前回の記事

PDA

について触れたが

マクラが物足りない
だの
どんだけPDAという名のドブに
カネを捨てたと思ってるんだ

だの
ザウルスを語らせたらウルサいぞ
だの

一家言ある諸氏
がワラワラと涌いて出た。


確かに小生も話題を振りつつ
ずいぶんとタンパクな触れ方に終わったな
と思っておったわけであるが

前日の記事の更新からあまり経っておらず
時間が取れなかったんだよぅ。
(´;ω;`)



ということで再び





おぼえていますか


PDAのことを。


ai-obo02
(もうええっちゅねんww)


小生のPDAデビュー

SONYのCLIE
(PEG-NX70V)

であった。


PEG-NX70V

大画面(当時としては)タッチパネル
カラー液晶ディスプレイ搭載
カメラ・
メモリースティックスロットおよび
PHSデータカード用スロット内蔵
ハードウェアキーボード付き


という当時としては

全部のせ状態

のテンコ盛りの構成。


これにPHSデータカードを挿し
ネットにつないで・・・・


そういえば何してたんだっけ?
(´・ω・`)



ぐーぐる先生にお伺いをたてる
ぐらいできたのだろうか?


まぁ、当時はそんな世界。


主に予定表の管理
メモ等に使っていたのではないかと
思われる。


その後彗星のように現れたのが
(3倍早い?)

W-ZERO3シリーズ。


w-zero3

OSはCLIEのPalmに替わり

 Windows Mobile 

が採用されたシャープ社製であったが
PHS事業者のウィルコムとの共同開発ということで

通信機能を内蔵

しているという画期的なものであった。


もともと小生はこの時期は
ウィルコムのPHSユーザ
であったため
機種変更で使用する
という選択肢もあったが


このデカいハコを
耳に付けて
電話をかけるの図



W-ZERO3-01
(画像は例によって拾いモノ)


がどうしてもしっくりとこなかったため
見送った次第である。


厚さはソレナリにあるが
今のスマホと較べても
さしてサイズに違いはなく
今となってはあまり違和感を感じない
かもしれないが
当時はどうしても
その点が許せなかった
のだ。


しかしその次のモデルチェンジ
状況は変わる。


W-ZERO3es

W-ZERO3[es]

という機種が発売されたのだ。


これは、ディスプレイサイズは小さくして
全体に細長くし
表面にテンキーなどを配して
電話機としての機能を高めた
もの。


パッと目には
ちょっとデカめで分厚いケータイ
ぐらいにしか見えないものであった。


小生はこれを買いました。
Σ(´∀`;)


当時はまだ

ローガン

も問題になっていなかったため
小さなディスプレイでも
事足りたのであった。


その後1世代挟んで次のモデルは。


ws020sh

ウィルコム ゼロスリー。


だいぶ小さくなった。


だがしかし
これを使っているうちに
世はスマホの時代を迎える。

日本で初めて発売された
Andorid端末

Xperia
(docomo SO-01B)


SO-01B


の発売を機に小生も
PHSに見切りを付けて
スマホ一本に絞ったのであった。


以後は
Xperiaひと筋7年半
である。


いやぁ、長かったなぁ。
Σ(´∀`;)



そんな書きだしたら長大になるマクラはさておき。
(長げぇよww)




新店ができた
という情報は
よく耳に入る。


あ、ソースはだいたい

 おっさんの情報源Facebook 

ですが。
Σ(´∀`;)


だからといってその店を訪問するかというと

地理的要因だったり
時間的要因だったり
その他の原因だったり

ゴニョゴニョ・・・・(´д`)

ですべて回れるわけではない。


そんな中、
できるだけ早く行きたい
思っていた店。


 チュウカソバキミイロ 

DSC_3723

DSC_3722


ここ。




鹿児島にしては珍しく

中華ソバ

をメインに据えた店。


現在はオープンから間もないので
メニューは一品に絞っての営業中。

・・・・と聞いた。
Σ(´∀`;)


意外とこのへん駐車場に困るのよねぇ、
と思っていたら
ありました。


DSC_3714


桜島フェリー前の県営駐車場。

 1時間までは無料。 

keneiparking

大きな通りを2本渡らなければならないが
意外と思ったよりも近い。

しかも1時間もあれば

散歩もできるな!
(・∀・)


ということで
ありがたくクルマを停めさせてもらう。


さて、入店。

ほぼジャスト12時ということで
先客は1名だったか2名だったか。

小生が食べ始める頃には
あっという間に満席
になっていたが。


一番奥の席へ。

チュウカソバキミイロ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



メニュー。


DSC_3715



メニューのネーミングが秀逸。


これでダメなら申し訳ない(中華そば)
730円

パンチの効いたメンマ
100円

冷めた方が美味しい唐揚げ
2個 100円

料理下手な母直伝唯一美味しい
梅と昆布の炊き込みおにぎり

100円

などなど。


ここにはないが、
お店のホームページによると

たまに登場 言い訳おこわおにぎり
100円

というのもあるらしい。


・・・・それ、ひょっとして

お焦げなのでは・・・・


実家精米ライスは茶碗のサイズのみ
大 200円
小 120円

となっているが

「お好きな量をおつぎください」

と書かれており
自分で電子ジャーからよそうスタイル。


それ、価格差の意味あんのかww?



ということで

これでダメなら申し訳ない
(メンドイので以下中華そばw)



料理下手な母直伝唯一美味しい
梅と昆布の炊き込みおにぎり
(同じくおにぎりww)

をオーダ。


例によって店内観察。


DSC_3716

『写真撮影 SNS
への投稿
ご自由にどうぞ』


あ~、面目ない。

んじゃ遠慮なくwwww







ん~、入店してすぐ気づいたんだけど、
カウンターに据えられてるのって

カメラよね?


camera01

camera02


小生のカウンターの前にも
バッテリーが置かれてるんですけど・・・・
(*´・ω・)


DSC_3718


ついでにいうなら、
厨房内のおねーちゃんのひとり
どっかで見覚えあるんですけど。


syoumura



おお。

アレか。


ほとんどテレビを見ない小生
でも知ってる
鹿児島テレビ放送
(KTS)


ナマ・イキVOICEのメインMC

syoumura02


庄村奈津美アナウンサーか。
(知らなかったのでググりましたwwww)


ふーん、取材か。
(*´σー`)



まぁ、厨房を撮ってるだけだし

実害はないな。


ということでお先に来ました

DSC_3717


おにぎり。
ラップ入り。


まもなく中華そばも到着。


DSC_3720


おおっ!

ちょっとアップで。


DSC_3719



イカニモな中華ドンブリ
麺筋を揃えられた中華そば。


漂うのは鶏ガラ醤油の香り。


では、いただきます。

スープをひとくち。


DSC_3721



ー。


ふんわりとした
鹿児島人好みにやや甘めに仕立てられた
鶏ガラスープ。

だが魚介も入っているのか?
と感じるほどフクザツな味わい。


ンマイねぇ。

(*´ω`*)


 東京の中華そば 
をイメージすると
ちょっと違うカモだが
東京でも甘めのスープの店はある。


ではを。

意外と麺が太いのね。


中華そばというとどちらかというと
麺が細いイメージがあるが
ガッシリとした重量感のある
ストレートな麺。



なめらかな啜り心地
スープがまとわりつき
チュルリとノドを滑り落ちていく。


具はというと
シナチクナルト
ザク切りタマネギ
レアチャーシュー
という名のローストポーク。

70℃で90分
じっくり火を通した肩ロース

とのこと。

確かに赤い肉だと
イヤがる人もいるからなぁ。

ご安心召されよ。



ということであっという間に
つるっとスルッとごちそうさまでした。


ああっ!!

シマッター!!!!
/(^o^)\


完食完飲のドンブリ撮り忘れ!ww
(いるのか?その絵ヅラww)


ちゃんと完食完飲いたしましたので
ご安心のほどを。


オープンからまだ日も浅いが
すでに周辺の民には認知され
すっかり人気店の急坂を登りつつある。

きっとそのうち
行列店になっちゃうんだろうなぁ~

その前に行けるだけ行っとこ。



あ、そうそう、
お小遣いが困窮している方

21297537_1927204754206232_2090754149_o

21277903_1927190914207616_167095300_o


皿洗い50分で
ラーメン一杯タダですから
ご安心下さい!



お試しあれ。