先日、拙宅において
少々物騒な事件
が起こったので
誌しておきたい。
(ネタとして)



その日の夕餉は
前日の残り物の
肉詰めピーマンの入った煮物

であった。
冷蔵庫から皿に入った
ラップのかかった煮物を出し
電子レンジに入れて
特に何も考えずに
最大加熱温度90℃の設定
でチンを始めた。

煮物の中身は
肉詰めピーマン
の他に
干しシイタケ
ゆで玉子
コンニャク
などが入っていただろうか。

よくよく考えれば
そこまで強く加熱しなくてもよかったのだが
何しろホラ、疲れていたので
とりあえず考えなしに加熱したのだ。


加熱を始めて数分経ったであろうか。



バンッ!!!!
Σ(゜∀゜;ノ)ノ!!



かなりの衝撃。

ナニかが爆発したような。


見てみると、
ロックされていたはずの
電子レンジのドアが
少し開いていて
隙間から肉片が周囲に飛散し
ぱっと見

酸鼻を極めた被害現場

のような様相を呈しているではないか。


庫内を空けてみると
まぁそれはそれは悲惨な状況。


原因は言わずと知れた
ゆで玉子。
これを加熱したことにより
内圧が高まり
限界を突破して
爆発
したものと類推される。


しかし、タマゴの形などドコにも残っておらず
跡形もなく吹き飛び
さらには一緒に入っていた
肉詰めピーマン
木っ端みじんに飛散していた。




肉詰めピーマンが悪いよな、

ビジュアル的に。
(|||´Д`) 



ビミョーにピンクの肉色が残り
生々しさ倍増である。




bakuhatsu_renge


今回現場写真は撮っていないので
写真は拾いモノであるが
こんな段ではないヒドいありさま。


電子レンジは自動停止したようだが
そりゃそうだ、
扉のロックが外れて半開きだもの。


中央に置いていた皿の直上、
庫内の天井には
 爆発した茹でた孫の残骸が 
びっしりとこびり付き
干しシイタケやコンニャクは
原形を留めていたものの
食欲も失せる悲惨な事故現場。

泣く泣く全部捨てましたがな。
(ノ∀`)


半開きになったドアの隙間からも
肉片が放射状に飛び散り
部屋のなかけっこう遠くまで飛散していた。


ゆで玉子こわい・・・・
。・゜・(ノД`)・゜・。




掃除が大変だったぞ。




そんな粗忽者の電子レンジ調理はさておき。



続きを読む