先日笑った話。

同僚コボ氏のヨメ氏の電話での会話。

『とどろき』さま、ですね?
どんな字ですか?」


『くるま』が三つのとどろきです・・・・」


メモに書いた字は

車車車



横に並べるなって!




正解は


車車

(轟)

そんなアリガチな過ちはさておき。


やっと平常ペースの更新に。

家の中をLANケーブルが這いまわっているがな。


さて、これからしばらくは昼食は市役所近辺だなぁ。
(実は先週から・・・・)


ということで本日は

『蕎麦処 あき葉』へ。




そば処 あき葉

これまでにも何度か訪れたことはあるが、
記事にするのは初めてかも。

店内は割と広く、
カウンターが8席ほどと、
小上がりの座敷が20人分ほどはあろうか。

メニュー。





ごくシンプルな品揃え。

最も安いざるそば/かけそばは
630円とまずまずの価格ながら、
具が加わると俄然価格設定は高め。

小生の予算の許す限り精一杯
鴨南蛮そば
を注文する。

やっぱ、ランチに1000円以上はためらうよねぇ。

先客は10名ほどであったが、
そば屋の長っ尻イキではないため、
とっとと引けてゆく。

さすがは日本の誇る
元祖ファーストフード、そば屋。


さて、来ましたよ。



量は多くないが、
やや深めのどんぶりに透明度の高いダシ。

柚子の皮の香りが食欲を引き立てる。

ダシをすすると、
鰹ダシの一本通った味わい。

シャキシャキとした深ネギの歯ごたえも心地よいが、
なんと言ってもそばの噛み心地が小気味よい。

ぷりんとした弾力、
それでいてにっちりと噛み切れる。
そして表面はなめらかながらダシの乗りはよい。

やや緑がかったそばの色が
すがすがしい。

風味も豊か、のどごしよし。
鴨肉も滋味を味わわせてくれる。


いやいや、やっぱり蕎麦はいいなぁ。



また来ます。