ヘッドホンを変えてみた。


SBH82D_H_01

 ソニー SBH82D 


イマドキのスマホには
イヤホン端子が存在せず
音楽を聴こうと思ったら
Bluetooth対応の機器が必須
である。


以前、
左右独立式中華ヘッドホン
を購入したと誌したが
それから1年弱での浮気。

惜別カウントダウン。農協会館地下大食堂(2019/03/10)

記事は今年の3月だが
中華ヘッドホンを購入したのは
昨年の8月のこと。

音楽を聴くという用途で考えれば
特に問題はなかったのであるが
何点か気になることが。


そもそも、歩きながら聞くような
ながら音楽用のヘッドホン
カンドーするような音質
は求めていないのである。

しかし、完全密閉式
(耳栓タイプ)
だと
歩きながらのリスニングなどでは
外音が遮断されてしまって
後ろから近づいてくる
クルマや自転車に気づかなかったり
街中のアナウンスなどが聞こえず
慌てて耳栓を外したりと

けっこう不自由なのであった。


危ないし。
(ㆀ˘・з・˘)


そういったわけで
以前

JVCマルチライブモニター

なるものを購入して使っていたのであるが
しばらく使っていないうちに
充電ができなくなってしまい
使用不能になったためにお蔵入りに。
(つд`)


あたたた!北斗ラーメンの北斗セット『味噌』(2017/05/30)



小電力の充電式機器にありがちな
充電できなくなるという
致命的な障害で使えなくなったが
これは
外音をマイクで拾って
音源の音とミックスして再生する
という
少々手の込んだ仕組み
であった。


その後、ソニーから
全く異なったアプローチながら
外音を取り入れながら音楽を聴くという
最終的な目的は同じ

Xperia Ear Duo(XEA20)


XEA20

という製品が発売されていたが
お手軽に聞くには少々値が張り
紛失や故障などで
被る精神的ダメージも大きそう
だったので
購入を躊躇していた。


仕組みとしては、
耳の穴は塞がずに
その横から細い管で
耳の中に直接音楽を聴かせ
まわりの音はそのまま聞こえる

というシンプルなモノ。


それがこの6月に
新製品として今回の

SBH82D

が発売されたのであった。


お値段Xperia Ear Duoの半額以下。


ケーブルの取り回しから解放される
という意味では
本体を首にかけて
ヘッドホン部分はそこから
ケーブルが伸びて来るという
スタイルのため
少々制約があるが
スマホとの間にケーブルはないので
あまり問題にはならない。


それよりも実は小生にとっては
切実な問題の解決の一助
となっているのである。


小生、少々内耳が敏感なようで
気圧の変化から来る鼓膜の圧迫感から
三半規管に異常を来し
気分が悪くなって激しいめまいを起こすことがある。

主にノドの炎症などで
耳管が詰まり
耳抜きをしにくい状態の時
航空機内での気圧の変化や
クルマでの坂の上り下り
さらには鼻をかんだ際などにも
この症状が起こり
強烈なめまいで身動きが取れなくなる
ことがあるのであった。

運転中であればクルマを停めざるを得ず
航空機の中などでは
ひたすら耳抜きができるようになるまで
待つ以外に解決の方法がない。

鼻をつまんだりあくびをしたりと
努力はするが
そもそも
耳管が通って耳抜きができるまで
どうにも手の打ちようがない。


実はコレと同じような状態に
密閉式のイヤホンを使っていると
陥ることがあるのである。

耳の穴をイヤホンで完全に塞いでしまうと
イヤホンと鼓膜の間に密閉空間が生じ
そこと内耳側の気圧に変化が生じると
めまいを起こしてしまうのであった。


ほんのわずかな気圧差
で起きる症状なので
このような場合でも起きてしまうのだ。

よって、あまり
密閉式のイヤホンは使いたくなかった
のであるが
今回のイヤホン。

そもそも耳の穴を塞がないので
気圧の変化に無関係で
快適に過ごせるのであった。


それだけでもイヤホンを変えた
価値があったというモノ。


音質に関しては
あまり贅沢は言わないが
それでもソニーが作るだけのことはあって
安っぽい音はせず
ダイナミックレンジも広く
低音もソコソコ響き

耳元で音楽が鳴りつつも
外音はフツーに聞こえるという

なかなかフシギな感覚。


よい買い物であった。
 (* ̄ー ̄)


そんな自己満足のお勝手レポートはさておき。




ふらりと桜島へ。


先日の日曜日。

ふと思い立ち桜島へ渡ってみた。


桜島フェリーは
鹿児島限定の交通カード

ラピカ

のみならずSuicaなどの交通系カード
クレジット系のカードなど各種が使えるように
なったらしい。


市電や市バス
南国交通などの交通機関も
早く使えるようになって欲しい。

あとの一社はどーでもいーけど。



今回はいつも通りラピカを使った。


※今回のトピック

フェリーに乗ったのに
うどんを自制したぞ!!
(。-`ω-)

行きも帰りもww



桜島桟橋のフェリーターミナル
オサレなカフェ
ができているとのことだったが
残念ながらランチはSold Out。


ぶらりと上陸してみる。


ふと見てみると

 『ラーメン』 

のノボリが・・・・


DSC_1913


実は2年ほど前にも
この店『営業中』の看板を掲げたまま
店内にはダレもいなかったという実績があり
今回もダメモトで訪問してみると・・・・


なんと、やっているではないですかww


DSC_1912


桜島地鳥ラーメン

と書かれているが
どうやら店名は

味処

であるらしい。
(あとで調べてみてわかったww)


ちなみにインスタのアカウントもある模様。




DSC_1908


ノボリで隠れてしまっているが

 営業 忠 

と書かれている件については
あえてコメントを差し控えさせていただく。
(。-`ω-)


さて、どこで食べるのかと思いきや
このオープンエアなパラソルの下で
いただくスタイル

であることが判明した。


ここ、桜島なんですけど。

灰、バカスカ降るんですけど・・・・



今回はたまたま風向きがよく
しかも曇り空であったため
カンカン日照りに遭うこともなく
ドカ灰に晒されることもなく
巻き上がる灰に襲われることもなく

オープンテラス(?)
に着席することができたが
なかなかハードルが高い。


さて、メニューを。


DSC_1900

DSC_1901

DSC_1902

DSC_1903

DSC_1904

DSC_1905

DSC_1906

DSC_1907


う~~~~~~む
意外とバラエティに富んでおる。

しかも、

刺身定食

だの

キビナゴ寿司

だの、なかなかにチャレンジングなメニュー。


そんなに集客が見込めるのであろうかと
心配になってくる。



まぁとりあえず頼むよね、ラーメン。


ということでオーダし終わって
まわりを見渡すと


そこは駐車場。


そして寄ってくるノラネコ数匹ww


どうやら
人に慣れているネコと
慣れていないが警戒しながら近づいてくるネコと
絶対に近寄らず遠巻きにしているネコと。


慣れているネコは足元に座って
撫でられるがままにしている。


しかし、栄養が足りていないのか
すっかり痩せこけ
アバラが浮いている。

決して栄養状態も良さそうではない。


ここから少し離れた足湯の周辺には
人に慣れまくってエサもらいホーダイで
丸々と太った怠惰なネコの一群
がいるが
そちらとは好対照である。


オーダを取りに来たおじちゃんと
もう一人おじちゃんが中にいるようで
ナニやら調理をはじめた模様。

すると、薪を焚く香りが漂ってきて
壁の換気筒から
もくもくと煙が出てきた。

どうやら、
薪で調理をしているようだ。
Σ(゜∀゜;ノ)ノ


そのため、まずは火起こしに時間がかかるようで
提供はずいぶんとのんびりしたあとに。


ようやく来ました!!


DSC_1909


ばば~ん!!!!


「桜島地鳥ラーメン」

を標榜しているので
おそらく鶏ガラメインなのであろうが
とんこつも入っているのではなかろうか。


まろやかなスープに
醤油で甘辛く煮た肉
が載っているが
このスタイルといい味付けといい
どちらかというと『大隅系』の部類。


そうか~、いちおう大隅半島側だもんなぁ。


では、いただきましょう。


スープをひとくち。


DSC_1910


予想通りほんのりと甘い
醤油の香り立つスープ。


薪で焚いたからなのかはあずかり知らぬが
若干スープはぬるめ。


そして中太ストレートの
一般的な鹿児島ラーメンの麺
スープに合わせてやや柔らかめ。

でも、これも悪くない。


上に乗った肉も弾力のあるモモ肉
よく味が沁みている。


肉の味が濃いので
ネコに与えるにはどうか
と思われたが
そんなことも言っていられないような
ガリガリな様子に
見るに忍びなくちょこっと分け与える。

しかし、ガッツくわけでもなく
穏やかに食べる様子は
やはりメスネコのそれ。

去勢されていないオスネコ
であれば
ガウガウ
いいながら独占するところであろう。


そんな待ったりとした時間を過ごしながら
ごちそうさまでした。


DSC_1911


わざわざこのラーメンを食べるためだけに
訪れるほどではなかろうが、
桜島に渡った話のネタに
訪れてみてはいかがであろうか。


タイミングが合わなければ
そもそも外で食すことすら困難であろうと
思われるが・・・・


お試しあれ。