拙宅の電化製品で
最古参

魚焼きロースター

であった。

roaster


画像は拾いモノだが、おそらくこれと同じものだったと思う。

日立社製のものであった。


魚だけでなく肉なども焼くことができ、
さらには

パンやピザ

なども焼くのに重宝していた。

冷凍ピザはオートメニューの中にあったが
パンは大きさや厚さなど千差万別なので
自動化は困難だったのであろう。


かれこれ15年以上にわたり活用してきたのであるが、
おそらく最古参にしてもっとも活用頻度が高かったため、
フェザータッチ式(?)のスイッチのうち
使用頻度の高いスイッチが
押しても反応がなく
300回ぐらい連打してたまにスイッチが入る
とか
オモテ面のガラスが洗っても落ちない汚れで
中が見えなくなっていた

とか

「もうさすがに替えていいんじゃなかろうか?(*´・ω・)」

と思わせる老朽ぶりであった。


そこで新しいモノを物色したのであるが、
最近はこのような据え置き型のロースター
どこのメーカーもほとんどラインナップしておらず、
唯一と言ってよかったのが

パナソニック けむらん亭

kemurantei

NF-RT1000


ところがこの機種には、お節介にも

燻製機能

が付いていたのである!(。-`ω-)

もちろんそれ狙いw



付いてきた機能はしゃあない、

活用せねばもったいないではないか。
(*´・ω・)



ということでいくつかチャレンジしてみた。

しかし、飽きっぽくそこまでのめり込まないタチの小生ゆえ、
何種類かしか試しておらず、
しかもお手軽なモノしかチャレンジしないため
本機の実力のホドを量るほどの活用はできていないのであるが、
簡単にしてウマいのは

ミックスナッツの燻製。

DSC_2221


見よ!この色艶・・・・

あめ色のコーティングは
燻煙による色である。

チーズの燻製も簡単でウマいのであるが、
チーズによっては

でろんでろんに溶けて

敷いてあったアルミホイルと一体化したりして
意外と調理が難しいのだ。

夜のおつまみとして一人で食す際には
チーズは一かけ二かけでよいしな。


その点このナッツは、
テキトーに買ってきたミックスナッツ
(味付でも可)を
アルミホイルの小皿に適量入れ
燻煙チップとともに燻煙皿に入れて
上からアルミホイルで覆い
10分ほど加熱するだけで
風味豊かなカリカリナッツ
ができあがるのだ。

もちろん本格的な燻製造りに邁進してもよいが
なにせホラ、小生、

ズボラですから。
Σ(´∀`;)



けむらん亭で室内調理を行うと、
確かに煙は出ない。

しかし、燻煙の香りはけっこう室内に充満するので
それが気になる向きは購入を考え直した方が良かろう。

拙宅は家中がほぼ一つの空間という
ミニウサギのウサギ小屋
のような家であるため
宅内全域にニオイが広がる。

調理が終わってしばらく時間が経ってからも、
風呂場の脱衣所の片隅とか
二階のクローゼットの中とかで

フッと

燻煙の香りが鼻をかすめるときがあり、
空気の流動性と拡散性
身をもって感じることができる。


本格的に燻製をするには
やや庫内高が低いため
役不足な場合もあろうが、
お手軽に燻製を楽しむ
にはよい製品であると思われる。

お試しあれ。
 (* ̄ー ̄)




そんな誰も聞いちゃいない商品レビューはさておき。





鹿児島餃子の王将騎射場店



わざわざこう誌すのにはワケがある。


ご存じの方も多いと思うが、

餃子の王将

とは、一般には京都に本社を置く
王将フードサービス
が京阪神地区をメインに展開する
中華料理チェーン店をさす。

その他に、

大阪王将

というイートアンドが展開するチェーン店もあるが、
これら二つの系列と

「鹿児島餃子の王将」
は資本関係がない
鹿児島王将株式会社


が運営しているのである。


コトの次第は以下の通り。


鹿児島市などに“餃子の王将”を掲げる店舗が複数存在するが、
これは王将フードサービスとは資本関係のない
「鹿児島王将株式会社」が経営するものである。
日本国内における王将フードサービスの直営及びFC以外で
“餃子の王将”を名乗る事が出来るのは
鹿児島王将のみである。
また、鹿児島王将は王将フードサービスとの間で
「鹿児島県内における『餃子の王将』出店は鹿児島王将に一任する」
旨の協定を結んでいる。

(中略)

1978年(昭和53年)7月に、
当時餃子の王将に勤務していた
稲盛実の義弟が独立を希望していた。
それを聞いた

兄の稲盛和夫(京セラ社長)

が餃子の王将の社長に掛け合い、
快諾を得たため、義姉の弟とともに
鹿児島王将株式会社を設立。
同年9月に「餃子の王将」中町店をオープンさせた。
現在は、
中町店
騎射場店
中央駅店
国分店
伊敷店
笹貫店
吉野店

宮崎県の大塚店
計8ヶ所に店舗を構えている。
メニューも一部を除き酷似しており、
一時期は熊本市などにも進出していたが、現在は撤退している。
なお、現在熊本市内で展開する王将は、
王将フードサービスの直営またはFCである。

[Wikipedia 2016/03/29 採取]


要するに、かの稲盛和夫氏が掛け合い
餃子の王将から鹿児島県での運営権を引き継いだ
というわけである。

しかも。

以下の鹿児島餃子の王将のHPを
ご覧いただければわかるが

各店舗ごとに提供する品揃えが違うのである。

鹿児島餃子の王将


今回は、その騎射場店を訪れてみた。



実は当blogでは、
鹿児島ではもっともポピュラーとも言える
中華料理チェーン店である

鹿児島餃子の王将

をご紹介するのは、今回が初めてである。
(´-ω-`;)ゞ



なぜにこれまで紹介してこなかったのか?




それは。




小生があんまり行ったことがないからでーす!
(*゚▽゚)ノ




いや、もちろん全く行ったことがないというわけではない。

しかし。


鹿児島で餃子の王将と言えば

独特の甘酢あんかけである
天津飯




不動のナンバーワンメニュー

である。


だがしかし、これ、麺じゃないし。


というわけでこれまで避けていたわけではないのだが、
なかなか食す機会にも恵まれなかったという次第。

しかし、これはやはり

避けては通れぬ道ではないか!!
(゚Д゚)クワッ


ネタ的に


ということで、意を決して訪れてみた。

DSC_2283


騎射場店は、鹿児島大学のお膝元ということもあり
学生相手だからか
麺類のメニューがソレナリに多い。
(学生カンケーないし)




電車通りに面し、
騎射場電停の目の前という立地。

駐車場の心配をする向きもあろうが、
店から50mほど荒田八幡方面に戻った場所に
コイン駐車場があり、
そこの30分コインを補助してくれるのでご心配なく。

DSC_2284


メニューは事前に決めてきた。

麺を食さなければハナシにならないので、
まずは騎射場店限定の

白ごま担々麺(550円)。


ただ、これだけでは負けた気がするのと
野菜不足を補うために

ヤサイイタメ(330円)と。


麺だけだとたったの550円のために
駐車料金を補助してもらうというのも
心苦しいではないか。


決して

白ごま担々麺だけじゃ足りなかったらどうしよう

などと思ったわけではないので
そこのところご了承いただきたい



店内はオープンキッチンをカウンターが囲う造り。

鹿児島餃子の王将騎射場店 - Spherical Image - RICOH THETA



奥には小上がりの座敷も。

さすがは学生とガテン系の聖地

といいたいところであるが、
近所の年配の方々女性のおひとり様など
客層は多彩。


オーダは卓上のオーダシートにチェックを付け
店員に渡す方式であったが
久々訪れてすっかり忘れていて
口頭で注文してしまった。

まぁ、それでも
ちゃんと店員さんがチェックしてくれる
のでご安心を。


提供が早いのもこの店の特長。

まずはサッとヤサイイタメが運ばれてくる。

DSC_2280


どうと言うことのないルックスであるが、
キモチ濃いめの味付け
塩胡椒ベース。

ワシワシいただいていると来ました!

白ごま担々麺。

DSC_2281


スープを一口。

特に刺激的なわけでも
濃厚なわけでもないが
フツーにウマい。

ゴロゴロとたくさん入った挽き肉も好印象。

DSC_2282


麺もそれほど特別ではないが
つるっとシコシコ
熱ダレもせずなかなかにウマい。

価格を考えれば十分なお味であった。


さらっとすべていただき、
ごちそうさまでした。



小生のように麺にこだわらなければ
各種定食や
それこそ人気の

天津飯

なども価格を気にせず思う存分堪能できる。


夜来て餃子とビール。

これもあこがれのスタイルである。


お試しあれ。