前回の記事で

クルマのフロントガラスを
撥水加工しないヤツは●●ね!!


的なことを書いたのだが。


麺屋剛!濃厚味噌豚骨もやしキャベツ中盛り!(2018/06/19)



同じことが
クルマのボディのコーティング
にも言えるのである。


まぁ、今どきのクルマは
新車をディーラーで購入した場合
コーティング処理
がオプションで選べることと思う。


とりあえず新車なので
初期費用にぶっ込み
でお願いすることが多いと思うのだが


コレだけはやっておいた方がよい。



hassui



そして、4、5年経った際には
 再度コーティングのやり直し 
を施した方がよい。


クルマをゲタかスリッパのように
なんでもテキトーに履きつぶせばよい
と考えている諸氏には
馬耳東風
であろうが
少なくともちょっとでも大事に乗ろうと思うのなら
コーティング処理をした上で
日々のメンテナンスを

洗車機にぶっ込む洗車でかまわないので
ちょっとお高めのコーティング洗車


を実施していただきたい。


コーティング剤がボディだけでなく
撥水加工したフロントガラスまで作用し
加工が長続きするのである。


ちゃんとコーティングされたボディは
桜島の灰が積もっていたとしても
雨が降ればさらりと流れ
灰のスジが少し残る程度で
キレイさっぱりと灰が流れる
流体ボディができあがる

のである。


コーティング洗車が高い?


それならば自らがカラダを張って
手洗いすればよいのである。


高いといっても
一回500円から700円ほど
手洗いの手間を時給換算すれば
どれだけのものであろうか。


それでクルマのキレイさが保たれるのであれば

安い

と考えるべきではなかろうか?



5年後、表面がザラザラのボディになって
下取り査定価値が激減
することを考えれば
安い投資だと思うのであるが。



そんなものぐさ太郎のクルマ談義はさておき。



続きを読む