最近知ったトリビア。



左、ギザ十(昭和28年産)
右、普通十(昭和49年産)

DSC_2255



ギザ十(ぎざじゅう)とは、
日本で1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)
にかけて製造された十円硬貨を指す。
(1956年〈昭和31年〉は未発行)
硬貨の縁に多数(132個)の溝が彫られており、
ギザギザになっていることから、
広くこのように呼ばれている。

[Wikipedia 2016/03/26 採取]


ちなみに上記の面がウラ面であることも
一つのトリビアではあるのだが。


同硬貨オモテ面。

DSC_2256


よっくご覧いただきたい。

ギザ十(左)側の硬貨は
中央に刻まれている

平等院鳳凰堂の真ん中の扉が開いている

のである。

(若干ピントが甘いが画像をクリックで拡大!)



確かに、右側普通十(?)の平等院鳳凰堂の扉は
真ん中に柱が見え閉まっているように見えるが、

ギザ十の扉の真ん中には柱がない。



 (* ̄ー ̄)

シタリガオ




そんな修学旅行で平等院鳳凰堂に行った
長男氏からのウケウリ知識はさておき。




小生、このように

誰が読んでいるのかもわからない
つまらんラーメン日記


をダラダラと誌しているので人からは

さぞかし多くのラーメン屋を食べ歩いている

かのように誤解されがちであるが
実際にはほんの一部のラーメン屋を
それも鹿児島市内中心部をメインに
知っているに過ぎない。

そのため
めったに訪れない方面
の店はポッカリと空白地帯として
未訪のままである場合が多い。

そんな小生にとってのエアポケット

中山方面。


そこに、以前は坂之上にあった店が
ずいぶん前に移転したという話は聞いていた。

本日ようやく
その店を訪れる機会があった。

なにせマメに店を調べて訪問するなどといった
計画性には無縁
突然思い出したりしなければ
訪れる機会もないからな。


めんくい亭

DSC_2265




今回もその

行き当たりばったり

のノリでやってきた。

こういう場合得てして

行き当たってバッタリ

な結果に陥りがちであるが、
今回は普段の行いがよかったのか
問題なくたどり着け
問題なくラーメンを食することができた。


駐車場もたくさんあるようだが
ほぼ満杯
店内もほぼ満席。

カウンターの端に一席空きがあったので
 そこへ通される。

めんくい亭 - Spherical Image - RICOH THETA



さて。

来てはみたものの
ナニがオススメかとか
そのような予備知識も一切なく来てしまったな。

ここに移転する前の坂之上時代には
2回ほど訪問したことがあるのだが
なにせ移転したものずいぶん前である。

まったく記憶にない。

とりあえずメニューを拝見。

DSC_2258


うわー・・・・(;´Д`)

かなりの品揃え。

とりあえず大きくは

味噌醤油

三本立て
トッピング類でバリエーションを付けているらしい。

ここはやはり麺喰道のオシエに従い

初襲の店では筆頭メニュー
(初襲じゃないけど)

ということで塩ラーメンにしてみようと思ったが
600円とダントツに安くて少々不安になったため
次点の・・・・

おや?
(*´・ω・)

すーぱー元気ラーメン

とか

ばりばり元気ラーメン

とかがあるな。


「これなんですか?」


聞くところによると、
元気と付くとニンニクが入るらしく

『すーぱー』は生ニンニクベース

『ばりばり』は揚げニンニクベース

らしい。


さすがにナマ( 〃▽〃) はヤヴァイので
『ばりばり』でお願いしてみた。


待つ間、途中で入れ替わった隣のオッサン
スポーツ新聞をガバッと全面に広げて読み出し
邪魔になることおびただしいが
こんなことで怒ってはいけない。

小生、この店では完全アウェイなのだから。
(オッサンは常連っぽかった)


こめかみをピクピクさせながら待つことしばし。

「お待たせしました~」


やっと来たのはいいが、
ずいぶん後から着席した隣のオッサンと
同時着丼はいかなる天の配剤か。

まあよい。


DSC_2259


ドンッ!!


Σ(゜∀゜;ノ)ノえっ?


そのデカいドンブリにも驚いたが
具がまた・・・・


天津ラーメン?


いやいや、カニ玉でもないし
あんかけでもないし。

オープンオムレツと言えば聞こえはいいが
要は溶き卵を丸く焼いたもの

これがラーメンの表面を覆っていた。


(; ̄ェ ̄)
ざ、斬新だな。



とりあえずいただいてみましょうか。

DSC_2260


スープを一口。


(*´・ω・)

鶏ガラベースか、至ってあっさり

揚げニンニクの香りもするが
あまり功を奏しているようには思えない。


麺。


いやいや、これは茹ですぎでしょ~~~(;´Д`)

かなりのユル目。

しかも食し進めているうちに
どんどんユルくなる。


うーむ・・・・



そういえば配膳係のオバチャンが

「ねぎ味噌です」

と隣のオッサンに小瓶を置いていったな。

オッサンはスポーツ新聞に夢中で
まったく気がついていないようだが。

そのスポーツ新聞の下になっているねぎ味噌を
あえて

「すいません・・・・Σ(´∀`;)」

と礼儀正しくことわりながら引っ張り出す。

オッサンそれも気づかず。
(どんだけスポーツ新聞に没頭しとんねん)


DSC_2261


ひとサジ投入。


ふぅむ。

多少メリハリが付いたか。


スープはけっこう熱めだったので
調理ミスではなかろうが
この麺のユルさはいかがなもんでしょうか。


ほぼ満席で手が回っていなかったのかも知れないが
この客の入りから見るにかなりの人気店。
これが実力であるとは思いたくない。

またいずれ再訪してみたい。


・・・・いつになるかわからないが。
Σ(´∀`;)


記憶力微弱



会計時、すぐ横にこの店の
名物チャレンジメニュー

すり鉢ラーメン

の掲示が。

DSC_2262


ああ、そういや、この店
すり鉢ラーメンがウリだったなと
今さらながら思い出した次第。


入口にはこのチャレンジメニューに果敢に挑み
果てていったツワモノどもの夢のあとが・・・・

DSC_2263



チャレンジメニュー、前日までに要予約。