つい先日

南海派かやぶ金派か?

論争に火を付けた
フェリーのうどん議案。






今回、久しぶりに

垂水フェリー

に乗る機会があったため

南海うどん

を堪能してきた。


鹿児島市から大崎町まで
の旅程であったが
往きはさすがに昼メシ前
後程記述する

三七十庵

にてそばを食する予定だったため
ぐっとガマンしたが
帰りは誰憚ることなく食すことができたので
決して腹が減っていたわけではないのだが

フェリーに乗ったら
うどんを食すのが麺喰道の流儀


であるため致し方がない。
(。-`ω-)


16時20分発の垂水港出港の便。


クルマがフェリーに乗ったのが
おそらく16時15分頃。


そして、デッキ後方のうどんコーナーに向かい

DSC_7710

DSC_7711

DSC_7709


素うどんをオーダして

DSC_7712


16時19分にはうどんを受け取っていた。

DSC_0000_BURST20201203161918346_COVER


いただきます。

ダシを一口。

・・・・って、熱っ!!

DSC_0000_BURST20201203162036203_COVER


うんうん。


冷凍のイカニモなうどんながら
このちょっと煮詰まったダシも
いい味を出しており
コンブ・カツオ・シイタケの風味が
なんともいえず。


DSC_7708


ごちそうさまでした。

食べ終わり16時24分ナリ。



やっぱりフェリーには
うどんだよなぁ。
(*´ω`*)


鹿児島ローカルルールww




そんな16時半のオヤツはさておき。
(今回はここまでがマクラですww)





というわけで今回は
大崎町が目的地。

大崎町にはカブトムシがいた。

DSC_7705


がぁ~~~~~!!


しかも二匹。


DSC_7706

DSC_7704




さて。



お昼は同行の大隅マスターにムリを言って
こちらに寄ってもらいました。


三七十庵

DSC_7701

DSC_7702

DSC_7703




志布志にあるので
大崎町から若干距離はあるが
一度は行ってみたかった名店。


鹿児島のソバ好きの間では

鹿児島そば番付で横綱

と格付けされているらしいが
(”変態番付”ではないので悪しからず)

昨年から長期で一時期閉店しており
惜しまれていたのであるが
今年の春に復活を遂げたという話である。

以上、同行の大隅マスターからの伝聞。


以前はものすごい人気
お昼時には駐車場が溢れていて
店内も座れないほどだった
という話であったが
本日訪れた際には
そこまでの混雑ではなかった。

みなさんホントに閉店したと思って
寄りつかなくなっているんじゃないのか。
(*´・ω・)


事前に大隅マスターから
店内での作法
はレクチャーを受けていて
かつ手慣れた大隅マスターがいたため
混乱はなかったが
慣れていないと右往左往するところ。


まず、入店して左手の壁に券売機


DSC_7694


入口左横で後ろを向く位置
にあるため
知らなければまずオタオタするであろう。


しかし、安いな!!

かけそばが400円スタートとは・・・・


鹿児島では一般的に
手打ちであれ機械打ちであれ
自家製であれ既製品であれ

うどんよりそばは一段高い位置づけで
ましてや自家製であれば
軽く700円スタートとかザラである。


今回はしばし逡巡した末

田舎そば

をチョイス。

大隅マスター

唐揚げそば

を選んでいたのできっと唐揚げもウマかろうと

旨い唐揚げ1個

も選んでみる。


ここで出てきた食券を厨房に出すのだが
その時、
自分で食券を半分にもぎり
片方を厨房にさしだし
もう片方を持っていく。



なるほどー。
( ´・∀・`)


DSC_7695


冷水もセルフ。


小上がりの座敷に上がり込む。

三七十庵 - Spherical Image - RICOH THETA



そして、できあがると
食券に記載された番号を呼ばれるので
受け取りに行くという次第。


ふむふむ。


ここで、
セントラルカウンター
(真ん中のテーブルww)
から自分で割り箸とレンゲを取っていくのだが
こりゃ、初見では気づかんわww


DSC_7700


いちおう『お作法』が掲示されているが

DSC_7699


一人で行っていたらきっと迷ったであろう。


案の定、
箸とレンゲを取り忘れて
再度取りに戻り

そのついでに一味を振りかけてくる。


DSC_0000_BURST20201203120653103_COVER


では、いただいてみましょうか。


ダシをひとすすり。


DSC_7696


いつものごとく
そばをくるくると箸に巻こうと思っても
プチプチ千切れるか
ゴワゴワでまったく巻けない。
(ㆀ˘・з・˘)


レンゲでダシをすくってみると。


ふむふむ。


まず最初にふんだんに盛られている
ワカメの風味が強いが
ダシそのものの味わいは複雑で
なんとも形容しがたい。

おそらく一般的な
シイタケ・カツオ・コンブ
を主体にしているのであろうが
得も言われぬハーモニー。
(*´ω`*)



さすがは横綱店


田舎そばの具材は

厚揚げ
ワカメ
ネギ
干しシイタケ
紅白カマボコ


とシンプルながら味わい深し。



揚げたての唐揚げ
もかぶりついてみると。

DSC_7697


この写真では小さく見えるが
実際にはコブシ半分ほどの大きさがある。


これもまた
(゚д゚)ウマー


いやぁ、堪能いたしました。


ごちそうさまです。


DSC_7698



次はかしわそばも食してみたいな!!


お試しあれ。