東 京 撤 収 
 命 令 発 動 ! 





tessyuu
(よくわからない拾いモノ画像)



拙宅の長男氏、
せっかくの一人暮らしを始めるという
その決意も虚しく
この日曜日に小生とともに
鹿児島に帰ることに。


結局、21日(火)22日(水)に予定されていた
ガイダンス
短縮&オンライン対応
その後予定されていた
集合教育での補講
オンラインに切替となり
学校に行くことがなくなってしまった
のである。

・・・・(*´・ω・)
学校、目の前なのに。



ということで、LINEでの
 家族会議 
の結果
ヨメ氏の意見が押し通って
お盆明けまで帰省(?)
することと相成った。


まぁ、確かに、今また
感染者数再爆発
とでも呼べる事態になりつつあり

東京ロックダウンやむなし

という状況にもなるかも知れない。





政府が手をこまねいているうちに
我々一般市民が巻き込まれてしまっては
大変なことである。

これは、自衛手段に出るしかあるまい。


(|||´Д`) 

ナンダカナー・・・・



そんなただダラダラと
無為に町田の街で夏休みを過ごすハメ
になった
おっさんの嘆きはさておき。





撤収の判断に傾いたのは
夜であったので
昼の段階ではまだ
ぜんぜん町田で自活するつもりの長男氏。

一人で町田の街を散策してみたいというので
町田バスセンターまでいっしょに行き
そこで解散。


ビミョーに雨が降っており
雨足が強まったり小降りになったりの
スッキリしない天気。


お互い自由行動とはなったが
小生とて特に用事があるわけでもない。

あ。

 米の計量カップを100均で買う 
一大使命があったなww

おかげで昨夜は米も炊けず



まぁ、そんな用事は
ダイソーに行けば瞬時に片付く
わけで
その他思いついたものなどを購入。


DSC_6084


町田市のモニュメントが

光の舞い

という名前であることも確認したww


出かけたのが昼前だったので
ほどなくランチタイムに。


昨日確認しておいた

 パパパパパイン 

に行ってみようかとも思ったが、
そちらならいつでも行けそうな気がしたので
昨日前を通って気になっていた店に。


DSC_6073


その店は、
町田仲見世商店街
の中にあった。


DSC_6066


この時点ではイマイチ店名が酌み取れなかったが
どうやら



一 番


と書いて『81番』と読むのが
店名らしい。



しかも、ネットでの後付けの知識だが
なんとこの店、
 パパパパパイン 
の2号店だというではないかww


併記された英語の店名には

"RAMEN NO.81 NO PINE"

と書かれているが
その時はイミ不明だったが
"NO.81"

「ノーパイン」
と読むと判明。

なんか奥が深いぞww

そこ、他の字に空目するんじゃない!!



あ。

 パパパパパイン 

をご存じではない向きも多いと思われるので
簡単に解説しておくと
パイナップル入りラーメンを出すお店。

いじょ。
(*゚▽゚)ノ


さて、入店すると
カウンター左手に券売機が。


DSC_6060


今回のように

行き当たってバッタリ
_(┐「ε:)_


なお店の場合には
麺喰道のオシエ

初襲の店では筆頭メニュー

を実践すべき。


ということで

うま味塩そば

をチョイス。


サイドメニューの
鶏飯
貝飯
ホタテ飯

あたりにも強く心を惹かれたが
このあと食べ歩きとかもしたいしな。

実際にやったことはないww


先客2名が辞したあと
カウンターの角に陣取る。

ラーメン81番 - Spherical Image - RICOH THETA



後客も3名ほど入店してきた。


小さな真白な正方形のタイルが貼られた
カウンター。


DSC_6061

DSC_6065


ちょっと昔の銭湯の洗い場のようなw


さほど待つことなく提供、どんっ!!


DSC_6062


ほーほー。

実に端正なルックス。

では、いただきましょう。
スープをひとくち。


DSC_6063


すぅっと口中に入ってくるのは
貝系のダシの調味油か。

これがけっこう強めに効いている。

そしてそのあとを追いかけるように
鶏ダシのウマ味が。

この鶏ダシも店内のPOPから読み取ると
鶏ガラではなく鶏肉から取っているという。

なるほど。


その他にも、
煮干し・昆布・椎茸
も使っているというではないか。

なかなかにゼータクなスープである。


そして、確かにウマい。


ジュワッと沁みてくる旨みというべきか。


そして麺であるが
これも細麺ながらキュコッと固めで
スープに合う合う。


夢中ですすってしまったな。
( ̄∇ ̄*)ゞ


上に乗った素揚げのエノキダケ
すでに鹿児島の麺匠樹凜で経験済みではあるが
実に香ばしく
何とも言えぬ芳香を放っている。


あと言う間に完食完飲。


DSC_6064


ごちそうさまでした。


まったくの予習無しの店ではあったが
この店はアタリであった。


店外に出て
町田仲見世商店街をさまよう。
(とはいっても一本道ww)


DSC_6067

お店は
 (株)パインナンバー 
という経営母体なのね。


DSC_6068


時間とともに徐々に他の店もオープンしてくる。


DSC_6074

DSC_6075

DSC_6076

DSC_6077

DSC_6078

DSC_6079

DSC_6080


きっと夜には賑わいを見せるに違いない。


いずれ、
中共武漢コロナウィルス禍
が開けた際には訪れてみたい。


まぁ、来年には長男氏も

成人だしな。
 (* ̄ー ̄)


いっしょに酒が飲めるww