入れていたが削除ww)


麺喰道プレゼン-03

麺喰道プレゼン-04

麺喰道プレゼン-05


ちょっとした経験則からの小ネタ。

麺喰道プレゼン-06

麺喰道プレゼン-07

麺喰道プレゼン-08

麺喰道プレゼン-09

麺喰道プレゼン-10

マーケティング理論とかも
それっぽく入れてみたり。

麺喰道プレゼン-11

麺喰道プレゼン-12

麺喰道プレゼン-13

麺喰道プレゼン-14

麺喰道プレゼン-15

麺喰道プレゼン-16

麺喰道プレゼン-17

麺喰道プレゼン-18

麺喰道プレゼン-19

麺喰道プレゼン-20

麺喰道プレゼン-21

麺喰道プレゼン-22

麺喰道プレゼン-23

麺喰道プレゼン-24

麺喰道プレゼン-25

麺喰道プレゼン-26

麺喰道プレゼン-27

麺喰道プレゼン-28


え?どうして15年も続けられているのかって?


それは

辞め時を見誤っているだけ

ですがナニか?


そんな画像を貼っただけの
手抜きマクラはさておき。




ずいぶんと長い間
(小生の感覚でww)

訪問できていなかった


麺食堂TaRa。

DSC_1881




ワタシの日記が確かならば
(もうええっちゅーの)

前回の訪問は3月。

麻辣こってり豚SOBA in 麺食堂TaRa(2019/03/15)


もう3ヶ月も訪問できていなかった。


もちろん、この間にも
何度も訪問しようと店の前までは来ている。

しかし、近隣で大規模な工事が始まり
その現場からの訪問客が激増したこと
なんちゃらイベントの効果で
知名度が一段と上がって
来客が増えたことなどから
いつ来ても駐車場は満杯
店外にも待ち客が入店待ちをしている
という状態であり
毎度毎度断念していたのである。


DSC_1882


店の前からの景色も
現在は右手の高層マンション一棟であるが
その左側に次から次へと
いくつも伸びるが立ち並ぶことになっており
様相が激変する
ことが予想される。


kiramekiterace
(クリックでリンク先記事へジャンプ)


キ・ラ・メ・ テラス』


・・・・(´д`)



ネーミングはアレだが、
とんでもなく大規模な
再開発になるのは間違いない。


まぁ、そんなわけで
すっかり入店しづらい店となってしまった。

私的ヘビロテ店だったのに。
(´;∀;`)


そんなわけで、今回もあまり期待せず
次善の策を考えながら来たらなんと!

たまたまタイミングよく
1台分の駐車場の空き。

そして店内にも待ち客なし
カウンターにも席があるという
ヒジョーに僥倖な状態。


さて、券売機へ。


DSC_1874


なんと!!

突発限定
淡麗鶏つけSOBA

をやっているではないか!!!!
(οдО;)


久しぶりなので
こってりにでも行ってみようという
腹づもりであったが


 限定 

と書かれて頼まないわけにはいかない。
(・`ω´・。)


ポチッとな。


DSC_1875



当然、野菜増しはデフォルトである。


DSC_1877


運ばれてくるダイコンの漬け物の他に
センターカウンター(?)にある
辛しもやしも取ってくる。


DSC_1876


その他、
紅ショウガや刻みニンニク
も置かれているので
お好みに応じて。

麺食堂TaRa - Spherical Image - RICOH THETA



カウンターに座り待っていると
あとから後から来客があり
入口のベンチに待ち客多数。

やはり、絶妙なタイミングだったようだ。


なんだか最近、
まわりでラーメンを食べている方々が
フツーにラーメンの写真を
撮っているぞ。


まぁ、頭の上に
ちょんまげTHETA
(360度全天周カメラ)
を構えている方は観たことがないがwwww


さて、来ましたよ!!


DSC_1878


たっぷりなつけダレ
麺の量も多そうであるが
さらに野菜増しにしたことで
より一層のボリューム感。


では、いただきます。


まずは麺をガシ!と箸で掴み
ザンブとつけダレへ!


DSC_1879


ずぞぞぞぞぞぞぞぞぞぞぞぞぞぞぞぞッ!!


ノドの奥から
あやうく鼻にネギが入って
むせてしまうところであった。

あぶない、あぶない。
┐(  ̄ー ̄)┌


口いっぱいに頬張った麺に
しっかりとした味付けの
ちょっぴり酸味を感じるつけダレ
淡麗ながら濃厚に絡み
(よくわからない表現ww)
スルスルと胃の腑へと落ちてゆく。


ウマウマ。
(^q^)




鶏ダシ魚介も薫り
醤油ベースということもあって
和のテイストを感じつつも
ちょっぴり酸味で締めるという仕立て。


麺はそうめんのように細いが
冷水で締められて
コリコリとした歯ごたえが心地よく
ノドの滑りもよい。


ノーマルの状態でかなり麺多め。

そこにさらに野菜も増しているので
すっかりお腹いっぱいになりました。

ゲーフε-(´・`)


ごちそうさまでした。


DSC_1880


最後はスープ割りをお願いしたいところであったが
ただでさえ来客が輻輳していて
バタバタとした厨房。

このままつけダレをいただいても
十分そのまま飲める。


いやぁ、満足満足。


次こそはレギュラーメニューをww