いいか?

ちょっといいこと言うぞ?
(パクリ)



インド人ナン食わない。



indian_not_eat_nann



インディアン餅つかない

のパクリ






・ナンはもともと宮廷料理であること

・ナンを焼くタンドール竈が
どこの家にもあるわけじゃない




・・・・ごもっともでございます。
(´-ω-`;)ゞ



そんな最近ちょっとインド料理屋に行った
知ったかぶりはさておき。




当日記blogには

日々ドコでナニを食った

という些末な話題
さも一大事であるかのように
誌しているのは周知の事実である。
(そうか?(゜д゜))


その中で登場するお店
長らく続いているところもあれば
一度登場したっきりで
再訪することなく消えていった店
再訪することすら
忘れてしまっている店
など
さまざまである。



そんな中、このお店。



DSC_2397


なんとも時代を感じさせる
 与次郎名店街 
なる雑居ビルの一角。

その一階の一番道路側のお店。


DSC_2396


 徳記 






当日記を書き始めた当初
何度か好んで通っていたのであるが
その後パッタリとのれんが降りてしまい
以後ずっとお店は閉まったままであった。

だがしかし、フシギなのは
お店がいつまでたっても
そのままの状態で残っていたこと。


ただのれんが掛からないだけ
お店はずっとそのままの状態であったのだ。



ちなみに日記に登場した
最後の記録はコチラ。





(; ̄ェ ̄)

14年前の記事ですが。


それ以前には
日記を始めたごくごく初期から
1年ほどの間に
10回ほど
この店の名が出てくる。

しかし、当時から休みがちであったようで
「店が閉まっていた」
旨の記載が目立つ。


その後前を通るたびに気になって
なんとなく様子をうかがっていたのであるが
14年の間には
時々店に明かりが灯っていたこともあり
まったく閉店してしまっていたわけでは
なかったようだ。


それが、ここ1ヶ月ほど前から

「おや?のれんが掛かっているような・・・・」


先日の夕方ものれんが掛かっており
恐る恐る店を覗いてみると
明かりは灯っていなかったが
テレビの音はしていたのだ。


これはきっと営業しているに違いない。


ということで本日

意を決して

のれんをくぐってみました!!


じゃーん!!


14年前と全く変わらない
14年前からすでに遣れまくっていた店内。


だが、その時間の経過をあまり感じさせないのは
ある程度掃除が行き届いているからであろう。


先客ナシ。
貸し切り。


徳記 - Spherical Image - RICOH THETA



入店時、ご店主は来客があるとは
思っていなかったようで
あわててムギ茶を配膳。


DSC_2395


メニューは手書き
よく見ると各所にいくつも置かれたメニューすべて
それぞれ手書きであるようだ。

DSC_2388

DSC_2389


この文字があるとついつい頼んでしまう

『五目』メニュー。


五目あんかけ焼きそば
五目中華そばがあるようで

五目中華そばをお願いすることに。


ご店主は当時の方と同じ方かどうか
さすがに小生憶えていないのであるが
(ヒトの顔憶えるの苦手ww)
それ相応の年齢と思われる。


丁寧に具材を刻み
下味や衣を付けて炒めたりと
比較的ゆっくりと調理はすすむ。


待つ間テレビを。


DSC_2390


14年の間には
テレビは地デジ化しているはずだが
昔の白黒テレビに色セロハンを貼ったような
アーティスティックな映像。

味わい深いなww


さてさて、調理がすすんだところでご店主から

「麺は固めがいいですか?」

と聞かれる。


「いや、普通でいいですよ~」
と小生。

「私が思う普通でいいですかね?」
とご店主。

「あ、いいです、いいですww」


フシギな問いかけ。

あまり中華料理屋で交わされる
会話ではないような。

何かのナゾ掛けだろうか?

勘ぐりすぎ



以前よほど麺の茹で方にクレームを入れた
客でもいたのであろうか。



さてそんなうちに来ました、
どんっ!!


DSC_2391


あまり見た目は憶えていないのだが
けっこう具だくさんだったようには憶えている。


では、いただいてみましょう。


スープをひとくち。


DSC_2393


以前はもっと濃厚だったような・・・・

と思っていると、あとから
ズズイズイッと
ウマ味が押し寄せてくる感じ。


おお、この味じゃ!!

当時は
『バターを溶かし込んだような』
と記憶している独特のコクとウマ味


アブラっぽくはないのであるが
何ともフシギな風味。


麺はフツーでお願いしたが
やや固めに茹で上がっており
アツアツのとろみスープとの
相性はバッチグー。
(昭和かww)


プリップリの海老やイカ
たくさんの野菜。



ちょっぴり味は濃いめなのだが
14年間この味を憶えていた。


いやぁ、感激だなぁ。
(*´ω`*)


会計の際に
「ずいぶん長いこと
お店休まれてましたよねぇ」

と話しかけるとご店主、
かなり長い間入退院を繰り返していて
その間店を開けることもあったが
ずいぶんと長い間休んでいた
もう辞めようかとも思ったが
ボケるといけないのでまたお店を始めた、
と語ってくれた。


その昔何度か通わせてもらっていた
伝えると、
辞するときにご店主から
深々とお辞儀をされて

「ありがとうございました」

とお礼を述べられてしまった。


いやいや、こちらこそ
再びこの味を味わわせていただき
ありがとうございました。




今後も機会あるたびに
訪れねばなるまい。


駐車場は店の前にたくさんあるので
少々1台分のスペースが狭いが
がんばって停めていただきたい。



お試しあれ。