小生の


まーらーずき
麻辣好き

衆目の一致するところではあるが
(知らんがな(*´・ω・))


先日、西駅
(西駅っていうな)
 カルディコーヒーファーム 
にて

『麻辣商品』

をいくつか買い占めて参りました。
 (* ̄ー ̄)


DSC_0572


右から

麻辣ピーナッツ
麻婆豆腐の素
麻辣ソルト
(正式名称は『麻辣ペッパー(ミル付き)』)


まぁ、
どんだけ麻辣好きなんだ
っちゅうハナシですわ。
(´-ω-`;)ゞ



このうち、一番右側の
麻辣ピーナッツ
は普段からハコで買っている品の
マイナーチェンジ版。


ちょっと内容量は少なくなったが
それがゆえに
一回に食べ過ぎてしまうことを防いでいる
と言えなくもない。

まぁ、どっちにしても
食べちゃうんですけどね。
(´-ω-`;)ゞ


真ん中の
麻婆豆腐の素
は、カルディのオリジナル
一人前用麻婆豆腐
電子レンジで作れちゃうという
スグレモノ。


トーフを深めの耐熱容器に入れ
その上からこのレトルトパウチの品を注ぎ
ラップしてチンして出来上がり。

鍋すらイラナイ。
 ‎(ヾノ・∀・`)イラナイ


実食してみたが
なかなかよくシビレと辛さが効いており
自宅にある買い置きの花椒
ゾリゾリと大量にミルして食すと

(゚д゚)ウマー


ほどよくアタマに汗もかく
辣味もよい。



さて、一番左の
麻辣ソルト
であるが、最近そのへんのスーパーでも見かける

南アフリカ産

『スパイスアップ』

のシリーズ。


この麻辣ソルトはカルディでしか見かけないが
レインボーペッパーとか岩塩とか
同じくミル付き
しかも400円未満とリーズナブル。


これを揚げ物などに付けて食すと
それだけでなんだか高級中華料理のような
錯覚に陥る。
(そうか?(´⊙ω⊙`))



いずれにしても
花椒・山椒のシビれ
はクセになることウケアイ。
(*´ω`*)


そんな麻辣中毒患者
偏った愛情はさておき。




たまにはコチラへ。


DSC_0644


麺屋剛





この写真は辞するときなので
駐車場に空きがあるが
入店時にはようやく一台分空いていた。


そこへクルマを停め店内へ。


DSC_0643


カウンターへ。

麺屋剛 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



最近昼食時の遠出が億劫だったため
久々の訪問。


寒くなると味噌が恋しいよねー
(*´・д・)(・∀・`。)ネー


ということで

濃厚味噌豚骨!

さらに

もやしキャベツ盛り
を中盛りで!!
(*゚▽゚)ノ


DSC_0639


野菜は正義!
(。-`ω-)



ナンチャラのイベントに選出されているため
企業として参加するようであるが
まぁ、ご苦労様なことである。


単なる集客イベントなら諸手を挙げて歓迎するが
ナニを選出しているのかわからないコンペ
など


・・・・おっと、誰かが来たようだ。



さて、待つことしばし。


来ましたよ!
\(^o^)/




DSC_0640



どどーーーーーーん!!


迫力の大判チャーシュー

それが二枚。



オーダの際に
「背脂とニンニクはどうされますか?」

と聞かれたので、背脂のみでお願いした。


ニンニクは、ほら、
他人様に迷惑かけるし。
(´д`)



では、いただきましょう。


スープをひとくち。


DSC_0641


逆さ富士山型のドンブリ
の特徴として
口径がすぼまっているので
ちょっと少なめに見受けられるが
底の方から出てくる出てくる。


そのため、
表層のスープは若干冷め気味
しかし
底の方はアツアツ

結構ドンブリ内で熱量に偏りがある。


はじめの一口のスープは
どうしてもヌルく感じがちであるが
下から持ち上げた麺やスープは
とてもアツアツなのだ。


スープの

”味噌みそ感”

は以前よりもさらに増していて
ほどよく濃い。


野菜が多いこともあって
このぐらいちょっと濃いめの方がよい。


その味噌に対し
上に載せられた背脂
ほんのりと甘みを添加する。

もやしとキャベツも
しんなりと炒められているが
シャキシャキ感も残す
絶妙な歯ごたえ。

軽く湯通ししたあとに
炒めているのであろうか。


ドンブリの底の方から麺をたぐり出し
野菜と共に頬張る
この満足感!!


ワシワシと精力的に食べ進め
ようやく完食!


DSC_0642



ごちそうさまでした。
ε-(´・`)ゲーフ



以前は限定に釣られて来ていたが
レギュラーメニューも侮りガタし。


オススメいたします。

 (* ̄ー ̄)g