スターウォーズ 
 最後のジェダイ 


STAR WARS
THE LAST JEDI



を観てきた。


大阪のTOHOシネマズなんばの
IMAXシアターにて。



star-wars-the-last-jedi-japanese-poster




ええ、そうです、
封切り日の最終公演
レイトショーにて。


初日ということもあり
IMAXの回は大入り満員。


事前に早い時点でネットで予約していったから
真ん中付近のよい席が取れたが
やはり映画は
音響効果・視覚効果的にも
映画館の
ど真ん中で見るべき

であろう。



実はこの映画のポスター
上記のモノは日本独自のモノで
ワールドワイド版は下記のモノである。



star-wars-the-last-jedi-international-poster




見ておわかりのように
上半分の中心人物の配置が異なる。


これは、
今回の映画の主人公が誰なのか
をあえて隠蔽するためなのか
それとも日本語版のキャッチコピー

光か、闇か…

を際立たせるためなのか。



ネタバレになるので内容には触れないが
2時間32分という超大作ながら
まったく中だるみすることなく
最後まで楽しむことができた。


この作品の撮影直後に亡くなった

キャリー・フィッシャー

が次作に登場できないのは
とても残念である。

ご冥福をお祈りいたします。


さて、毎回毎回話題になる同シリーズであるが
意外と同世代の中でも

「観たことがない」

という方が多くて驚く。



最初のスターウォーズ

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

が公開されたのは1977年。


もう40年も前のことなのである。
(゜ロ゜屮)屮



当時何歳だったかを書くと
トシがばれるのであえて秘すが
映画館に見に行ったことは
否定しようのない事実である。


それまでのSF作品とは一線を画した
緻密にして壮大なスペースオペラ
に魅了され引き込まれ
いまだなお世界を熱狂させているのである。


それらこれまで
スターウォーズ
に触れてこなかった方々も
話題の映画とあって観てみたいと
いう方が多いのであるが

なにせ40年、現時点で7作ある壮大なシリーズ

どこから手を付けてよいのやら
┐(  ̄ー ̄)┌

という声も聞く。


特にこの作品
制作順序からいう最初の作品が

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

と、第4話から始まっているため
なおさら取っつきが悪い。


確かに物語の順序からいえば

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

から観た方が良いようにも思えるが
理解のしやすさからいっても
制作順序に従って観ることをオススメする。


公開年 タイトル 
1999年 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
2002年 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
2005年 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
1977年 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
1980年 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
1983年 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
2015年 スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)
2017年 スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8)
2019年 未発表(エピソード9)


ストーリーについて
ぶっちゃけ話で乱暴ないい方
をすれば


スカイウォーカー一族の
銀河を巻き込んだ
壮絶な家庭内争議



であろうか?

(間違っちゃいないww)




そんな大ざっぱな映画紹介はさておき。



続きを読む