もう少々ピークは逃したかも知れないが


冬場は静電気との戦いである。
(。-`ω-)



seidenki


リノリウムの床の上や
静電加工されていない絨毯の上などでは
ほんの少し動いただけで
体に静電気が溜まり
金属などに触れた瞬間に

 ビリッ!!! 

とダメージを負うのであった。


ほとんどの場合指先で金属に触れるため
いちばんセンシティブで

感じやすい♥

場所であるため
ダメージも大きい。


しかし、逆に言えば

鈍感で感じにくい
(๑゚⌓゚๑)


場所で触ればダメージは少ないのである。


小生の場合、この時期は
ドアノブなどに触る際には
まず拳の

正拳突きをする拳骨の先っちょ

Seiken


で最初に触れて
バチッと静電気を逃がしておき
そのあと指で触るのであった。

この拳の先端部分は
皮膚と関節ぐらいしかないので
盛大に火花が散るぐらいの静電気が走っても
さほど痛いとか感じることはない
のであった。


よくクルマから降りるときなどに
不自由で不自然な動きで
肘でドアを閉めたりする
方がいるが
それよりも
とっとと静電気を逃がしてしまった方が
簡単なのでぜひ試してみていただきたい。


そんな
以前にも書いたような気がする
ネタの使い回しはさておき。


(そうか!ネタの使い回しもアリか!
とイマサラ気づくwwww)





思無邪のとんこつがすすりたいんじゃ~
((((o(*`ω´*)o))))



という欲求を抑えられなくなり

薩摩思無邪鹿児島中央駅西口店
(通称:思無邪West店)
へ。


DSC_4551


なにせ、前日臨時休業
思わず足元をすくわれたからな。
(・д・)チッ


アミュプラザの立駐にクルマを停め
テクテクと歩いてやってまいりました。


入店すると、小生のちょうど前までの客で
満席となったようでしばし待つ。

5分ほどの待ちでカウンターへ通されたが
小生のあとから4組5組の待ち客が。

薩摩思無邪鹿児島中央駅西口店 - Spherical Image - RICOH THETA



相変わらずの人気である。


さて、今回は決めてきた。


『薩摩の坂之上スペシャルで!』
(。-`ω-)


DSC_4543

DSC_4544

DSC_4545

DSC_4546


いわゆる【全部のせ】というヤツである。


ふだんは薩摩に
揚げごぼうトッピング
ぐらいでカンベンしてやるのだが
今回は久しぶりだしなww


ピリリと唐辛子の効いた
辛子高菜
をつまみつつ待つことしばし。


DSC_4547


途中、カウンター両脇の客が
一斉に退去したため
小生カウンターの真ん中
ぽつんと取り残される。

後客もグループであるため
このまま小生が居座っていては
座ることができない。

そこで、申し出て一番端に移動させてもらう。

店員のみなさんが一斉に

「ありがとうございまーす!」

と言ってくるので
恥ずかしいやないかww
Σ(´∀`;)


さて、待つことしばし。

DSC_4548


「お待ちどおさまでした!!」

来ました!!!!
\(^o^)/


そうかぁ、坂之上スペシャルでは
ドンブリはこの店のオリジナルの

黒薩摩焼

で供されるのだな。


以前はほとんどすべてのドンブリが
この

黒薩摩あるいは白薩摩

だったのであるが
営業用のドンブリとして使うには
陶器ゆえに
少々脆いため
端が欠けたりして
だんだんと数が減っていき
現在は白磁のオリジナルドンブリ
主流として使われている。

しかし、こちらはやはり

スペシャル

なので、スペシャルなドンブリにて
提供されるのではなかろうか。

荒木陶窯謹製の
オリジナル薩摩焼ドンブリである。

いったいいくらするのであろうか。
(;´Д`)

下世話なヤツww



ということで
ドンブリも愛でつつスープをひとくち。

DSC_4549


ぷはぁ~~~~~~!!


このスープっすよ!!


ふわっと甘みの広がる醤油仕立てながら
豚骨のウマ味がブワッと広がる。

唯一無二の味なのだ。
(*´ω`*)


具材も
増しになったチャーシュー
半熟味玉

そして忘れることのできない

揚げごぼう。


ウマし!!


ドンブリも湯煎にかけられて
アツアツで提供
されるので
スープも最後までおいしくいただきました。


DSC_4550


ごちそうさまでした。


殿様への献上品として
上品に仕上げられた
白薩摩
と対照的に
庶民の食器として親しまれた
黒薩摩
は少々端が欠けていても
それもまた味があってよい。



惜しむらくは、中央駅東口の
薩摩思無邪隼人店
が人手不足の影響で休業中であり
そちらの再開が待ち望まれる。


鹿児島にお越しの諸氏にも
中央駅近辺でオススメしたい一品。

お試しあれ。