昨今の
妙なダルさとヤル気のなさ
により
当日記blogの更新
も滞っているわけであるが。

(誤字で「トド凍る」って変換されてビビったわww)


寝ても寝ても寝たりない
体もあんまり疲れてないんだが
なんとなく気だるい
ヤル気が出ない




・・・・ひょっとしてコレって




五月病?!!














satsukimidori



それは

五月みどり
(オヒマなら来てよねん)






そんなイミ不明なマクラはさておき。





今年も始まったんだそうですよ

麺匠樹凜の辛つけ麺。


karatsukemen


お待たせいたしました!
辛つけ麺の準備が出来ましたヾ ^_^♪
今回は通常の辛つけ麺(野菜盛り)は
夜のみ限定
にさせて頂きますm(_ _)m

お昼は
辛つけ素麺(野菜無し)
での提供になります。
▪️辛つけ素麺(野菜無し)
金額680円(税込)
※昼・夜提供致します。
▪️辛つけ麺(野菜盛り)
金額850円(税込)
※夜のみの限定になります。
皆様のご来店心よりお待ち致しておりますm(_ _)m



え~夜だけなのかよ~
昼は

辛つけ素面(シラフ)素麺(すめん)

だけなのかよ~
(´д`)


と思いつつも昼食時間に。


他にお客さんがいなければ

「辛つけ麺を!(。-`ω-)」

とオーダーできたかも知れないが
あいにく他にもお客さんあり。
(そりゃそうだ)

麺匠樹凜 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



麺だけというのもなんだか寂しいので
迷った挙げ句

まぜそば大盛り

に着地点を見つける。


DSC_6027



上の全天周写真では
たまたまお客さんが途切れたときに撮ったもので
この前後には賑わっていたことを付記しておく。
(忖度忖度ww)


さて、待つことしばし。


まぜそば登場。


DSC_6028



まぜそばのお約束
おいしくいただくためには
ひたすら混ぜる以外にない。


かき混ぜたくって具材と麺を絡め

いただきますとパクリ


DSC_6029



甘辛い肉そぼろ
ニラ
ネギ
カイワレ
卵黄
メンマ
もみ海苔
魚粉


などが渾然一体になってウマし。


通常と同じ中太麺であるが
茹で具合もよろしく
キュコキュコ
とした噛みごたえを楽しめる。


最後にどうしても残ってしまう具材に
サービスの追い飯
を投入するのが常道であるが
麺は大盛りにしても

#追い飯は断る

漢気を発揮してあえて断る。
(。-`ω-)


炭水化物摂りすぎに注意である。

ナニヲイマサラwwww




DSC_6030



さて、食後のまったりとした余韻を楽しんでいると
ご店主井上さんが

「ちょっと試してみて下さい」

小皿に盛った一皿の麺
持ってきてくれる。


DSC_6031


「一部では告知してる試作品なんですが・・・・」



見たところつけ麺?



どん!!


DSC_6032




  炭酸水  
キタ━━━\(≧Д≦)/━━━!



そう。

井上さんのFacebookのタイムラインで

メロンソーダラーメン

とか
悪ふざけなんだかマジメなんだか
とにかく
それに類するラーメンを試作している
という話題が出ていたのであるが
どうやらその中のひとつらしい。


「意外とコレが、イケるんですよ!」


という井上さんのコトバに勇気をもらい
恐る恐る注ぐ炭酸水


DSC_6033



シュワワワワワワワワワ・・・・


爽快な音を立て
丼に満ちる炭酸水


(;´Д`)


えーっと、いただきます。


まずは
スープと呼んでいいのかよくワカラナイが
液体をすすってみる。



シュワワワワワワワワワ・・・・



うん。


そうですね。


炭酸水ですね。


舌にピリッとくる酸味は二酸化炭素
酸っぱい要素ではないのだが
シュワシュワ感から酸っぱく感じる。

そしてそのアワアワの間から顔をのぞかせる
塩ダレの塩分。


・・・・(; ̄ェ ̄)


なんと表現したらよいのだろう。

炭酸の酸味塩分
絶妙にマッチしてるんだか
背を向け合っているんだか

どうにも表現できない
フクザツな味わい。


だがしかし、マズくはないのである。


麺をすすってみる。


すると、クチビルの間をすり抜けるときに
何とも言えないシュワシュワ感を残しつつ
口の中に入って数秒後には
フツーの塩ダレの冷麺。

プチトマトやキュウリなどの野菜も
同じようにシュワシュワピリリと
舌に触れた瞬間は酸味を感じるが
すぐにフツーの塩ダレ味に。

この感覚に慣れてしまうと
もはやシュワシュワ豚しゃぶを口中に放り込んでも
なんの違和感も感じず。


いやこれ、
夏場には
意外とウケるんでは?



残念だったのが
スープを飲もうとして
フツーの冷麺のつもりですすってみると
炭酸が強くてすぐ

ゲフーε-(´・`)

となって最後まで飲めなかったこと。


もちろんこの前に
まぜそば大盛りを食したあと
だというのもあるが
やはり
炭酸の演出する膨満感
により
スープは完飲できなかった。


「出されたモノは残さず食す」


を信条とする麺喰道宗主としては
慚愧の念に堪えない。
(つд`)


DSC_6034




このシュワシュワ感を楽しみつつ
最後までいただくのであれば
つけ麺のつけダレを炭酸水で割る
というのも一つの手ではなかろうかと
思った次第であった。



・・・・しかしまぁ、
なんともオモシロいことを考えるものである。


流行るかどうかは別としてwwww




ということで
メニュー化されるかどうかはギモンであるが
試してみたい諸氏はコッソリと

|д゚)コッソリ
炭酸冷麺できますか?

と聞いてみてもよいかも知れない。


ただし、ナニが起こっても
当日記blogならびに小生は
一切関知しないので
自由意志にてお試し下さい。

(●´_ _)ペコ