とある、
はかない夢が潰えた昨今。

まぁ、人生いろいろあらぁな。



・・・・ということで、
夢の実現可否を巡るドタバタなどで
最近更新のモチベーションを失っていた
当blog
であるが、
またしても宿題が・・・・

ナニかとアレヤコレヤとお世話になっている
B-Promotion
から。


水を飲んで感想文を書きなさい。







Σ(´ι _`;)
仰せのママに。
(自分でエントリーして選考の上モニターになってるんですよ、
ホントは。)







温泉水99


今回のレポートで
ナニが一番期待しているって、

鹿児島の水ですよ、
あーた。


鹿児島の水



それも、県内有数の良質の水が湧くと評判の
垂水(たるみず)の水である。

小生の出身である鹿児島市も
水はウマいのであるが、
そこから錦江湾を挟んで反対側、
大隅半島に位置し桜島の麓にあたる
垂水市の水は名水として有名なのである。

東京に越してきて
ナニが一番気に入らないって、
水のマズさである。

東京都水道局が
東京水
などと盛んにCMを出したり、
あまつさえは
ペットボトルで水道水を販売
したりしているのであるが、
いかんせん硬水
文字通り小生には根本的に
『水があわない』
のだ。

その水の違いを最初に感じたのが、
鹿児島の焼酎を持ち込み
お湯割りを作って飲んでみたとき。

いつも飲んでいる銘柄の焼酎が、
何だかチグハグな感じがして
全然まろやかさがなかったのだ。
水と焼酎が混じり合っていない、
ケンカしている状態
とでも表現したらよいだろうか。
これについては、
簡易浄水器を蛇口に取り付けることで
だいぶ改善したが、
それでも我慢していることには変わりなかった。

それが今回、
モニターとして
2リットル(6本入)
500ml(24本入)

あわせて24リットル
をご提供くださるという。

いやぁ、太っ腹。


ただ、単身赴任のオトーサン
どんだけかかって消費するのであろう?
というソコハカとないギモンは
この際封印しておこう。

さて、その
温泉水99
が、本日やってきた。





ぐはっ!!

クロネコのおじさん、ご苦労様でした。
m(_ _)m

なんといっても24kgは確実にある
荷物だからな。

荷ほどき。




しかし、考えてみれば
毎日500mlから1リットル程度は
お湯割りで消費している

と思われるので、
意外と早く消費するかも。

同封されていた各種資料、パンフ、
そして同社のホームページ
キャンペーンサイト
各メディアへの掲載歴など
を参照してみると、
どうやらウリ
アルカリ度9.9(pH9.9)を誇る
世界トップクラスのアルカリ性温泉水
であること、
硬度1.7という
桁違いの軟水
(一般は20?100程度らしい)
であること、
さらに
水のクラスタ粒子が小さいのか、
抜群の浸透力
油と混ざっても分離しない
など、かなりの違いがあるらしい。

まぁ、能書きはよい。

まずは試してみることに。

手始めに、ドリップコーヒーを。

コンビニで購入した
簡易ドリップ式の一杯ずつ入れるタイプのモノ。

保管は冷凍庫であるが、
だいぶ日がたちイマイチな検討材料だが、
淹れてみると良い香り。
これまでは結構ニガめなテイストであったのだが、
軽めに仕上がっていた。

ふむふむ。

しかしやはり真価は、

焼酎

で試してみねばわかるまい。
(なんとなく・・・・)

ということで、真っ昼間っから
ひとり焼酎試飲会。



残念ながら左の
角玉黒麹
は飲みきってしまっており、右の
黒たなばた
にて試飲。

実はこの黒七夕、
今回初めて購入してみて
あまり好みの味ではないと感じていた。
薄く作ると味も素っ気もなく、
濃く作ると薬っぽい香りと
妙な甘味料にも似た甘さ
を感じてしまい、
やや辟易としていたのだ。

しかーし。

温泉水99登場。


コップに7割ほどお湯を入れ、
(お湯を先に入れるのは基本中の基本。
鹿児島ではお湯割りを作るとき
焼酎から先に入れると
「わいゃ、なんしちょっとよ!?」
(おまえはナニをしているんだ)
と叱られること請け合い)

黒七夕を縁まで注ぐ。
すると、これまでお湯割りを作りながら
感じたことのない香りが香り立つ。

おぉう!!

香りまで違ってくるのか。

鹿児島のオッサンの作法に則り、
グラスに口を持っていき一口。

おぉぉぉぉうぅ!!??


違う

こうも違うか。


これまで人工的に感じていた甘みが、
柔らかいさつまいもの馥郁とした甘みに。


・・・・やっぱりね。

結論

鹿児島の焼酎は鹿児島の水で割りましょう。


いやいや、そうじゃなくって。


これから約2週間試飲してみて、
その結果を再度お知らせしてみたい。




そんな昼酒飲みの独り言はさておき。




キャンペーンバナー

天然アルカリイオン水「温泉水99」




・・・・と思ったでしょ?


今回はマクラのみで終わりでございます。

m(_ _)m