最近泣けた話。

月?月?月?月?月?月?月?月?月?月?月

昨年 友人との待ち合わせに早く着いて、
名古屋駅新幹線ホームに30分くらい居たんだが、
爺さんが駅員に何やら訴えてるので
なんとなくその内容を聞いてた。

この爺さん、名古屋から静岡の掛川に行こうとして
うっかり新幹線のぞみに乗ってしまい、
掛川すっ飛ばして新横浜まで行き、
慌てて下りの新幹線に乗り換えたら、
これがまたひかりで、
掛川に止まらずに名古屋まで帰って来てしまったそうだ。

駅員が事情を聞き終わって、
案内が不親切だとか文句言う爺さんをなだめながら、
「じゃあお爺ちゃん、
このホームの次の次の新幹線は止まるから、
それに乗ってね」

と言って去った。

15分くらいして退屈なので売店で
コーヒー買ってた俺がふと見ると、
入線して来たのぞみに何の疑問もなさそうに、
さっきの爺さんが乗り込んで行った。
さよなら爺さん。

いつか掛川に着けるといいな。



月?月?月?月?月?月?月?月?月?月?月



そんな人のネタのコピペはさておき。

(RITSUKOさん、ごめんよぅ)


最近

JR蒲田駅西口攻略が続いたので

今日は東口へ。

さいたま屋。

4256ed8a.jpg


つけ麺 さいたま屋

友人unoki氏が
酔っぱらって食してウマかった、
と教えてくれた店である。

店は蒲田駅前の繁華街、
まわりはバニーキャバクラバニー
パチンコ店などが立ち並ぶ場所にある。

入り口のカンバンには、

つけ麺普通盛り ?650
つけ麺大盛り  ?650
つけ麺特盛り  ?650


とある。

要は、麺の量は価格に反映しないのだ。

特盛りは400グラムとのことであったが、
つけ麺の麺は意外とスルスルといけてしまうもの。
本日のディナーとしては

やはり特盛りでしょう。

ついでにトッピング、
チャーシュー3枚 ?150
も付けちゃれ!

店内に掲げられた能書きは
これだけか。

db2ceb50.jpg


麺は自家製である模様。

店は入り口は案外狭いが、
奥が長い。
厨房は一番奥の片側にあり、
座席数は20席を超えるのではなかろうか。

148e0ade.jpg


さて、いかがなものであろう。

4aa665b1.jpg


薄手の肉巻きチャーシューが4枚。
ということは、
標準では1枚なのだな。

味玉半切りゆで卵
双方載っているのはちょっとフシギ。

麺はツヤツヤとしている。

ひとたぐり箸ですくい取ると、
ツユをくぐらせ一口。

ん??????。

ヌルい。

残念ながらツユが冷め気味

麺はあつ盛りではないため
当然冷たい。
それを受け止めるスープはやはり熱々でなければ。

スープとしては温度以外はまずまず。
魚介、主にカツオの香りがかぐわしい。

麺。

見た目は少々太めであるが、
全体にコシがない。

味わいはよいが、
全体に押しが弱めである。

ナニか、こぢんまりとまとまっているようである。

最近の魚介系つけ麺では、
インパクト至上主義といった
強いスープガツンと来る麺を組み合わせが
主流であるため、かえって新鮮かも。

ただ、小生的には
インパクト強めの方が好みではあるが・・・・


というわけであるが、
つるりと食しましたよ、
400グラム。


ゴチソウサマでした。