小生の Facebook のタイムラインが

ほぼ毎日祭り状態

であることはこれまでにも
何度か話題にした。

昨日も
クルマの車外気温が2℃
鹿児島にしては低かったことを受けて
クルマのスピードメーターの
車外気温表示写真とともに

『にど!!』

と、ひらがな二文字だけを投稿したところ

すぐさまボケツッコミがはじまり
あっという間に

オンライン大喜利状態

である。


nido



そんな中
正統な(?)流れに棹さすように

天然のボケをかましてくる

方々がいらっしゃるのである。


見事なボケで

計算し尽くされてやってるんじゃないか

と疑いたくなるような
ナナメ38度ぐらいの急角度から
グッサリと差し込んでくるのである。


それはもう、

ヒヨコから生まれたてのタマゴ
(逆だろ)

のような

天真爛漫
天衣無縫
破壊力抜群


なボケなのである。


よくこんな純真無垢なピュアさ
この世知辛い世の中を渡って来れたものだと
感心する次第であるが
ご本人たちは至ってマジメ
なのである。


そんなピュア波光線
タイムラインにあふれると
ダレとはなしに


boke


 木瓜の花 
(ぼけのはな)


を咲かせるのであった。


先日のタイムラインでも
木瓜の花真っ盛り
であったが。


bokeneko



ここから少々マジメな話をすると
このように小生のタイムラインが賑やかなのは
実は狙ってのことなのである。


小生の出身高校では
卒業後一定の年数が経ったときに
年に一回開かれる

全体の同窓会総会・懇親会を取り仕切る

という非常に重要なミッションがあるのである。

懇親会はハッキリ言って

単なる大規模な飲ん方
(千人オーバー規模ww)

なのであるが
そこでの企画や運営などを含め
関連するさまざまなイベントの対応
記念品となるような物販を企画したりと
なかなか大変なところではあるが
終わってみると
実に楽しいものであった。

当日の対応では
学年の同窓生
150人ほどは集めて
懇親会の運営進行
ホテルスタッフと協力しての
配膳補助など
とにかく人出がいるのである。


しかし、
卒業後相当の年数が経っていると
500人近くいた卒業生も
散り散りバラバラになっていて
連絡の付かない行方不明者も相当いる。

それを当日結集させるため
10年以上前から
草の根的に有志が集まって随時
同窓会のような飲ん方のような
ことをしながら徐々に仲間を
広げていったのである。

だがしかし、
同窓生に一斉に連絡したり
何らかの企画についての
意見交換を行ったりするときに
いちいち集まるわけにも行かず
そんな時に役立ったのが
メーリングリストであり
SNSだったのである。


メーリングリストは当初
Yahoo!のメーリングリストを
使用していたのだが
無料サービスが終了したため
Googleグループに引っ越した。

SNSは、
日本でサービスが始まった当初は
mixiGREEといった
匿名登録制のサービスであったため
無料で独自SNSを立ち上げられる
FC2のサービス
を利用していた。

そうこうしているうちに日本でも
 Facebook 
のサービスが立ち上がり
隆盛を極めるようになったため
主軸をそちらへ移していったのである。

独自SNSは
「こういうサービスをやっているので加入してね」
とお願いしないと人は集まらないが
 Facebook 
はすでに加入している人を
グループに誘えばよいので
ずいぶんと裾野を広げることが可能になった。

しかも、実名登録が基本なので
本人確認もしやすく
そこから辿って別の同窓生に連絡できたりと
なかなかに便利に活用させてもらったのである。

そんな中、小生は
SNSなどを使った広報活動(?)の
メインを担当していたため
どうやってみなさんに
頻繁にアクセスしていただけるか
考えたのである。

シゴトで
日がな一日パソコンの前で過ごす
小生などの業種と違って
一般の方々は

わざわざアクセスしないと
情報にたどり着けない


ワケであり、
そうなるとたまに開くSNSで
ナンの情報も得られなければ
アクセスすること自体を
やめてしまいかねない。

今回の役割上、
小生は Facebook 
可能な限り同級生とは友達申請を行い
リンクしてもらっており
ログインすれば少なくとも
小生のタイムラインに
流れる情報は参照できる

はずである。

となれば、
小生のタイムラインが賑やかに動いていれば
少なくとも同級生がそこに絡んで
なんかバカなことをやっているなと
横目で見ながらほくそ笑み
まったく情報が得られないと言うことはないなと
考えたのである。


そこで、なるべく毎日
ほんのつまらないことでも投稿
していたら
いつの間にか周りがワルノリ
ほんの少しのネタでも
それを 燃料 にして
あっという間に炎上する
今のスタイルができあがったのである。


そんな深謀遠慮に基づいた
単なるバカ騒ぎに隠された真実はさておき。


続きを読む