最近一部地方を賑わしている

JASRAC
(一般社団法人日本音楽著作権協会)


そのJASRACとは
ざっくり言うと
各種音楽の著作権者を代行して
著作権者が本来受け取るべき著作料を
とりまとめて徴収・分配する組織
である。
(ざっくりしすぎー(´д`))


小生、恥ずかしながら
このJASRAC
世の中全てのあらゆる場所で流れる音楽や
演奏される楽曲すべてにおいて
一曲一曲こと細かに
統計し計上し集計し
それをあまねく権利者に対し
全て平等に均等に不公平なく過不足なく
分配していると

なんの根拠もなく漠として信じていたのであるが。


だがしかし、よくよく考えてみると
ダレがどこでなんの曲をかけて聴いて
演奏して聴かせているかなど
どうやってこと細かに測っているというのだ。


もし全てのそれらのデータが
JASRACに一極集中して上がってきているのであれば

とてつもないビッグデータ

になるはずではないか。



実際には、これらのデータを
機械的に集計することのできる

今どきの通信カラオケ



有線・無線含めた各種放送

などからは
楽曲利用者からの自己申告により
一曲単位での集計を行い
権利者に還元している場合もある
細かい集計ができない場合は

包括的契約

といって

ジッパひとからげに

「まぁ、こんだけ払えば使わしたるわww」

という
ヤクザのみかじめ料的アバウトな徴収方法
にて著作権料を徴収しているのである。


このような場合、どのようにして

富の分配

を行うのかというと

「アンタの曲はこのぐらい使われたはずだから
案分してこんだけくれてやるわ(゚∀゚)!」


という統計学的いいわけを駆使した
非常にグレーな支払い
を行っているのである。


劇的に売れたヒット曲の場合には
このような統計処理を行えば
ソレナリによい金額にもなるであろう。

しかし統計的に見て
それほど使用されていないと
判断された楽曲は
いわゆる

ロングテール

long_tail
(右端の隅っこらへん)

として

ザコキャラ扱い

で端数計算もままならないような
微々たる金額にしかならないのである。

一曲単位での集計ならば、

「年間10回使用されたから100円ね。」

という支払になろうが

「計算したら端数で切り捨てられましたΣ(´∀`;)」

ということにもなりかねない。


ではこの端数はどこに行くかというと

まんまとJASRACのフトコロ

に転がり込むというわけである。


金融機関が利息の端数を寄せ集めて
銀行さまウッハウハ
なのと同じ原理である。
(最近は利息が少ないけど・・・・)


最近話題になっているのは
このタダでさえヤクザな組織
逃げようのない
イタイケな巷間の音楽教室などから
みかじめ料を徴収しようと画策しているという
ニュースの通りである。


権利者の代表
として徴収しているはずが
肝心の権利者の多くが

「音楽教室なんかから著作権料ふんだくらなくていいから」

と発言しているというのはどうしたわけか。


頼まれてもいないのに
取りやすい所から搾取する
という
まったくもってヤクザな方式ではないか。


『なんたら協会』

という名前が付いているところは
某国営放送協会含め

ヤクザな組織が多いなぁ。
(*´・ω・)



そんなもっともらしいオッサンの意見はさておき。


続きを読む