鹿児島が全国に
いや
全世界に誇る県産品
は数あるが
その中でもやはり有名どころと言えば

 枕崎のカツオ節 

ではなかろうか。


katsuobushi


見よ!

この琥珀のような透明さを醸す
凛とした硬質な動物タンパク
一つの昇華された姿を!!



枕崎の街には
どこにいてもカツオ節を燻す薫香が漂い
なんともおなかが空く。
(*´ω`*)

そういう問題かww



そして、小生たち
昭和のオコサマの家庭には
必ずと言っていいほどこの


katsuobushikezuriki


カンナと筆箱が一体になったような

カツオ節削り器

があったものである。


幼少のみぎりにはこれで
カツオ節を削ることが
家での『お手伝い』の一つとして
重要な任務であった。

しかし、中には
杜撰な心構え
にてカツオ節に向かい
返り討ちに遭って

 指先から流血の惨事 

を迎えて
必要でないモミジ下ろし
作ってしまったという話も
一例や二例ではない。
(。-`ω-)




ところでみなさん。
(日記なのにナゼか問いかけww)


カツオ節を削ることを

カツオ節をかく

ということはご存じであろうが
では。


『かく』とは
どのような漢字を書くか
ご存じであろうか?


寡聞にして小生
思い当たる漢字がなかったので
調べてみると。


カツオ節を"掻く"


指先やつめ、またはそれに似たもので物の表面を強くこする。
「かゆい所を―・く」

手やそれに似たものであたり一帯にある物を引き寄せたり押しのけたりする。
「雪を―・く」「手で水を―・いて進む」

刃物を手前に引いて切り取る。
「寝首を―・く」

刃物を押し当てて細かく削りとる。
「氷を―・く」「かつおぶしを―・く」

箸 (はし) などですばやく混ぜ合わせて粘液状の物にする。
「からしを―・く」

犂 (すき) などで田畑を耕す。
「苗代を―・く」

あまり好ましくないものを表面にだす。
㋐恥などを身に受ける。「赤っ恥を―・く」
㋑涙や汗などをからだの外に出す。
「寝汗を―・く」「べそを―・く」
㋒いびきを立てる。
「高いびきを―・く」

「…する」をののしっていう語。
「欲を―・くな」

琴などの弦をつめなどではじくようにする。掻き鳴らす。
「ただ少し―・き出でたる、大殿 (おとど) のうちひびきみちていみじきを」
〈宇津保・俊蔭〉

10 指先を物に食い込ませるようにしてつかまる。とりすがる。
「梯 (はし) 立ての倉椅 (くらはし) 山を嶮 (さが) しみと岩―・きかねてわが手取らすも」
〈記・下〉

11 髪をくしけずる。
「目に髪のおほへるを―・きはやらで」
〈枕・一五一〉

12 飯などを急いで食べる。かっこむ。
「猫殿、ただ―・き給え」
〈盛衰記・三三〉

13 手を振って合図する。
「『あなかま』と、手―・くものから」
〈源・夕顔〉

[goo国語辞書 "掻く"項]



・・・・なんとまぁ、意外に
『掻く』
というコトバには多くの意味があるのだなぁ。


たしかにひらがなで
『かく』
と表現しても
漢字が浮かばないものが多々あるが
それもこれもこの
『掻く』
だったのだなぁ・・・・
(゜.゜)


そんなおっさんの知識増強はさておき。




代謝を上げていきましょう月間。
(そうなの?(´⊙ω⊙`))


一般的に代謝を上げる食べ物と言えば
一般のみなさんは

 カレー 

を思い浮かべることと思う。

いや、思い浮かべて欲しい。


しかし。

毎日のランチに麺を食して
それを日記に書かなければタヒんでしまう
不治の病に冒された小生は

 カレーライス 

などを日和って食すわけには
行かないではないか。
(つд`)

ホントは食いたいww


知り合いの某巨匠など
毎日のようにカレーを
むさぼっているではないか!


curry04

curry03

curry02

curry01


・・・・多少脚色入ってますが
ノンフィクションですwwww

( ・∇・)


BlogPaint




ということで
合法的にカレーを食す
ために以前思いついたのが

 ヌードるカリー 



を食すという手段。


前回辛さがさほどではなく
注文したあとに

辛さマシができる

コトに気づいてホゾをかんだお店。


これは辛さチャレンジしなければ!
( ・`д・´)


カレーはチャレンジメニューだと
思っているヤツ


ということで

スリランカかごしま

へ。

DSC_4480




近場の駐車場
探せば40分100円とか
もうすこし中心部から離れれば
60分100円とか
イロイロあるので探してみていただきたい。

ただし、場所によっては
30分220円とか
フザケた設定もあるので
よく観察してみて欲しい。


さて、ビルの2階のお店へ。

DSC_4477


階段上がって左手であるが
右手も同じ系列の

DSC_4478

パリンダヤー

というお店で
主に夜の居酒屋を担っているようだが
お昼入りきれなかった客も収容しているようだ。

今回訪問した際には
入店の時こそまだ空き席があったが
続々と4人組、6人組といった
団体客が押し寄せてきて
こちらのパリンダヤー店内へ
導かれた客もいたようだ。

さて、窓際のカウンターの一番端の席へ。

スリランカかごしま - Spherical Image - RICOH THETA



メニューを見るまでもなく
今回は決めてきた。

DSC_4465 (1)

②スリランカ_ヌードる_カリー


これをリアルレッドで!!
( ・`д・´)


ヒトの体格を見透かしたかのような
「大盛りデスか?」
との問いに負けて

「んじゃ、大盛りで・・・・(´-ω-`;)ゞ」



オーダしてから
とりあえず他のメニューもww


DSC_4467 (1)

DSC_4468 (1)

DSC_4469 (1)

DSC_4466 (1)

DSC_4470 (1)

DSC_4471 (1)


一度この店で

飲ん方

してみたいものだ。


まず運ばれてくる
キャベツボールのサラダ。


DSC_4472 (1)


キャベツの千切り
何らかの丸いボール状のものに詰めて
まとめ上げたサラダ。


オーロラソースっぽい
ドレッシングが美味。


しばしのち、やって来ました!!

DSC_4473 (1)


ばば~~~ん!!


では、いただきましょう。


スプーンでビーフンをすくって
カレーソースに絡めてひとくち。


DSC_4474


ぱくり。

((・ω・))モグモグ


まずは右側の
じゃがいもカレーを味わう。

ココナッツミルクが入っているのか
いくぶんまろやかな味わい。

しかし、
さすがはリアルレッド。


スコーンと辛味が足早に駆け抜ける。

そしてそのあとからジワジワと
遅効性の辛さ
が追いかけてくる仕立て。


前回は丸い皿に盛られてきたので
せっかくの

じゃがいもカレーと
チキンカレーの相掛け


だったにもかかわらず
シャバシャバのカレーソースが
混じり合って一体化して
味の違いがわからなかったが
今回は楕円の皿で
真ん中のヌードる
がソースを分断しており
しっかりと味の違いを感じることができた。


ということで
左手のチキンカレーをすくって
ビーフンといただく。

ふむふむ。

こちらはずいぶんと
ストレートに辛さを感じるが
フシギと左右のカレーの間に
辛さの度合の違いは感じない。


双方のカレーを味わってみて
ともに

2.8KM

辛ジャッジいたしました。





小生独自の辛さ基準では

0.0~1.0KM 誰でも食べられる辛さ
1.1~2.0KM 辛いモノ耐性の弱い人でもOK
2.1~3.0KM 辛いモノ好きな方々向け
3.1~4.0KM 特に辛いモノ好きなマニアックな方々向け
それ以上 ヘンタイ

であるため
2.8KMとは

辛いモノ好きには迎合する辛さで
その中でもなかなかの辛さ


と感じた次第。


その場では汗をかくほどではなかったが
食後30分ほどしてから
じわじわと体温が上がってくるような
そんな辛さを秘めていた。


惜しむらくは大盛りとしてしまったため
カレーソースが少なめに感じて
ビーフンとカレーソースの配分に苦心した。

ただし、カレーソースがなくとも
ビーフンそのものに味が付いているため
白飯だけをボソボソと食むような
残念な食べ方にはならなかった。

ビーフンそのまんま食っても

(゚д゚)ウマー


ということで無事完食。

DSC_4475


食後にはデザートのアイス
アイスorホットのセイロンティー
が付くことになっているが
急に客が増えたので店員さんも右往左往。


「すいませ~ん」

と二度ほど声を上げてようやく気づいてもらい
無事運んできてもらった。


DSC_4476


前回もそうであったが
このアイスがまた、固いんだww

いや、前回に比べると
いくぶんスプーンが通りやすく感じたが
いずれにせよ力を込めて
ぎゅぅ~~~~~~っと!
押さえ込まなければ
スプーンが入っていかない。

アイスがすっ飛んでいかないよう
注意しつついただきました。


ごちそうさまでした。


さすがに大盛りにしたため
満腹満腹。


お会計はPayPayで
¥1,100なり。

ベースが¥850のランチに
リアルレッドで+¥50
大盛りで+¥100
そこに外税か。


駐車場代¥100も含め
チと値は張るが
たまにはご褒美ですよ
自分への。
(。-∀-)


カプサイシンマジックww


なかなかに本格的なので
ぜひお試しいただきたい。

さらに追加投資すると
もっと辛いのも対応可能な様子。


限界へ
レッツチャレンジ!!
 (* ̄ー ̄)g