各種の提案書レポート
論文企画などを組み立てる際に
引用する統計資料などとして
役に立つであろうサイト。


都道府県別統計とランキングで見る県民性
http://todo-ran.com/



たとえば。


全国のラーメン屋店舗数とか。


ラーメン店舗数 [ 2017年第一位 山形県 ]http://todo-ran.com/t/kiji/11806
ラーメン店舗数 [ 2017年第一位 山形県 ]



全国のうどん屋店舗数とか。


うどん屋店舗数 [ 2014年第一位 香川県 ]http://todo-ran.com/t/kiji/13485
うどん屋店舗数 [ 2014年第一位 香川県 ]


(;´Д`)

あ~、予想通りうどん県強し、ですな。



全国のそば屋店舗数とか。


そば屋店舗数 [ 2014年第一位 長野県 ]http://todo-ran.com/t/kiji/13480
そば屋店舗数 [ 2014年第一位 長野県 ]


どっちかっつーと、

東高西低ですな。



・・・・とかとか、
なんとなく眺めているだけでも
楽しいではないか。







( ・∇・)

で?


なマクラはさておき。
(オチもヒネリもありませんが)




しばらく経つと

自分がいつドコでナニを食したかなど

すっかり忘れておりますが。


そんな中、すでに先週の訪問になるが

 台湾屋台麺線 

DSC_1925


を再訪してきた。






 Facebook に以下の情報が掲載されたからである。


taiwantaimensen


モロモロと各方面から指摘を受け
数々の手直しをしているではないか。



オッサンたちの情報源 Facebook 

 Facebook 大事!!



ということで入店。


台湾屋 台麺線 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



駐車場がないのが残念なところ。


今回同席したお客さんと
ご店主やお店の方との会話から
当初この場所がら

テイクアウトが主流になるであろう

との目論見で出店したが
フタを開けてみると

八割ぐらいが店内での飲食

ですっかり当てが外れ
それがゆえに駐車場の準備も
間に合っていないとのこと。

確かに、このあたりで駐車場を探すこと自体
困難であろうと思われる。


さて、店の端に腰を落ち着け
メニューをば。


DSC_1918


なるほどなるほど。

金額の端数を調節し
10円単位の金額となっている。


ちなみに前回の記事はコチラ。

オープンテラス!台湾屋台麺線(2017/06/15)


以前は外税のため
表示価格はよいのだが
いざ支払をする段になって
1円単位のメンドくさい処理
となっていたのだ。

客としても、メンドくさい1円単位の処理だと
サイフに小銭が増えるだけで何もウレシくない。

それよりは、多少(数円ww)支払が増えても
10円刻みになった方が
よほど利便性が高いというもの。

1円単位のものを積み上げる
スーパーの支払ではないのだ。


DSC_1922



さて、ナニをオーダーするか。
(。-`ω-)




新たに
麺線丼
なる魅力的なボリュームメニューも増えているが
やはり

麺線&鶏肉飯

という黄金コンビは外せない。


・・・・なんとなく。(´-ω-`;)ゞ



ということで、

台麺線(大)+鶏肉飯(並)



 よくばりセット(A) 

でお願いすることに。



最近セットで注文すると
友人から

#またセット食ってるし

という心外なタグを付けられるのである。



そんなことはどうでもよい。


来ました、

台麺線(大)+鶏肉飯(並)



 よくばりセット。 


DSC_1920



確かに以前より台麺線のドンブリが大きい気が。


その台麺線の上にかけられているのは

台湾黒酢

であろうか。

卓上の三種類の薬味の説明から察するに。


DSC_1919



ということで、一通りノーマルな味を堪能したところで。


DSC_1921



てろり~~~~ん

回しかけた赤いのは辛味調味料
(たぶんラー油)

中心部にニンニクソースを少々。

さらに外側に台湾黒酢を足しまして。



まぜまぜして

はむっ!!


((・ω・))モグモグ




ンマイ。



まぁ、ハッキリ言って麺の食感

ほぼない。


スープと渾然一体になっているのだが
そのスープがまた、もう。

鰹ダシ主体のとろみスープなのだが
台湾っぽいナニかなスパイスにより
台湾っぽい味わいになっている。
(わかりにくいwwww)


形容しがたいのだが
なんとなくそれっぽい味わいとしか表現のしようがない。


もちろんセットものの鶏肉飯も

台湾っぽいナニか

な味わいがするのである。




中華風味ともまた若干違った
何とも言えない風味なのだ。

これは実際に味わってみていただくしかない。



ということで、

サラサラさくさく

あっという間にごちそうさまでした。


DSC_1923


かなりの満腹感

さすがは

#またセット食ってるし


 (* ̄ー ̄)




今後もやはりこの
台麺線+鶏肉飯
の組み合わせが主流になるであろう。



テイクアウトも含め、
ぜひお試しあれ。