最新版!!


拙宅におけるローストビーフの作り方!



以前にもご紹介した
いわゆる
『炊飯器調理』
という作り方であるが
マイナーチェンジを繰返し
現在のところいちばんウマいと
(拙宅では)
自負するところである。


前回の制作記事はコチラ。

立ち喰い手打ちそば!あずまの梅ヶ淵店(2018/01/13)

半年ほど前であるな。
(*´・ω・)



では。



■じゅんびするもの。


牛モモ肉カタマリ
ニンニクチューブ
塩胡椒もしくは類する調味料


DSC_6476


拙宅では現在調味料は
トップバリュの
醤油香るブレンドスパイス
を使用中。


これがなかなかに香り高く
ほどよい。



■チューブのニンニクと調味料をまぶす

量はお好みで
表面全体にチューブのニンニクを
なすりつけて
その上からややキツめに
調味料をまんべんなくかける。


DSC_6477



■ブッスブスとフォークでブッ刺す


DSC_6478


上等な肉ならば
スジを切るというよりは
内部まで味を染みこませるように
スジの多い肉なら
スジを断ち切るように
フォークでブッ刺す。


■ラップでピッチリ巻く


DSC_6479


空気を入れないように
ラップで巻く。


■このまま常温で1時間ほど寝かせる


寝かせることで芯まで味が沁み
中心部の温度が上がって熱が通りやすくなる。



■ジップロックにいれお湯とともに炊飯器の『保温』へ


DSC_6480


全体が浸るよう重しをして
炊飯器に入れる。

一部のよくばり主婦から

「炊飯器に入りきらないぐらいの
肉塊を買ったんですけど」

という質問を浴びたが
適宜切り分け
炊飯器に入る大きさにするか
一度に調理する分量を考慮願いたい。
(|||´Д`) 



■40分『保温』する

これで低温加熱調理を行う。

40分タイマーはアレクサにお任せww



■バーナーで表面を炙る


DSC_6482


表面をフライパンなどで焼かないのがキモ。

焼いてしまうとせっかくの表層が
焦げ付いてフライパンに残ってしまったり
調味料が落ちてしまったり
火の通り具合がよくわからず
加熱しすぎてしまったり。


その点、バーナーだと
表層を高温でカリッと焼くので
中心部までは熱が通りにくい。


こんなカンジまで。


DSC_6484



■切って盛りつける


切るのは
いったん冷蔵庫で冷やしてから
がよい。

熱いうちは肉が柔らかく
薄く切りにくい。


■いただきます


DSC_6485


パクッとあっちゅう間ですわ。
(´-ω-`;)ゞ



ちなみにバーナーで焼くと
焦げたように見える黒い部分
まったく焦げ臭くなく食せる。




おしまい。



バーナーを購入する
のが少々ハードルだが
一度購入してしまえば


サーモンマヨ炙り寿司

も炙りホーダイ。



決してムダな買い物にはならないと
断言できる。



そんなニワカローストビーフニストのゴタクはさておき。



続きを読む