麺喰道 (およそ鹿児島の麺日記~ほぼラーメン)

2004年4月、広域指定ヌードルアナリスト団にしてレッツブロガーな習狂呆人「麺喰道」創設。初代宗主に任命(自分で)。 会員数約一名を誇り、全国規模の布教活動のため当blogを開設。 麺喰の道を究めんと、らーめんうどんそばぱすたそーめんきしめんやきそばちゃんぽんに春雨と、あらゆる「麺状」の食を追求。(ついでに言うなら餃子も焼売も『麺』と認定) オススメ、リンク、コメントにトラバ歓迎。 ある日突然、アナタの店にこっそり現れ、「麺」を食して勝手な記事を書いているかも・・・

#麺屋桑山

当駄blogを全体的に見渡せる【HISTORY VIEW】はこちら!(*゚▽゚)ノ↓
http://blog.livedoor.com/10th/history/menkuidou
麺喰道麺喰地図帳はコチラ!↓
https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zFePYk4Yvae4.kjNb5Ka2A9ic

Facebookの公式?ページ https://www.facebook.com/menkuidou/

千号記念記事【麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/51533018.html
千五百号記念記事【その後の麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/52417446.html

※※ 旧ブログからの移行記事が多数あるため、レイアウト崩れやリンク切れ写真喪失についてはご容赦ください ※※

地味にして滋味!麺屋桑山味噌らーめん(2019/08/31)



現在では
ネット社会でSNSなどが普及し
ネコもシャクシも
だれでも自由にネットに書き込んで
情報を発信できる世の中になった。


・・・・まぁ、ここは

 個人の日記 

なので勝手なことをほざいても
赦される世界であるが。

そうか?(゜.゜)



まぁ、そういったわけで、
勝手な書き込みも自由であるが

コトバの誤りであったり
間違った情報であったり
そもそも意味が全くわからずに
ウケウリで情報を書き込んだりと


ネット上の情報は玉石混淆
 書く方は無責任 


なので
読む方がしっかりと選択眼を持ち
必要な情報を取捨選択すべきである。


表現にも文章にも情報にも
間違ったモノが多すぎ
しかも間違った本人は
それに気づいていないのである。


本人そう思い込んじゃってるし。
(*´・ω・)

第三者の目で検閲していないので
推敲しようにも本人が間違っていれば
推敲のしようもない。


もちろん、

書く方も責任を持って書け

といいたいところではあるが
そこは本人の心がけ次第なので
いかんともしがたい。


しかし、書き込んだ本人は気づいていないが

それ間違ってんじゃん
意味わかってんの?
 (╬⊙д⊙)


とツッコミを入れざるを得ない
マチガイも散見される。


そうそう。よく見るマチガイ。


上記の

『~せざるを得ない』

という表現。


『~せざる終えない』
とか
『~せざるを負えない』
とか

何と誤用の多いことよ。


意味を考えたまへよ。
(;´Д`)



あと、最近見てビックリした誤用。



『~さんをデスる』


いやいやいやいや。
 ‎(ヾノ・∀・`)



それ、

『ディスる』

だから。



デス(Death)ったら殺人でしょwwww




dhisuru




ディスリスペクト (英: disrespect) は、
リスペクト(英: respect:名詞で「尊敬、重視」、動詞で「敬う、重んじる」の意味)
の対義語で、
「不」の意味を示す接頭辞のディス(dis-)
が付されてできた言葉。
名詞で「無礼、軽蔑、軽視」や動詞で
「無礼なことを言う(為る)、蔑む、軽んじる」
などの意味を持つ。

ヒップホップ系の
黒人音楽のアーティストやリスナーの間で
よく見られる表現で、
本来お互いをリスペクトすべきところを、
そうしないという文脈で使われる。
日本語で、動詞化した

「ディスる」、「ディスられる」

という表現が
日本のHIPHOPリスナーの中で
90年代年半ばから後半には定着しており、
2000年代後半以降に
インターネットスラング
としてもみられたとされる。

文化庁実施の国語に関する世論調査においては、
2013年(平成25年)度に調査結果が発表され、
「けなす,否定する」
という意味で「使うことがある」の割合が5.5%、
「聞いたことはあるが使うことはない」が20.1%で
「聞いたことがない」が73.7%ということであった。

[Wikipedia 2019/08/31 採取]




要するに、否定形に使われる接頭語の

”dis-”

が日本語化したスラングというわけである。




もうね、

CDをコンパクトデスク

とか

勉強机をスタディディスク

とか

あまりにチャランポランすぎですから。



みんなちゃんと義務教育修了して
社会に出てきてる?
(; ̄(ェ) ̄)





そんな無知のヤカラをデスった、、
いやディスったマクラはさておき。
(小生も注意しよっとww)



続きを読む

安定の。麺屋桑山味噌らーめん(2019/04/26)



一時期身内で
(例によって同級生だがww)


しんこ団子食いて~~ι(`ロ´)ノ!!


というヤカラが現れた。



そんな、
東京でしんこ団子など
そもそも食えるわけがないではないか。




え?
(・∀・)



しんこ団子をご存じない!?


しんこ団子とは
上新粉(いわゆる米の粉)を練って
直径3センチほどの団子に丸め
3~4個串に刺し
火で炙って醤油を付けて焼いたもの
であるが
鹿児島ではこの呼び名が一般的である。


一部

『ちんこ団子』

と呼ぶ地方(薩摩川内市方面)もあり
モロモロ誤解を受けがち
であるが
れっきとした
鹿児島イニシエのお菓子
である。


chinkodango



全般的に味付けが甘い鹿児島において
珍しくそんなに甘くないお菓子

それがしんこ団子なのである。


このしんこ団子の名前の由来とは
以下のようなモノ。



■しんこ団子の由来

石屋和尚は伊集院島津家の出身で、
島津菩提寺福昌寺の住職、
後伊集院妙円寺の住僧である。

石屋が扇尾に
深固院(しんこいん)
を建て住民を教化していたとき、
大飢饉に見舞われ、住民は飢に苦しんだ。
石屋は田圃に出て落穂を拾い、
籾を粉にして餅をつき醤油をかけて焼き
皆に食べさせたらそのおいしいこと。
住民は

「和尚さん、こやなんちゅうもんごわすか」

と尋ねると、こまった和尚、とっさに

「これはなー『しんこだご』というもんじゃ」

と答えた。
人々は感心した。

鹿児島で有名なしんこ団子はこうして生まれたということである。

※看板内容を引用

[『九州旅ネット』> 観光スポット > 深固院跡(しんこ団子発祥の地) より]



そんなわけで鹿児島では

ポピュラーなお菓子

なのであるが、もちろん東京などでは
容易に入手できるわけではない。


ネットの通販で購入することも可能であるが
実は東京では

土日に限り

有楽町のかごしま遊楽館

にて購入することが可能なのだという。


shinkodango
(#UNK さん写真パクりましたww)



立てよ、関東のかごんまの民よ!!


土日は遊楽館へGO!




そんな関東の望郷の民への
アジテーションはさておき。



続きを読む

らーめん桑山味噌らーめん(2018/12/19)



シートベルトを締めないヤカラが
いまだにいるらしい。


seat-belt



しかも、後部座席にいたっては
2/3の民が
シートベルトをしないのだという。


先日、金色免許の更新に行った際に
(ぷち自慢ww)
30分の講習会の中で
そのように告げられた。


なぜシートベルトをしないのであろう?


特に、コドモ。


走っているクルマを後ろから見ると
後部座席でコドモが
ピョンピョン跳ねていたり
前席の間から顔をのぞかせて
前を見ていたりと
後ろを走っているこちらの方が気が気ではない。


よっぽど、そのクルマの前に出て


急ブレーキを踏んで


そのようなバカなオコサマ
フロントガラスから飛び出させてやろうかと
思うところであるが
そんなバカが小生の車にぶつかってきたりすれば

クルマが穢れるじゃないですか。
(*´・ω・)




拙宅においては
長男氏も次男氏も
赤ん坊のみぎりより
チャイルドシート装着は必須。


泣こうがわめこうが
知ったことではない。


・・・・と言いたいところであるが
意外とすんなりと受け入れていたな。


コトバがわかるようになってからは

「カッチャン(ベルト)してないと死ぬよ!!」

と脅していたため
間違ってベルトを締めないまま発進すると

「まって!!待って!!まだカッチャンしてない!!」

と大騒ぎしたものである。


それがゆえ、どんな事態であろうと
拙宅のオコサマ方は
シートベルト必須
なのであった。


今でも当然そうである。



なぜそのように躾けないのか

というよりそもそも

ナゼオトナがシートベルトをしないのか

そちらの方がフシギである。



シートベルトしないと気持ち悪いし
落ち着かないでしょ????
 (╬⊙д⊙)




そんな一般常識も通じない
アホは相手にせずに。



続きを読む

麺屋桑山と言えば味噌らーめん!(2018/08/25)



小生も当日記を書くにあたって

ネタ帳

とでもいうべきメモを利用している。


EverNote

DropBox

その他いろいろとサービスはあるが
小生がネタ帳に使っているのは

Googleドライブ

である。


Chromeブラウザで使う限りは
一度Googleアカウントでログインしていれば
特に意識することなく

パソコンだろうがスマホだろうが

シームレスにデータが連係できるのだ。



やぁ、こりわ便利ですね。
ヽ(・∀・)ノ



しかし、今回の話題はソコではない。



そのネタ帳の筆頭に



・ざるぱっちょ



と記載されているのであるが
すでに記載してから幾星霜。


これがナニを意味しているのか
今となってはさっぱり。


┐(  ̄ー ̄)┌




カルパッチョから連想して

ざるそばとカルパッチョの合わせ技?

とも思ったが



・・・・今となっては闇の中でございます。
(;´Д`)



zarupatcho
(画像は例によって拾いモノ)



そんなネタ帳の在庫処分一掃セールはさておき。

わーい( ・∇・)一つ減ったぞww

続きを読む

満員!麺屋桑山味噌らーめん(2018/04/24)




あ~~~~~~~~~!!



どうにも思い出せん。




・・・・って、3話続けて同じネタだと
さすがに卑怯者のそしりを免れないので
(2話で十分だww)

貯め置きのネタを供出することに。
(つд`)




明治43年。
(1910年)



この時期の日本地図があれば
眺めてみたいとは思わないであろうか。


今から108年前。


海岸線の姿も変わっているであろうし
川筋や道の配置も違っているかも知れない。



こちらからご覧下さい。


japanmap_M43

五万分の一地形図



上記リンクをクリックすると
日本全国図が現れる。

緑色のマトリクス一つ一つが
クリックして詳細を開くと
地図になっている。


日本全土をほぼ網羅しているといっても
過言ではない。


自由に拡大縮小して眺めてみるとよろしい。



当然といえば当然であるが
変わっていないのは鉄道路線。

一度引いてしまえば
なかなか筋を変えたくとも
困難である。

それに対し、海岸線や道路など
大幅に姿を変えているのが
見て取れよう。


これが年代別に
連続して見られれば
もっと面白いのだが。
(*´・ω・)




とりあえず

今宵は
ここらでよかろかい?




そんな大河ドラマ『西郷どん』
各回最後のナレーションのマネはさておき。
(西田敏行がしゃべるんですよw)



続きを読む

小生史上初!味噌以外のらーめん専門桑山(2018/02/15)



小生の高校生のみぎりには
自転車全盛時代
であった。


  ミヤタ自転車の  
カリフォルニア・ロード



CALIFORNIA_ROAD
(なんちゅー扇情的なww)


 ブリジストンの 
  ロードマン  



ROADMAN


二大巨頭とした布陣。


当然小生も自転車通学であったが
そのような
高級自転車
など買ってもらえるはずもなく
ドコゾの二流メーカーのもの
であったように思う。


当然通学用のチャリは

ドロップハンドル禁止

であったためストレートハンドルであったが
その自転車でアチコチうろつき周り
中学時代とは一線を画した行動範囲
を手に入れうれしかったのを覚えている。

当時の男子生徒の通学仕様のチャリは
後ろに四角い折り畳みカゴを付けて
そこに学生カバンを入れるのが定番であったが
今は見かけなくなったなぁ・・・・
(*´・ω・)



charikago



そんなまたしてもレトロな
おっさんの回顧録はさておき。
(絶賛回顧録ネタ募集中ww)


続きを読む

プチ贅沢!麺屋桑山で極め黒らーめん(2017/11/07)



たまにヨメ氏が職場の同僚から
大量の野菜をもらってくる。

先日いただいたのは
大量の小粒のピーマン。


数にすれば50~60個ほどはあったか。


ピーマンもそうそうたくさんは
食べられないので
ネットで一時期話題になっていた


 無限ピーマン 


を作ってみた~(*゚▽゚)ノ



<つくりかた>


■ピーマンを刻む


DSC_4168


■ツナ缶を混ぜる

お好みで塩昆布も。


■チンする


DSC_4169



いじょ。(=゚ω゚)ノ




そのまま食べても
ワシワシといただけるが

チルドのピザに載せて
マヨかけて焼くと美味
(^q^)


DSC_4182



ちょっと汁気が出るけどね。



そんな料理とも言えない
ほんの一手間はさておき。



続きを読む

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • キン★ボシ!トムヤムらぁ麺(2019/10/16)
  • 復習!三連休の麺(2019/10/14)
  • 復習!三連休の麺(2019/10/14)
  • 復習!三連休の麺(2019/10/14)
  • 復習!三連休の麺(2019/10/14)
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ねこだにゃん

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ