ヒマな土曜日
近場の道の駅などを巡る
プレ前期高齢者予備軍
な小生。

フツーの家庭では
夫婦揃って
などのシチュエーションであろうが
拙宅ではヨメ氏が休みではない。

まぁ、休みだからといって
一緒に巡るようなタマ
ではないのだがww


ということで今回は
先週炊いてみて評判の良かった
(自分でwwww)

とんこつ

を炊こうと。


前回はダイコンが見あたらなかったが
北海道産とか岩手産とか

それ道の駅で売る意味あんの?
(´⊙ω⊙`)


的なダイコンがあったので
そちらを購入。

買うんかww



例によって泉石蔵で

マコモダケ

を見かけたのでこちらも買ってみた。


DSC_7067


左上は
乾燥タケノコ。

そのうち冬になったら
煮しめに入れる予定。


この
ニンジン、ダイコン、ゴボウ
はとんこつと共に煮るヤツ。



今回は湯之元まで足を伸ばして
福山かしわ店

DSC_7065


トリサシもガッツリ購入したため
結局「とんこつ」は食べずじまい。
明日に延期になったのであるが

さて、マコモダケ。


「焼いてもウマい」

という記事を見かけたので

makomodake


ロースターで焼いてみた。
(焼いた写真は拾いモノ)

早いハナシが撮り忘れww



とりあえず可食部分のみ残して皮を剥き
そのままロースターへ。


ドコまで焼けば良いのかも皆目わからす
テキトーに表面に焦げ目がつくまで焼く。


焼き終わってハタと困った。


どうやって食べれば良いのだ?
(;´Д`)



とりあえず少し冷ましてから
根元の方を囓ってみる。


・・・・(゜Д゜)



甘い。


いや、劇的に甘いとかいうのではなく
ほんのりと甘い。


甘さの傾向は
スイートコーンの甘さ。


そこまで甘くはないのだが
同系統の甘さで
言ってみれば

スイートコーンの芯を
思いっきりジューシーに
思いっきりふかふかの柔らかさに
したような食感。



なんなんだろう、この食感。


クセになりそう。
(*´ω`*)


何も付けずにポリポリと
食べてしまった。


いやー、なかなかウマいな、

ドコモダケ
マコモダケ!!



旬はそう長くないようなので
気になる諸氏はお急ぎあれ。


そんなドコにでもは売っていない
普遍的ではないマクラネタはさておき。



あ。

泉石蔵近くの
鹿児島都市農業センター
秋桜
現在七分咲きでしたww


DSC00532

DSC00533

DSC00534

DSC00535

DSC00536

DSC00537

DSC00538

DSC00539

DSC00542




ということで
マクラネタまで書いたところで
眠気に襲われ寝てしまい
続きは日曜の朝に書くことに。


さて、道の駅を巡りながら
どこでお昼を摂るのかと。


泉石蔵での蕎麦も魅力
チェスト館も捨てがたい。

あぁ、ラーメンひまわりもあったな。

田舎やという手もあるな。

青紗一籠は相変わらず多いな。


などと考えながら
とりあえず伊集院市街地で給油。


まぁ、麺屋トコロも覗いてみて
小雨も降っているから
並んでるようならスルーで。

などと思いながら伊集院駅前を通ると
なんと、お昼時なのに
ちょうど入店できそうな雰囲気。

ということでクルマを停め
やってまいりました。


DSC_7064

DSC_7062 (1)

DSC_7063


麺屋トコロ。


券売機へ。

DSC_7058 (1)


今回は

背脂煮干豚骨

だな、やはり。


入口のテーブルに相席。

麺屋トコロ - Spherical Image - RICOH THETA



このビル、正面から見ると
けっこう横幅があるように見えるが
実は製麺室になっている三角の部屋
そこだけ歩道に沿って
カギ状に飛び出したようになっており
建物自体の幅はこの店内の広さのみである。

変わったカタチの建物である。





などと思いを馳せているうちに
来ました。


DSC_7059 (1)


白髪ネギが満載。


では、いただきましょう。

スープをひと、、

とレンゲを入れようとすると
白髪ネギの下に大判チャーシュー
ドンブリの表面を覆い隠すように鎮座しており
レンゲをその隙間にすべり込ませる。


レンゲを鼻に近づけると
ふわっと煮干しの香りが・・・・

煮干し?

DSC_7060 (1)


あれ、ちょっと鮮魚系の香りも感じるぞ。

スープをすすってみて少々びっくり。

前回の「醤油豚骨」では
甘くないスープにびっくりしたが
今回は逆に
甘いスープにびっくりした。




醤油の甘さだろうか、
割と甘めに感じる。

しかし、この大判チャーシュー
麺を覆っているので少々食しづらい。


けっこうチャーシューの厚みもあり
それが一枚丸ごと乗っているので
とりあえず部分的に箸で割って
そこから麺をたぐり出す。


ふむふむ。

小生のイメージでは
醤油豚骨の方が甘く
背脂煮干豚骨の方が甘くない

傾向かと思っていたが、
いい意味で裏切られた。

こういう仕立てもアリか。


細麺のキュコキュコとした歯ごたえも良く
スープもアツアツ。

背脂もクドくはなく
甘みを加える方向に。

白髪ネギのアクセントもよく効いており
いやいや、ウマかった。


ごちそうさまです。

DSC_7061 (1)


人気なのもうなずける味。


次は辛ねぎか?


また来ます。