最近のトヨタのデザイン。


いわゆる

インスパイア系
(触発されちゃった系)

が非常に多いと思われ。

特にハリウッド映画の。



simmiler01


シエンタストームトルーパー
(STAR WARS)
  



simmiler02


4代目プリウスターミネーターT-800






simmiler03


S-FR









simmiler04


鷹の爪団 吉田くん


(ハリウッド映画ちゃうし・・・・(*´・ω・))




特にこうするとより一層わかりやすい。


BlogPaint







このようなデザインは決して

模倣
パクリ
まねしんごろう


ではないので
悪しからず。



そんななんちゃってデザイン談義はさておき。




草食男子たる小生


たまには香草が食べたいではないか!!

ワシワシと。



鹿児島市内にはタイ料理の店なども
いくつか存在するが、
ランチタイムに営業していない場合
が多いのが難点。
(ノ∀`)


そんな中、小生の

香草センサー
(頭にパクチーが生えてる)

に引っかかった店。



ヴェトナム料理 香香(しゃんしゃん)




お店のホームページはこちら


何度か前は通ったことがあるが、
訪問は今回が初めて。

なにせ、
スーツ姿のガテン系サラリーマン
訪れるにはちょっと不釣り合いな店構え。

DSC_2235


鹿児島中央駅隣接の
黒田踏切たもと。

DSC_2234


すぐ隣は鹿児島餃子の王将中央駅店だな。
(↑こちらはガテン系の聖地)


入口が一段奥まっており、
外から見ると一見開いているかどうかわかりづらい。

しかしよく見ると室内に明かりが見える。

勇気を振り絞って入店。

ちわーす!(=゚ω゚)ノ


店内はL字カウンターと二人掛けのテーブルがいくつか。

ヴェトナム料理香香 - Spherical Image - RICOH THETA



女性が好きそうな店の造り。

ガテン系のオッサンは
やや居心地が悪い。

とりあえずメニューを。

DSC_2224


選べるのは

A.フォー・コース
(ヴェトナム麺)

B.カリー・ガー・コース
(ヴェトナム風チキンカレー)

C.バイン・ミー・ティットコース
(フランスパンのサンドイッチ)

D.土鍋滋養ご飯コース
(にんにくたまねぎしょうがの鶏土鍋ご飯)

の4種類。



やはりここは



でしょう。
 (* ̄ー ̄)


ということで

フォー・ガー

をいただくことに。

ちなみに「ガー」は鶏肉を指すらしい。

BlogPaint



夜は各種のコースがあるようだ。

DSC_2231
(ただし飲み放題プランはないとのこと)

DSC_2232



なかなかに興味深い。


DSC_2233


よく見るとさすがは鹿児島

島美人

のボトルもあるので、
常連さんはキープもあるのかも知れない。


さて、最初にいくつか小皿などが運ばれてくる。

DSC_2225


「それぞれについてはのちほど
ご説明いたしますので」



とのことなので、しばし待つことに。


やがて運ばれてくる

フォー・ガー。

DSC_2226


先ほどの小皿を含め
食べ方の指南が。

「右からライム、こちらは麺の上から
絞ってお召し上がりください」

「次はコリアンダー。
お好みに合わせて入れてください。」

ああ、そういえばパクチーって
コリアンダーとも言うな。


「ごくあっさりとした味付けになっておりますので、
味を濃くされたい場合はこちらのニョクマムを。」

「この赤いのはペッパーソースです。」


なるほど。
 (* ̄ー ̄)


では、いただきましょう。


まずはライムをギュッと。

パクチーも全て載せる。

あー、ライムってこんな香り。
柑橘系としては少々異質な、
風変わりな香りを楽しむ。

まずはこの状態で。


純白の米麺


DSC_2228



スープを一口。



なるほどー。
( ・∇・)



鶏ガラと野菜、香辛料で取られたスープとあるが、
非常にすっきりとした味わい。

香辛料の香りがクセになる。


フォーはしなやかで柔らかく、
まったくクセがない。

それでいて食べ応えはしっかり。


見ての通り、野菜がたっぷりと入っており
パクチーその他の
独特の香りが食欲をそそる。


二口三口いただいたところで、
ペッパーソース全量投入。


ちょっと甘味のあるトウガラシ。
辛さはまったく気にならないレベル。
(※個人の感想です)


味付けは薄いと言われたが、
小生的には問題なかったのだが
ちょっとニョクマムの味わいも足してみる。

塩分はさほどではなく、
魚醤特有の香りが広がる。


ウマし。


なかなかこのようなエスニック料理には
馴染みが薄いが、
小生

大好き

である。
( 〃▽〃) 


その中でもこのヴェトナム料理
クセが少なく万人受けしやすいとのこと。


量は少なめに見えるかもしれないが、
ドンブリにたっぷりと盛られており
全部いただくとすっかり満腹に。


いやー、これ毎日食べてたら

痩せてまうがな。
Σ(´∀`;)



食後にはデザートと

ヴェトナムコーヒー
もしくは
ヴェトナムティー

が選べたのでコーヒーで。


DSC_2229


一杯ずつ濾過するメタルのドリッパー。

デザートはバナナのタルト。


DSC_2230


コーヒーの香りも一種独特。

シナモン?カカオ?

ちょっとよくわからなかったが
香辛料の香りがミックスされている。

これはこれでウマし。


ガテン系のサラリーマンが
飯をかき込むには似合っていないが、
ゆっくりと会話を楽しみながらランチをいただく
にはよい風情。


ただし、見た目以上にボリューミーで
米の麺であるため
腹持ちもよい。


鹿児島のラーメンはそれほどでもないが
こってり豚骨や白湯鶏ガラなどに飽きた諸氏、

たまには違ったものを食べてみるのも
オススメですぞ。
(麺だけど)



夜のコースも楽しんでみたいと思って
店を後にした次第。


お試しあれ。