4月14日。



それは
2016年においては

熊本大震災

の前触れである

前震

が起きた日である。



そしてその28時間後
4月16日に熊本地方はさらに強い

本震

に見舞われたのである。



ここ鹿児島の地においても
隣県の熊本で起きた大きな揺れは
かなり大きな揺れとして感じられ
実際拙宅の一軒家でも
一部の梁を構成する柱の化粧板が割れ
その爪痕が残っている。


だが、現地の熊本では
いまだ避難所生活を余儀なくされ
不自由な思いをされている方々が
多数生活しているのである。


その姿を克明に追い
映像として後世に残そうと
私財をなげうって
カメラを回し続けている男がいる。




くぼ りけい
久保理茎


鹿児島市出身。



実は高校の同級生なのであるが
彼は震災の直後から

熊本県西原村

に通い続け
地域再生の一部始終を

100年後に語り継ぐために

映画にしようとしている。


そして完成の暁には
その映像の
著作権を丸ごと西原村に譲渡
しようとしているのである。


これまでにもさんざん私財を投じて活動してきたが
どうしても映画化のための資金が必要であった。


そこで、久保氏は

クラウドファンディング

を立ち上げたのであった。






まずは上記リンク先の

クラウドファンディング CAMPFIRE

をご覧いただきたい。



久保理茎氏は
NHKを経て独立
プロデューサーとして

『クライマーズ・ハイ』



『舞妓 Haaaan!!!』

などの映画を制作。


その後九州を拠点に
ドキュメンタリーを手がけている。


そしてこの西原村の映画には

あと二人の同級生が携わっている。



ピアニストの

種子田博邦氏。


プロジェクトを陰で支える

水流昌彦氏。




彼らの活動に
少しでも興味を持っていただき
賛同していただければ幸いである。








我々同級生としても
このプロジェクトが成功すること

また、西原村をはじめ
多くの被災者の方々の日常に笑顔が戻ること
を願ってやまない。






ちなみに久保理茎氏は
高校時代

文系

だったことを申し添えておく。






そんなせっかくのいい話を台無しにする
しょ~もないオチはさておき。
(オチてないって言うなww)



続きを読む