一般に馴染みの薄い

あるもの特有の単位。



ひとつは
デニール。



denier,

ハァハァ(*´Д`)



ヨメ氏から
「ストッキング買ってきて」
LINEでのお買い物指示メールにより
初めて目にした単位。


どうやら、糸の太さを表す単位
それがゆえ
ストッキングの厚さを示す単位
として使われているらしい。


デニール(denier, 記号:D)は、
繊度、つまり糸や繊維の太さの単位である。

その定義は、計量法上は、
「キログラム毎メートルの九百万分の一」である。
これは、g/m の9000分の1に当たるので、
9000メートルの糸の質量をグラムで表したものが
デニール値となる。
例えば、9000メートル150グラムの場合は 150 デニールである。
これに対して9000メートル75グラムの場合は 75デニールとなり、
150デニールより細い糸である。

[Wikipedia 2018/07/11 採取]



ちなみに拙宅では
セキュリティ上問題大アリ
と断罪されている
LINE
はほとんどヨメ氏からの
お買い物指示メール
として使用されており
そえがゆえに
韓国政府に
拙宅の家庭内カースト制度
が筒抜けになっている
ものと思われる。

由々しき問題である。
(。-`ω-)




その他の単位としては
辛さを表す単位である

スコヴィル値。



スコヴィル値(英語: Scoville scale)は、
唐辛子の辛さを計る単位である。
トウガラシ属の植物の果実にはカプサイシンが含まれ、
このカプサイシンが辛味受容体の神経末端を刺激する。
スコヴィル辛味単位 (Scoville heat units, SHU) は
このカプサイシンの割合を示す。
多くのホットソースはスコヴィル値を売り文句にしている。
1912年にスコヴィル味覚テスト (Scoville Organoleptic Test) を考案した化学者、
ウィルバー・スコヴィルの名から名づけられた。

[Wikipedia 2018/07/11 採取]



さらには。


痛みを表す単位。


「ハナーゲ」とは

国際標準化機構(ISO)によって、
人間の痛みの感じ方についての統一単位
「ハナーゲ」(hanage)
が制定され、

「長さ1センチの鼻毛を
鉛直方向に1ニュートンの力で引っ張り、
抜いたときに感じる痛み」
「1ハナーゲ」

と定義された、とされる。

[”麺喰道” 2007/11/09 の記事]




・・・・なんだよ。

ググったら
自分ちの記事かよ。
(*´・ω・)




昔はこのような

デマ記事

がまことしやかに都市伝説として語られ
ネット上に流されていたものであるが
それらの元記事はいつしか淘汰されて消え去り

なんでうちの記事が残っとんねん。
(|||´Д`) 



まるで発信源がココみたいではないかww



そんな垣間見たネットの恐ろしさはさておき。


続きを読む