南極2号



って言ってたよね?
(;・`д・´)




nankyoku2gou
(画像は同キーワードで引っかかった拾いモノ)




そんな
オッサンたちの記憶を揺さぶるだけ
のマクラはさておき。







記念すべき

1,501号目

の記事を華々しいマクラ
スタートさせたわけであるが。




閑話休題。



お昼はいつも悩む。

悩んだ挙げ句に
最後はメンドくさくなって
ついつい通い慣れた店に流れてしまう
という流れが多々あるが
今回はこちらへ。


DSC_1852


麺屋きんのむぎ。





この店がココにオープンした当初は
周りにはあまり店もなく
寂れた裏通りであったが、
ちょうどその頃
マクドナルドのドライブスルー
ができ
マックスバリュがオープン、
さらには鹿児島市立病院が移転してきて、と
一気に開けた土地になった。


オープンは2014年初頭、
もう3年以上経つのだな。


ちなみに過去ログはこちら。

The third bland 麺屋金の麦(2014/02/16)

僅少ジャンク感、きんのむぎde油そば(2014/09/20)

久々!麺屋きんのむぎのちゃんぽん(2016/04/13)

日替わりよくばり唐揚げセット 麺屋きんのむぎ(2016/06/30)

『雷』!麺屋きんのむぎの激辛つけ麺(2016/11/03)




なんと!5本しかない。

もっと何度も来ているというのに!


すんませ~ん。(´-ω-`;)ゞ



ということで入店。
(話題を変えるw)



この店は言わずと知れた

 アイアイラーメングループ 

のお店であるが特徴は

ちゃんぽん・皿うどんが食せること。



グループ他店では食すことができないのだ。



しかし、たとえこの店を訪れても

なかなかちゃんぽんにありつけないワナ

が仕掛けられているので注意が必要である。


それは、アイアイラーメングループ各店が
しのぎを削って集客に努める

オトクなセットメニュー

が待ち構えており、
ついついフラフラと
そちらになびいてしまうからである。

強い意志を持って来店しなければ
ちゃんぽんにたどり着けないのだ。
(。-`ω-)

意志薄弱w



この日も内角高め
シブい路線を突いてきた。

kinnomugi


くっ、、、、レバニラ定食か・・・・

このように、事前にその日の日替わりが
 Facebook 上に告知されるが
今日は見なければよかった。
(つд`)



だがしかし初志貫徹


おもちゃセット
はもらえそうにないが、
ちゃんぽんを食べるのだ!!


入店。

カウンターへ。

店内はお昼時なため
かなりの混み具合。

麺屋きんのむぎ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




ちゃんぽんとは決めてきたが
一応メニューを。


DSC_1845


ををっ!!

ちゃんぽんはちゃんぽんでも

野菜盛ちゃんぽん 830円

桜島盛ちゃんぽん 1130円

というものがあるではないか!!


だがしかし、きっとこの桜島盛というのは
価格差から見て
泣きを見るチャレンジメニュー
である公算が高いため今回は

野菜盛ちゃんぽん

をオーダ。


店内は満席に近く
3名のスタッフで切り盛りしているが
ギリギリなんとか回せている状態。

店長が次々に調理をこなし
『研修中』
の名札を下げた女性スタッフが
麺上げや盛り付けを担当
もう一人の女性スタッフが主に店内に気を配る。


この店をはじめ
アイアイラーメンが他店と較べて
優れていると思うのは
各スタッフがお互いに注意を配り
常に大きな声を掛け合い
オーダを確認
調理の状態を報告
客席の状態を連絡

しあっていること。

オーダが入ると大声で復唱
間違いがあればその場ですぐにわかる。

とにかくコミュニケーションを取り合って
全体で店を回しているのである。

ぼ~~~~っとしたバイト君なら
一日で取り残されて辞めてしまうことだろう。


先客のオーダ品が次々と作られ
運ばれていく。

待つ間はお約束の
ダイコンの漬け物で。


DSC_1846



ようやくちゃんぽんの製作に取りかかったようだ。

小生の野菜盛と後客のノーマルちゃんぽん
同時調理されるようだが
中華鍋にワシ!と掴んで入れられた
モヤシの量!

スゴい量なんですけど。
(; ̄ェ ̄)


麺茹でもスタート。

そしてそれらが合体して

来ました!

野菜盛ちゃんぽん!!

どーん!!


DSC_1847


先日似たようなモヤシの山を見たが

まぁ、この倍はあったな。
(*´・ω・)


そんなわけでいただきます。


DSC_1848


スープをひとくち。


ん~~~~~~あっさり。

味が薄いのではない。

とんこつのエキスは感じるが
至って軽めの味付け

麺もウマい。

野菜も程よい火の通り具合
シャキシャキさを残しつつも
食べやすい柔らかさ。


だがしかし、かなりの野菜の量

これを半分ほど食し進めたところで
卓上の柚子ぽん酢を
たら~りたらりと。


DSC_1849


さらに上からコショウを少々。

これにより全体に味にメリハリが付き
最後までおいしくいただきました。


DSC_1850


ちゃんぽん好きのココロを捉えて放さない一杯。


ごちそうさまでした。


鹿児島大学も近く
学生も多いが
一般の人も多い。


ちょっと毛色の変わった
アイアイラーメングループの店。


オススメします。