先日鹿児島のローカル紙

南日本新聞

から号外が発行された。

gougai
[南日本新聞 2017年9月11日(月) 発行]



鹿児島和牛、日本一 4部門で1位 宮城全共

仙台市で7日から開催されていた第11回全国和牛能力共進会(全共)は11日閉幕し、鹿児島県が総合1位の団体賞を獲得した。団体賞は2007年の鳥取全共で設けられ、宮崎が2連覇していた。2位は宮崎、3位は大分だった。
39道府県から513頭が出品された。特別区を除く全9区(部門)に全国最多の29頭を出した鹿児島は、四つの区で1席を取ったほか、出品した全ての牛が上位6席以内に入った。




実はこの記事の内容については

さして驚くには当たらない。



なぜならば、鹿児島
全国の肉用牛の子牛生産

 全国1位 

であるからである。


つまり、世間でもてはやされている

神戸牛だの
松阪牛だの


についても、実は

生まれは鹿児島県

という場合が多いのである。


鹿児島県で生まれ
買われていった子牛

donadona
♪ドナドナドーナドーナ~♪


その地方で肥育されて
ブランド化されているだけ

のことである。


もともと九州は子牛の生産が盛ん
九州生まれの子牛が全国の約半数を占める
のだという。


その中でも首位を占める鹿児島であるが
いかんせん鹿児島の人間は
商売がヘタで
ブランド化などでも奥手

であったがゆえに
他県の後塵を拝している
状況なのである。


しかし今回の新聞の記事は
 肉牛のオリンピック 
と称される同大会で
それらを覆す結果を出し
鹿児島の肉牛が全国制覇した
ということなのである。

この「全共」は5年に一回開催されており
ここ2回は
宮崎に一位を奪われており
雪辱を期しての参戦であったという。


ようするに、
 肉牛オリンピックで金メダルを取った 
ということで
素直に喜ばしいことなのである。


今後はこの結果を元に
ブランド化を推し進め
全国に

鹿児島黒牛ここに在り

と名を轟かせてもらいたいモノである。




そんな一応農学部出身のため
ちょっとシッタカなマクラはさておき。



続きを読む