先日、拙宅において
少々物騒な事件
が起こったので
誌しておきたい。
(ネタとして)



その日の夕餉は
前日の残り物の
肉詰めピーマンの入った煮物

であった。
冷蔵庫から皿に入った
ラップのかかった煮物を出し
電子レンジに入れて
特に何も考えずに
最大加熱温度90℃の設定
でチンを始めた。

煮物の中身は
肉詰めピーマン
の他に
干しシイタケ
ゆで玉子
コンニャク
などが入っていただろうか。

よくよく考えれば
そこまで強く加熱しなくてもよかったのだが
何しろホラ、疲れていたので
とりあえず考えなしに加熱したのだ。


加熱を始めて数分経ったであろうか。



バンッ!!!!
Σ(゜∀゜;ノ)ノ!!



かなりの衝撃。

ナニかが爆発したような。


見てみると、
ロックされていたはずの
電子レンジのドアが
少し開いていて
隙間から肉片が周囲に飛散し
ぱっと見

酸鼻を極めた被害現場

のような様相を呈しているではないか。


庫内を空けてみると
まぁそれはそれは悲惨な状況。


原因は言わずと知れた
ゆで玉子。
これを加熱したことにより
内圧が高まり
限界を突破して
爆発
したものと類推される。


しかし、タマゴの形などドコにも残っておらず
跡形もなく吹き飛び
さらには一緒に入っていた
肉詰めピーマン
木っ端みじんに飛散していた。




肉詰めピーマンが悪いよな、

ビジュアル的に。
(|||´Д`) 



ビミョーにピンクの肉色が残り
生々しさ倍増である。




bakuhatsu_renge


今回現場写真は撮っていないので
写真は拾いモノであるが
こんな段ではないヒドいありさま。


電子レンジは自動停止したようだが
そりゃそうだ、
扉のロックが外れて半開きだもの。


中央に置いていた皿の直上、
庫内の天井には
 爆発した茹でた孫の残骸が 
びっしりとこびり付き
干しシイタケやコンニャクは
原形を留めていたものの
食欲も失せる悲惨な事故現場。

泣く泣く全部捨てましたがな。
(ノ∀`)


半開きになったドアの隙間からも
肉片が放射状に飛び散り
部屋のなかけっこう遠くまで飛散していた。


ゆで玉子こわい・・・・
。・゜・(ノД`)・゜・。




掃除が大変だったぞ。




そんな粗忽者の電子レンジ調理はさておき。





最近何度か訪問しているが

麺じゃないモノを食したりして

日記に残せなかった


しゃくしあん
爵肆庵。
(ここは麺日記ww)


DSC_7342





髭男爵

ぢゃないですからwwww


higedansyaku
(るねっさーんす)



学生向け
ローコストハイボリューム
なメニューを提供する
ガテン系の聖地である。

ここではもっぱら

ラーメン+丼モノ

というセットメニューが多く注文される。


小生の前回の記事もそうであった。


ガテン系パワーランチ!爵肆庵(2016/05/17)



DSC_7339


しかし小生、最近

大盛りやセットメニューを卒業

したので
このようなメニューにはトンと無縁となった。

爆弾発言ww



いや、大盛り頼まなくても
そんなにハラ減らなくなりまして。
Σ(´∀`;)

すでに初老の域か?wwww



ということで今回は
以前から狙っていた


DSC_7338


カタヤキソバ
にチャレンジしてみることに。


「はい、お待ち!!」


早っ!!!!
(´⊙ω⊙`)




とまでは早くなかったが、
注文してからものの3分ほどで
運ばれてきてビックリ。


どうやら、直前の客のオーダも
カタヤキソバ
だったらしく、ちょうど調理が重なって
迅速に提供されたようである。


いくらなんでも早いと思ったよ。
(*´・ω・)


爵髭庵 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




さて。


DSC_7340


意外と盛りはこぢんまり。


まぁ、他のメニューも
セットになっているから多く感じる
のであって
単品ではそれほどバカ盛りではないからな。


では、いただきましょう。


麺をパリパリ。


ほぼ野菜の具材を絡めつつ
パクリとひとくち。



((・ω・))モグモグ


ふむふむ。

なるほど。



基本は塩味ですね。


よく見ると豚の切り身も
けっこう入っているではないか。


が欲しいところであるが
手の届く範囲には置いていなかった。

ちょっと立ち上がって手を伸ばせば
カウンターに置かれていたのであるが
そこまでして取らなくてもと思った次第。

割と薄味だし。



あんかけヤキソバのあんは
随時箸でかき集めながら
具材や麺と絡めることにより
余すところなく味わえるのだ。


ごちそうさまでした。


DSC_7341


タクアンを入れてきた小皿が
長年のクチナシ色素により
すっかり黄色く染まっている
のがいとをかし。


なんと真っ黄色ではないかww




以前の小生ならば全然足りないところであるが
このぐらいでもなんとなく満足。

夕刻になればソコソコ腹も減るのだが
ちょっと時間経つと忘れるしな。
(´д`)




もちろん、どちらかというと
ガッツリ行きたい向きに
オススメな店。


駐車場は隣接の2台分。



お試しのほどを。