現在では
ネット社会でSNSなどが普及し
ネコもシャクシも
だれでも自由にネットに書き込んで
情報を発信できる世の中になった。


・・・・まぁ、ここは

 個人の日記 

なので勝手なことをほざいても
赦される世界であるが。

そうか?(゜.゜)



まぁ、そういったわけで、
勝手な書き込みも自由であるが

コトバの誤りであったり
間違った情報であったり
そもそも意味が全くわからずに
ウケウリで情報を書き込んだりと


ネット上の情報は玉石混淆
 書く方は無責任 


なので
読む方がしっかりと選択眼を持ち
必要な情報を取捨選択すべきである。


表現にも文章にも情報にも
間違ったモノが多すぎ
しかも間違った本人は
それに気づいていないのである。


本人そう思い込んじゃってるし。
(*´・ω・)

第三者の目で検閲していないので
推敲しようにも本人が間違っていれば
推敲のしようもない。


もちろん、

書く方も責任を持って書け

といいたいところではあるが
そこは本人の心がけ次第なので
いかんともしがたい。


しかし、書き込んだ本人は気づいていないが

それ間違ってんじゃん
意味わかってんの?
 (╬⊙д⊙)


とツッコミを入れざるを得ない
マチガイも散見される。


そうそう。よく見るマチガイ。


上記の

『~せざるを得ない』

という表現。


『~せざる終えない』
とか
『~せざるを負えない』
とか

何と誤用の多いことよ。


意味を考えたまへよ。
(;´Д`)



あと、最近見てビックリした誤用。



『~さんをデスる』


いやいやいやいや。
 ‎(ヾノ・∀・`)



それ、

『ディスる』

だから。



デス(Death)ったら殺人でしょwwww




dhisuru




ディスリスペクト (英: disrespect) は、
リスペクト(英: respect:名詞で「尊敬、重視」、動詞で「敬う、重んじる」の意味)
の対義語で、
「不」の意味を示す接頭辞のディス(dis-)
が付されてできた言葉。
名詞で「無礼、軽蔑、軽視」や動詞で
「無礼なことを言う(為る)、蔑む、軽んじる」
などの意味を持つ。

ヒップホップ系の
黒人音楽のアーティストやリスナーの間で
よく見られる表現で、
本来お互いをリスペクトすべきところを、
そうしないという文脈で使われる。
日本語で、動詞化した

「ディスる」、「ディスられる」

という表現が
日本のHIPHOPリスナーの中で
90年代年半ばから後半には定着しており、
2000年代後半以降に
インターネットスラング
としてもみられたとされる。

文化庁実施の国語に関する世論調査においては、
2013年(平成25年)度に調査結果が発表され、
「けなす,否定する」
という意味で「使うことがある」の割合が5.5%、
「聞いたことはあるが使うことはない」が20.1%で
「聞いたことがない」が73.7%ということであった。

[Wikipedia 2019/08/31 採取]




要するに、否定形に使われる接頭語の

”dis-”

が日本語化したスラングというわけである。




もうね、

CDをコンパクトデスク

とか

勉強机をスタディディスク

とか

あまりにチャランポランすぎですから。



みんなちゃんと義務教育修了して
社会に出てきてる?
(; ̄(ェ) ̄)





そんな無知のヤカラをデスった、、
いやディスったマクラはさておき。
(小生も注意しよっとww)





最近サボってました、

日記の更新。


更新をサボると
ナゼか急激に下がる訪問者数。


まぁ、個人の日記で
訪問者数を気にする
というのも
オカシナ話であるな。
 (* ̄ー ̄)


さて、水曜の麺
(滞りすぎww)



こちらへ。



DSC_2595


 麺屋桑山 





カウンターへ。


こちらの店では
ランチタイムには
おトクなセットメニューがある。


DSC_2589


だがしかし。


小生この店に来るときは

味噌らーめん

が食べたくてくるので
常に味噌一択である。


DSC_2590

DSC_2591


店内はホドホドの来客数。

麺屋桑山 - Spherical Image - RICOH THETA



厨房で立ち働くご店主夫妻
娘さんの3人で切り盛りする店。


カウンターに座ると
カウンターの近くに小学生ぐらいの男の子が。

おお、夏休みだしな。


・・・・って、
ご店主の娘さんの息子さん!?
Σ(゜∀゜;ノ)ノ


それフツー孫というww


そうか~、もうこんな大きいお孫さんがいるのか~

などと感慨に耽っていると


来ました。味噌らーめん。


DSC_2592



細かいことは過去ログにて。






ごちそうさまでした。



少々値は張るが

和田屋の味噌

を懐かしむ諸氏には強くオススメしたい一品。