夏になると思い出す。
(*´ω`*)



小生、周知のように
以前二年半ほど東京に単身赴任しておった。

知らんがなw



その時

いつかは鹿児島に帰れるだろう

淡い夢を抱いていたので
東京での生活に必要な品々は
ことごとく簡素
いつ鹿児島に帰ってもいいように
必要最低限度で
オカネをかけない質素な品々

で揃えていた。


最初に単身赴任で会社の寮
(会社借り上げのワンルームマンション)
に転がり込んだときには
大きめのボストンバッグの中に
 タオルケットと数日分の着替えのみ 
を放り込んで行ったものだ。

おかげで、寮での就寝一日目は
そのタオルケットにくるまって
下着を枕に板の間にザコ寝
でしのいだものだ。
(たぶんそのまま数日間ww)


このあたりのハナシは
日記たる当blogの過去ログを漁れば
ゴロゴロと出てくるであろうが
今回のネタはソコではない。
(。-`ω-)


小生にはたまたま他の社員がほとんど持たぬ
大型汎用機の基盤という

特殊技能
(とくべつなすきる)

を保持していたのであるが
そのスキルを必要とするプロジェクト
鹿児島で立ち上がったために
二年半で鹿児島に帰って来れたのであるが
あのままであれば
いまだに東京砂漠に埋もれていたことであろう。


tokyosabaku


そんな鹿児島に帰ってきて
1ヶ月ぐらい経ったころであろうか。

拙宅は
弊社の社員あるある

家を建てるもしくは購入すると
東京に飛ばされる

(弊社で東京行きは左遷と同義)

のジンクス通り
家を建てた途端に東京に飛ばされた
のであるが

鹿児島帰還後いつの頃からか
床を目に見えないほどの小さな
アリだかダニだかよくわからない
ハダイロのムシが
列をなして闊歩している

のが発見された。


アリならもっと黒かろう。

よくよく目をこらさなければ気づかない程度の
ほんっとに小さな虫が
軍隊行進

していたのであった。


このムシムシちゃんの出自はいずこ?
と床に這いつくばってよくよく跡をたどってみると。



押し入れの中。
(*´・ω・)




さらに押し入れの中奥深くに辿ってみると。


プラスチックの衣装ケースに入れられた
単身赴任当時の持ち帰り荷物が。



さらにさらに辿ってみると。



当時使っていた

そばがら枕

から連綿と行列が続いているではないか!!!!!


∑( ̄口 ̄;)!




犯人はそばがら枕どした。
(;´Д`)



もともと粗悪品だったのか
それとも東京在住のころに
枕に忍び込んだのか
とにかくここが震源地



とっととその枕は処分して
家の中じゅう
バルサンを焚いて
ムシムシちゃん退散!!



いやぁ、そばがら枕って

恐いのね。
(|||´Д`) 




そんなマクラネタにひっかけた枕ねたはさておき。
(長げーよww)



続きを読む