平成が終わる。


そう。来年、

平成31年4月30日(火)

をもって平成の時代が終了し
次の元号が始まる
のである。


来年の5月1日(水)は
新元号で始まるのであるが
その新しい元号が発表されるのが

来年の4月1日

になったらしい。




エイプリルフールかよwwww!!
(今からネタを考えておかなくちゃ・・・・)


来年の新元号発表の際の官房長官
現在の
菅義偉
であるのか
それとも安倍内閣もろとも壊滅して
新官房長官がその役を全うするのか
現時点では何とも言えない。


heisei01
(「平成おじさん」小渕恵三)



現在の平成の世も
知らぬ間に30年も
重ねてきてしまって
すっかり日常に馴染んでいるが
平成の世が始まった当初は
どうにも違和感を感じたものである。

しかし現在では



『昭和』



という響きだけで
ノスタルジーを感じ
世間から取り残されたような
そんなイメージがある。

新しい元号に変わって
数年も経てば

『平成』

という響きも
懐古主義的に感じてくるのであろう。


今でこそ『昭和』生まれの我々世代の方が
『平成』生まれの人口よりも多いため
さほど違和感はないが
そのうち


「えっ!?昭和生まれなんですか??」
Σ(゜∀゜;ノ)ノ



とか生き残りの珍獣を見るように
奇異な目で見られるようになるのかも知れない。


そこまで長生きするか
甚だギモンではあるのだが。



そんなわけで、今のうちから

平成の世を振り返り

#平成ノスタルジー

とでもいうべき
時代の遺産
を探しておこうではないか。



たとえば。


携帯電話。
PHS。
プレイステーション。
Windows95。
ハイブリッド自動車。
AIBO。
地デジ。
青色発光LED。
九州新幹線。



・・・・なんだ、

デジタルガジェットとか

ばっかじゃないか。
(*´・ω・)

選択がマニアックww




そんな偏った趣味性癖のマクラはさておき。



続きを読む