現在長男氏と二人で
東京に滞在中なわけであるが
今回の目的はこちらの私大受験である。

そのためすっかりソチラに目が向いていたが
国公立大学の受験
も控えているわけである。

長男氏ももちろん地元の鹿大を受験するわけだが
その
二次試験の出願をすっかり忘れていた!!
/(@o@;)\


今の世の中、ほとんど
インターネット出願
でコト足りるのであるが
最後の最後に、
センター試験の受験票に添付されていた

 センター試験成績請求票 

という
2cm×4cm
ほどの紙切れを貼って提出する
必要があるのであった。

・・・・その請求票、
こちら
東京に持ってきてしまっているんですが・・・・

慌ててネット出願をしたのが2月3日(月)の夜
出願の期限は

2月5日(水)17時必着


本来なら速達郵送するところだが
大学の入試係に持ち込んでも
受理してもらえるそうだ。


しかし、なんとかこの
2cm×4cm
の紙っ切れを
期限までに
鹿児島まで送り届けねば・・・・

調べてみると
 郵便速達 
で午前中に出せば
東京から鹿児島であれば
翌日の午前中に届くらしい。

ということで、2月4日(火)。

町田市方面に受験の用向きがあって出かけたが
長男氏を見送った後
小生は紙っ切れを送る大仕事の旅に出た。

9時の郵便局開局まで
少々時間があったため
小田急線町田駅から
歩いて町田郵便局へ。

ScreenShot_20200205210229


少しでも大きい郵便局なら
少しでも早く着くのではないかという
楽観的観測。

Google Mapのガイドを頼りに
テクテクと歩く。


郵便局の開局を待って窓口へ。

試しに、
鹿児島まで明日の午前中に着きますか
と尋ねてみると、

「明日の午後になりますねぇ」

という。

午後とは何時かと聞くと、
13時から17時の間という。

それでは間に合わないではないか!!

ネットで調べたときには
午前中って書いてあったのに!!

他のもっと大きな郵便局などに
持っていけば早いのかと聞くと
東京からならドコから出しても同じ
というニベもない回答・・・・

「他の事業者さんを当たってみられては」

といわれたので検索すると
割と近くにヤマト運輸の営業所が!!

すわ!と駆けつけてみると。

ScreenShot_20200205211044


「ヤマトでは明後日の配達になります」


・・・・_(┐「ε:)_


しかも、封筒に入ったような書類は
預かれないというではないか!!


再び検索!!


 佐川急便!! 

今回は少々遠いので
事前に電話をして確認。

すると、航空便
明日の午前中
に届けられるという!

これだ!!

ScreenShot_20200205211552


歩いたよ~(´д`)

地図上に距離が表示されているが
ゼッタイこれより遠いって!!

高低差も大きいし。


ようやく佐川の営業所に掛け込み
ホントに明日の午前中に届くんですネッ!!
と念押しして預ける。

しめて2,037円也。

(゚Д゚;)

午後届くのを午前にするだけで
この価格差!!


致し方あるまい。

血の涙を流しつつ支払う。
まぁ、営業所持ち込みだったから
100円引きにはなったのであるが。
(゚ーÅ) 


というわけで今朝方無事届いたとの報で、
お昼ごろには義妹の協力のもと
出願完了の報告が。


ε-(´・`)

間に合った。


そんなことにはカンケーなく
本人はいたってマイペースな
のんびり長男氏はさておき。




さて、町田まで来たわけであるが
夕方長男氏と落ち合うまで
時間がある。

聞くところによると最近は
町田もラーメン激戦区
というではないか。
(日本全国ラーメン激戦区ww)


ということで
「町田 ラーメン」
の検索で上位に引っかかったこの店を。

検索したのが、
佐川の営業所から町田駅まで戻る途中で
ちょうど町田市役所の前。

ScreenShot_20200205215830


また歩くのかよ~(|||´Д`) 


ということでやっとこさやってまいりました。

DSC_4149



町田汁場
しおらーめん進化

DSC_4148


ラーメン屋で
「麺屋」
を標榜するところは多いが
「汁場」
というのは聞いたことがない。

それだけスープにコダワリがある
ということなのであろうか。

時間はちょうど11時。
開店したばかりで一番客。

まずは券売機のメニューを。

DSC_4143


初襲の店では筆頭メニュー

麺喰道のオシエに従い

 しおらーめん 

をチョイス。


カウンターの端に、と思ったが
厨房が見えなくなるので
端から三番目に着席。

町田汁場しおらーめん「進化」 - Spherical Image - RICOH THETA



トイレに行って見るとビックリ。

一面にヘビメタのコンサートの貼り紙。
(写真は撮らなかったが)

そして、店内に流れるのも
ヘビメタである。


そうか~、そういう趣味なのか。


コダワリについてのPOP。

DSC_4144


丸鶏や鶏ガラを炊いて
長崎産のあごだしを合わせ
複数の塩をブレンド
したタレで仕上げるという。



意外と早く提供、どんっ!!

DSC_4145


ほぉ~~~~。

キレイに澄んだスープ。
レアチャーシューが載る。

では、いただいてみましょう。


スープをひとくち。


DSC_4146


スッキリとした鶏ガラがスコーンと鼻を抜け
その周囲をあごだしが底支えするという
絶妙な組み立て。

ほんの少しの
あごだしの苦みの抽出など
細心の注意を払って仕上げているのであろう。


ヘビメタな趣味と一見相反するイメージ
であるが
それだからこそこのような
繊細な味が醸せるのかも知れない。

麺はチュルシコの細麺
「固茹でお断り」
のとおりしなやかに柔らかめであるが
それが理にかなっている。

これを
「バリカタで」
などと注文するヤカラは
消化不良で腹を壊してしまうが良い。

麺とスープの絶妙なマッチング。

いやぁ、ウマかった。

ごちそうさまでした。

DSC_4147


どうやら町田駅前にも支店があるようだが
現在はちょうど移転工事中のようなので
本店を目指して正解。





また食べたいと思わせる味であった。





あ、当エントリーのサムネは一切カンケーありません。
(釣りだよ、釣りww)