5月5日(日)はコドモの日。


kodomonohi
(画像は例によって拾いモノ・・・・)




はしらのきずは おとどしの
五月五日のせいくらべ
ちまきたべたべ にいさんが
はかってくれた せいのたけ

・・・・

[せいくらべ]




ここで現れた

ちまき(粽)

に関する一枚の画像を
小生のFacebookのタイムラインに載せたところ
一気に鹿児島県民&かごんま出身者の間で
話題が紛糾した。



59674569_2188210361228032_2834000725355266048_n


この元ネタはこちら


日本で端午の節句に関して
『ちまき』というモノに関する意識調査
を行った結果であるが
この調査の結果が

東西にキッチリ分かれている

ことなどどーでもよい。


かごんま人にとって『ちまき』とは

あくまき(灰汁巻)

のことであって

それ以上でもそれ以下でもない

ということで
話題が沸騰したのであった。


そもそもこの灰汁巻というモノ
おそらく鹿児島(および南九州)以外では
お目に掛かることもないのではなかろうか。


akumaki


灰汁巻とは


あくまき(灰汁巻き)とは、
鹿児島県、宮崎県、
熊本県人吉・球磨地方など
南九州で
主に端午の節句に作られる季節の和菓子である。
もち米を
灰汁(あく)で炊く

ことで独特の風味と食感を持つ。



一説によるとこの灰汁巻とは
薩摩藩
関ヶ原の合戦(1600年)の時に
あるいは豊臣秀吉の朝鮮出兵(1592年)の際に
兵糧(レーション)として持参し
その保存性の良さと携帯性などから
非常に重宝したのがはじまりとされ
さらには
西南の役の際に
西郷隆盛らが保存食として持参した
という
由緒正しき薩摩の非常食
なのであった。


よって、他の地方では『ちまき』とは


DSC_1395 (1)

こんなの(西日本)

とか


chimaki

こんなの(東日本)

とか

あるようであるが
そもそもの出自が違うのであった。


ちなみに鹿児島では
そのへんのスーパーなどでこの時期には


DSC_1415 (1)


もち米灰汁汁竹の皮

がフツーに売られており
有事に備え
家庭で自作する
ものと思われる。

あ、拙宅においては


DSC_1416 (1)


出来合いの真空パック品

を買ってくるだけですが
( ̄∇ ̄*)ゞ


そんな
かごんま人にとって
『ちまき』
が別モノであるという
周知の事実はさておき。




10連休最後の日。


最後ぐらいは
ちょっとドライブに行っても
いいんジャマイカ?
(*´・ω・)



午前中は家族全員が出かけたあと
家の中の掃除。

それが落ち着いたところで。



旅に出た。
(探さないでくだちい)



ぶらりぶらりと流れ着いた先は。


DSC_1406 (1)


ムギノチカラ




DSC_1408 (1)


なんか、だいぶ前にオープンしていたような気がするが
今年(2019年)開店なのだな。

DSC_1407 (1)


メニューは大きく

鮮魚系鯛らー麺

鶏白湯らー麺

オシャJIROらー麺

台湾まぜそば

の4種である模様。


DSC_1405 (1)



入口に券売機


DSC_1398 (1)


残念ながら

オシャJIROらー麺
提供されていないのか
すでに本日の提供分が終わったのか
券売機に『×』が付いていた。


やはりここはめったに来られない地

鮮魚系鯛らー麺

を選択すべきではないかと。



ポチッとな。



店内に入りいちばん手前のカウンターへ。

NOODLE STORE ムギノチカラ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



かつてこの店は

薩摩の心

とかいうちゃんぽん店
その前は

豚とろ中山店

だったかな?


いずれにせよ麺の店で
居抜きで入りやすい
と思われる。


DSC_1399 (1)


鮮魚系鯛らー麺

の鯛は

八幡浜産

と書かれている。
八幡浜とは愛媛県西端の都市。


そんなところからわざわざ鯛を・・・・
(;゚д゚)



錦江湾でもたくさん採れるのに。


おそらく、ひいきの魚河岸や
特定の入手経路があるのであろう。



DSC_1400 (1)


さて、そんなことを考えているうちに。



来ましたっ!!


DSC_1401 (1)



どん!!

とドンブリを前に置かれた途端に。



漂う鯛の香り。
巻き起こるタイの旋風。



アレだよ、あれ。


鍋物に鯛のアラが入ってる
あの香り。


タイの風味満載。


押し寄せる鯛の嵐。



こう来たか・・・・(;゚д゚)



同じく鯛のアラ出しを標榜する
麺人佐藤
の鯛アラだしらー麺

が鯛の香りを直接は感じさせずに
あとからじんわりと鯛を効かせるのに対し

鯛ストレート。

ド直球勝負。


ショウガなどで生臭さは緩和されているモノの
こうも

『鮮魚系』

とは思わなかった。


いや、これは人によってずいぶんと
好き嫌いが分かれる
そんな味わいである。


もちろん小生はウェルカムな香り。


では、いただきましょう。


スープをひとくち。


DSC_1402 (1)


表面に油のフツフツと浮いた
弱茶濁のスープ。


ふぅむ。


飲んでみると
鼻から抜ける鯛の香り。





うわぁ~鯛だな、こりゃ。


これに醤油を合わせ
全体的には中華そばの仕立てなのだが

香りは鯛!!



は細麺。


この繊細なスープにマッチしている。


上に載ったレアチャーシューの薄切りが
アツアツの鯛スープで熱せられ
裏側は若干熱入り気味の
表側はピンクのままに。


これとは別に入っている
コロチャーシューもウマし。


レモンの効果はよくわからなかったが
こちらも完食で。


DSC_1403 (1)


ごちそうさまでした。


各席には
あらかじめ席番の記入された
伝票ホルダーが置かれており
オーダを受けた段階で
この伝票ホルダーが持ち去られる。

おそらくこれに券売機の券を挟み
調理の際に同じテーブル単位のチェックや
出し忘れた品のチェックに
使用されるのであろう。


すべてのオーダ品が揃ったところで
この伝票ホルダーが帰ってくる。


DSC_1404 (1)


通常の店では精算に使うための
伝票が挟まれていて
会計の時にレジに持っていくが
食券制なら本来不要なはず。

おそらく、すべてのオーダが揃った確認に
この伝票ホルダーを置いているのであろう。


これはこれで合理的。



なかなかコチラ方面に赴くこともないが
次はゼヒ

オシャJIROらー麺

を試してみたい次第。