ご存じですか、奥さん!?



gekikara_ojisan
出典:辛メーターホームページ



辛メーターのWebサイト
リニューアルして
めちゃめちゃ便利になったんですのよ!





そもそも辛メーターとは?

という根源的な問いに対しては
過去ログをご参照いただきたい。





そしてこの辛メータを運営しているのは
なんと!

辛メーター株式会社

というカイシャ。

そう。辛メーターを
辛さの世界統一基準にしてしまおうという
畏れ多くも大胆に画策した
いい大人のヒトビトが
大まじめに作った会社なのであった。

そして、辛メーターを広めるために
日々活動しており
その最前線にあるのがこの

辛メーターアプリ

なのであった。


これまでは、
辛メーターアプリから投稿した情報は
辛メーターアプリからしか検索できなかった
のであるが
今回のリニューアルにより
Web上で情報を参照できるようになった

のみならず

条件を指定して辛いモノを探すことができる
検索機能がついたのであった!!



これは画期的!!!!



たとえばアナタが

鹿児島で
辛いラーメンが食べたいなぁ
そうだなぁ、
辛さは3.0から4.0KMぐらいの間で
(*´・ω・)


などと思ったとする。
(思えww!!)


そのとき、
エリアとジャンルと辛さの範囲
を指定して
エイヤ!と検索すると!


screencapture-karameter-jp-kagoshima-ramen-2020-12-14-15_40_55


たちどころに情報が検索されるのであった。


まぁ、鹿児島においては、
まだまだ辛フレンドが少ないので
情報密度も薄めであるが
当然辛フレンドの多い大都市圏では
情報も盛りだくさん。

よって、みなさんにも
ぜひこの辛メーターアプリを
ダウンロードしていただき
辛フレンドになって
辛メニューを開拓してもらいたい。



以上、

KAGOSHIMA激辛党
(あるいは辛メーター普及委員会鹿児島お勝手支部)

からのお知らせでした!


そんな激辛ファイターからのお知らせはさておき。




人はナゼ
気温が下がってくると
味噌ラーメンを欲するのであろうか?
(;・`д・´)


決めつけww



12月に入ってもいつまでもポカポカと
のほほんとした日々が続いていた
ここ鹿児島地方であるが
今日からビシッと寒くなり
明日以降どんどん
気温が下がるという。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



ということでやってまいりました。

実はちょっと好みの
味噌ラーメン

月曜ならば100円引きでいただける

木馬ラーメン

DSC_7867



DSC_7866


駐車場は店の前に2台分
少し離れた場所にも
2台分ほど?


奥まった住宅街の真ん中なので
知っていないと
通りがかるということもなかろう。


さて、入店すると
カウンターのど真ん中に空き席が。
ソーシャルディスタンス
を保って着席。

木馬ラーメン - Spherical Image - RICOH THETA



100円引きの威を借りて

 大盛みそラーメン 

をチョイス!

DSC_7864

DSC_7865


といっても、ベーシックメニューの
ラーメン 600円
とか、最近のラーメン屋の中では
相当にリーズナブルである。


お茶を持ってきてくれるのが
寒い時期には
ありがたい。

DSC_7860


卓上のダイコンの漬物
乳酸発酵で酸っぱく、ウマい。
( ̄¬ ̄*)


DSC_7861


卓上のメニューよりも
カウンター上のメニューのほうが
充実している。


「ラーメン」に「やきめし(小)」
というチョイスもありだな。


などと思っていると、来ました!


DSC_7862


この赤味噌主体と思われる
赤茶けた味噌スープ。


では、いただきましょう。

スープをひとくち。

DSC_7863


パッツリとした茹で上がりの
中太ストレート麺。

鹿児島では最もポピュラーな
フクヤマ製麺所の麺
少々伸びるのが早いが
茹で上がりの状態はウマい。


ちょっぴり酸味のある赤味噌スープは
ほんのりとした甘みをまとって
得も言われぬ味わい。


過去の情報を総合すると
どうやらこの店の味噌味は
天文館の

三養軒

の系譜を汲んでいるようである。


たしかに、大昔に食した三養軒の味は
このような味であったように思う。

・・・・自信ないけど。
Σ(´∀`;)


大盛りではあるが
するするっといただきました。


ごちそうさまです。



あれ?食後の写真がないな。

保存されていなかったか・・・・(´д`)



ということで、現在は味が落ちたと評判の
三養軒
オリジナルに近いかもしれないこちらの味噌。


オススメいたします。