現在話題のアプリといえば


新型コロナウイルス接触確認アプリ




スマホに入れて
BluetoothをONにしておくと
近隣のこのアプリをインストールした
スマホを検索・記録して
もしそのスマホの持ち主が

 中共武漢コロナウィルス 

に罹患した場合、その旨を登録すると
14日以内に発症者のスマホに対し

1m以内、15分以上

近接していたと思われる場合に
相手に警告を発してくれるというモノ。


この際、
個人情報および位置情報など
個人が特定される情報は収集しておらず

単純に

近くのスマホで14日以内に

1m以内、15分以上

あったスマホの所有者に
警告を発してくれるだけというモノである。

ダレが感染を報告したのかも不明
いつ感染したと思われるのかも不明ながら

とにかく警告が送られてくる。


警告を受け取った場合には
用心深い諸氏であれば
PCR検査を受診して
自らの出処進退を見極めればよい
というわけである。


鳴り物入りで
厚生労働省
がリリースしたということで
さっそくインストールを・・・・


ありゃ?

配信は10時以降か。


ということで10時以降に・・・・

およ?

まだ検索しても出てきませんが。

ちなみに厚生労働省のHPには
Google Play上で

『接触確認アプリ』

で検索せよと出ていたが。
(*´・ω・)


現在は

Google Play



App Store

へのリンクが貼られている。



11時頃になってやっと
検索してヒットするように。


Screenshot_20200620-110321


まぁ、最初はイロイロごたごたするものよのぅ。
特に他社のサービスを使用する場合。

SE的上から目線ww



ダウンロードが完了してから
インストール完了まで
ずいぶん時間がかかった。

どうやら、小生の端末はもう限界らしい。
(ようやく日曜日に新機種が配送されるとメールがww)


ようようのことでインストールが終わり
いざ、起動!!

Screenshot_20200620-111035


アマビエさま~!!


Screenshot_20200620-111040


ふむふむ。

なんだか

『接触』

って表現がヒワイに感じるのは小生だけ?
( ̄∇ ̄*)ゞ


Screenshot_20200620-111046

はいはい。

Screenshot_20200620-111053

はいはいはい。

Screenshot_20200620-111104

あーもう、わかってるっちゅうねん。

Screenshot_20200620-111111

そうそう、Bluetoothね。
ふだんからONにしてるから。

Screenshot_20200620-111118

はいはい、ON、ON。

Screenshot_20200620-111127

有効にしなかったら
意味ないじゃーん!

Screenshot_20200620-111137

やっとか。
(;´Д`)

Screenshot_20200620-111147


このアプリの場合、
みんながアプリをインストールし
有効化していることが肝要

である。

元はと言えばGoogleやAppleの
世界の英知を結集して考え出された仕組み
なので
ソレナリに安心して使ってみて欲しい。

もちろん、今後なんらかの問題点が出てきたら
おそらくソッコーで
対応されるはず

(対応されなければならない)
であるので
とにかくみなさん、
インストール&起動
をお願いする次第。


よくわかんないけど恐いんじゃないの~」

とか

「これ大丈夫なん?知らんけど

とかいった諸氏は

とっととインストールして
もうそのことは
忘れていただきたい。




考えてもムダだから。
┐(  ̄ー ̄)┌




そんなあたかも厚生労働省の手先のような
強気なオススメはさておき。
(なんかあったら国に責任とらせりゃいいじゃんww)





毎週土曜日はリハビリの日。


・・・・となっている昨今。

今週も朝から

DSC_5627


みなと大通りクリニック
(鹿児島市役所真ん前)

に出かけるが
雨が降っていなかったためか
近隣のお年寄りが大挙して押し寄せ
リハビリルームは

てんやわんや
獅子てんや瀬戸わんや

sisitenya-setowanya


はい、
昭和30年代、40年代
以前にしかわからない
ネタですよ~


ちなみに

左側が瀬戸わんや

右側が獅子てんや

ですよ。
(*´・ω・)

「知らんがな」という若手のツッコミ


ようやくその
ジジババの楽園
でのリハビリを終え
先週味を占めてしまった

和ごんジャックの
お出汁麺食堂HARADAへ。



DSC_5628



どうもこの

『和ごんジャック』

の意味がくみ取れていない方々から
質問を受けるので
説明しよう。
 (* ̄ー ̄)b


そもそもこちらの
お出汁麺食堂HARADA
とは

【間借り】らぁめん屋

と銘打たれているように
ご自分では実店舗を持たず
知り合いのお店の空き時間を使って
出店したり
各種イベントに出店したりと
いう形でラーメンを提供しているのであった。

本業はホントの

お出汁屋さん

である。

だし本舗 三州屋




お出汁屋さんが
そのダシのウマさを広めるため
おそらくきっとご本人の趣味が高じて

【間借り】らぁめん屋

をはじめたのであろう。


各地の物産展などにも出展していて、
そこで一緒に出展している業者さんと懇意になり
いろいろとイベントに誘われたり
各種コラボをして面白い麺を出したりと
しているわけなのであった。


今回はすっかり遅くなってしまい
11時の開店時間を回ってしまっていて
もらった整理券は11番。

DSC_5629 (1)


この時にお代を払ってメニューを決めるので、
実質食券のようなモノ。

天然真鯛の潮らぁめんは1,200円
中華そば(塩・醤油)各1,000円


一も二もなく『鯛』をチョイス。


なお、今回は長島町の

夢一水産



とコラボしているとのこと。



整理券には11時30分集合と書かれているが
11時20分頃集まってくださいと
女性スタッフの方にいわれる。

この女性スタッフ
小生カンチガイしていたのであるが
鹿児島のピン芸人マイクさん

今日の開店前にマイクさんに試食してもらったんですが、この男前な食べっぷりに自信をいただきました笑笑 明日もマイクさんと頑張りまーす笑 #お出汁麺食堂Harada #お出汁麺食堂 #本業はお出汁屋さん #間借りらぁ麺屋 #鹿児島ラーメン #鹿児島グルメ #鹿児島ランチ #鹿児島ディナー #kagoshima_ramen #自作ラーメン #鹿児島ラーメン部 #麺スタグラム #ラーメン好きな人と繋がりたい #ramen #ピン芸人マイクさん #麺のすすり方半端ないわ笑 #和ごん #和ごんジャック

お出汁麺食堂さんの投稿 2020年6月19日金曜日

であるらしい。

すんません、テレビ見ないんで、
モノを知らなくて。
(´-ω-`;)ゞ


さて、11時20分頃再度訪れてみると
お店の前に待ち客が。


DSC_5630


しばらく店外の掲示などを眺めつつ
待つことしばし。

DSC_5631

DSC_5632


11時半前に
マイクさんの案内で店内へ。

店内は総入れ替え制。


着席してお水はセルフにて。

お出汁食堂HARADA - Spherical Image - RICOH THETA



カウンターに置かれた各種調味料は
こちらの『和ごん』のモノか。

DSC_5633


鹿児島っぽいアイテムが並ぶ。


あ、原田さんがww


DSC_5634


おそらく来週もあるのだろうが、
6月28日(日)は店休日である模様。


先週ようやくご挨拶をしたので
途中、原田さんが小生に気づいて
「あ、どうも~」
と柔和な笑みで語りかけてくる。

先週の小生の日記を見た常連さんから
blogに載ってたよ~
と言われたことや
(みんなドコで見てるんだ?)

今回の香味油は
ポルチーニ茸のオイルであること

先週お手伝いをしていた
目元が原田さんそっくりな女の子は
やっぱり娘さんであったこと

マイクさんは奥さんではない
ことww
などなど。


マイクさん、すいません( ̄∇ ̄*)ゞ




さて、順次番号順に着丼していき
ようやく小生のモノもやってきた!!


DSC_5635



おお~・・・・


毎度のことながら
盛り付けが華やか。


各種具材などについては
お店のFacebookに紹介されていたので
そちらを転載。

今回の天然真鯛の潮らぁ麺は こんな感じですね。 味変に使う垂水の姫甘海老味玉は20個 終わり次第通常の味玉になります。 2日目に少しだけ予定杯数より多く出したんで、最終日は手打ち麺30玉追加で用意します。 よろしくお願いします。 #お出汁...

お出汁麺食堂さんの投稿 2020年6月20日土曜日

では、いただきましょう。


スープをひとくち。


DSC_5636



ほぅ・・・・


『鯛』のスープと聞いていたので
もっと
グワッと押し寄せてくる系
かと思いきや
すぅっと喉を通り抜けていく際に
じわじわとやって来て
あとから全体をまろやかに包んでいく
そんな風情の仕立てであった。

それでもしっかりと『鯛』を感じる。

プラスの方向に味を足しながら
組み立てていくのではなく
不必要な要素をそぎ落としつつ
引き算をしながら構成した味わい。

各種具材もその味を妨げぬよう
ごくごく軽めの調味になっており
アオサ海苔の部分を食べると
その風味と『鯛』が折り重なり
薄味のメンマといただくと
そのコリっとした歯ごたえとともに
味のコントラストとハーモニー
楽しむことができる。


他のお客さんが煮卵を頼んでいたのであるが
スープの味が変わってしまうので
ということで別皿で提供していた。


毎度毎度上に載っている野菜
付け合わせが凝っている。

鶏チャーシューの上に載っているのは
ケッパーか。

レアチャーシューの上のモノは
柚子の皮と
・・・・なんだろ?

なんかの葉っぱwwww


麺の茹で具合もパッツリと申し分なく
あっという間に
一気に完食完飲。

DSC_5637


ごちそうさまでした。


今回の提供は日曜まで!!



・・・・という記事を
日曜の昼過ぎに上げる
ていたらく・・・・orz