先日ふと思い出したこと。

そーいえば最近、


オートミール


って見ないなぁ。



あ。なんか昔とパッケージ違う。

ということで店で探してみましたが、
見つけることはできませんでした。

昔ほどポピュラーな食物ではないのかなぁ?

知ってる?

小生の幼少のみぎりには
時々朝食で食していたのであるが。


そんなオッサンの懐古主義はさておき。


今日も今日とて市役所付近でオシゴト。

さて、本日の昼食は。


DSC02470



清美軒。


ナニやらウマいらしい。

場所はコチラ。


清美軒


どうやら『清美軒ビル』の模様。


DSC02475


一階から三階までは店舗、
四階は住居のよう。

店の外から眺めると、
5席ほどしかない一階のカウンターは満席。

う~ん、どーしよー。

と入り口でウロウロしていると
店内からオバチャンが
「5分ほどお待ちいただければ空きますが・・・・」

5分他の店を探すより、
待った方が吉かと。

ということで待っていると
先ほどのオバチャンがオーダを先に聞きに来る。


DSC02469


店外のディスプレイを見ながら

「んじゃ、チャンポンを(上)で。」

ナニやらチャンポンには、
(上)¥650と(並)¥550
があるらしい。

ナニガ違うのか・・・・


やっぱ、「チャンポン」の文字があると、
ついつい頼んじゃうんだよね~。


ほんの少し気にかかったことは、
メニューに並んでいた
五目そばに、

「スープチャンポン」

と但し書きがついていたこと。


二階の席が空き、通された後にメニューをしげしげ。


DSC02473



ちなみに「チャンポン」には

あんかけ

との但し書き・・・・


なんか違うのかな?

二階席は4人掛けテーブル×2卓、
あと2人掛けテーブルが一つ。

意外と狭いのだなぁ。


DSC02473


待つことしばし、来ましたよ。



DSC02474


あぁ、あんかけね。














って、あんかけOnly?


汁なし?



Oooooooooh!

そういうことか!


フツーのチャンポンはここでは五目そばなのだ。


こりわびっくり。


まぁ良い。いただきましょうか。


レンゲがないな・・・・

っつーか、汁なしならレンゲはいらんらしい。


いざ。


スープをすすりようもないので、
をたぐる。

一口。

さすがはあんかけ。
熱いって。


箸触りの時から感じていたが、
麺は柔らかめ。

茶色く染まっており、一見
揚げ麺を茹でたかのよう。
濃く味が染みているわけでもない。

箸でたぐるも、スープがないため
麺は絡みがち。
そして柔らかいため途中で切れ、
ぷっちん!!
びよよよ~

となりがち。

気をつけねば周囲に飛び散る。

味は割と薄味ながら、
ニンニク風味は効いている。

野菜はたっぷりだが、いかんせん熱が通り過ぎ。

小生、野菜は歯ごたえがある方が好み。


何となくイメージ違ったなぁ。

最初の出だしをはき違えているため、
どうにも違和感

どうせなら「五目そば」
「かた焼きそば」にすれば良かったなぁ。

というわけで
小生的にはイマイチな感じがぬぐえないまま
店を後にしたのであった・・・・


Σ(´ι _`;)